FC2ブログ
topimage

2018-08

日中の古民家で窓を開けるとどうなるか? - 2018.08.05 Sun

我が家の場合、真夏は日中は窓を閉め切っています。
夕方~翌朝は窓を開ける。
暑ければ全開。
でも、真夏でも夜が涼しいと風邪を引いてしまうので、窓を半開にしたり、あるいは寝る前に窓を閉めたり。
そういう調整もします。
で、翌朝は窓を開けて朝の空気を取り込み、外気温が上がる8時前には窓を閉めます。
日中~夕方は窓を閉めて生活します。

という生活スタイルは、土壁という蓄熱壁に囲まれているから。
日中は壁が夜間の冷気を蓄えていて、窓を閉めていたほうが涼しいんです。
で、土壁が温まって、室温が上昇してくる夕方から窓を開けて、涼しい外気を取り入れます。
蓄熱壁の場合、温度変化がかなりの時間差でやってくるのです。
このような生活スタイルで、一番室温が高いのは夕方4~5時くらいです。

それにしても、連日暑かったですね。
流石の古民家も暑く、今年は室温30℃になる日さえありました。
去年まではまず無かった現象であります。

昨日までの記事でお伝えした移住セミナーの当日も暑かったです。
室温30℃の中でやっておりました。
参加者さんの中には「何でこんなに暑いのに、窓を開けないんだろう?」って思う方もいたのではないかと思います。
そりゃそうですよね。
冷房時は別として、「暑ければ窓を開ける」というのが普通ですから。

実は僕の中にも「窓を開けた方がいいのかも・・・?」というくらいの疑いはあるのです。
ただ、試す機会も無くて。

というわけで、移住セミナーの2日目になった7月22日。
この日に日中の窓を全開で実験してみる事にしました。
僕は午前中一杯は移住セミナーで不在だし、嫁さんたちも噴水とかに遊びに行くということでしたから。
実験できそうです。
渋る嫁さんを説得して、窓全開(笑)

で、結果は・・・?

P7226993_R.jpg
P7226994_R.jpg
あちゃー。
やっぱり。
我が家の最高記録である31.0℃の記録を樹立。
そりゃそうですよね。
「暑い外気温」+「熱を帯びてきた蓄熱壁」なわけですから。

うん。
やっぱり日中は窓を閉めるほうが正解だったようです。
この日は確かに暑い日でしたが、連日の猛暑の中では格別に暑かったわけではありません。

それと、蓄熱壁がいつもよりたくさん熱を帯びたのか、夜になってもなかなか室温が下がらなかったです。

実験によって自分の考えていた理屈が正しい事が分かりました。

古民家の涼しさは色々な要素がありますが我が家の場合は、
①土壁に囲まれている
②屋根が高く、小屋裏が凄く広い
③緑に囲まれている
の3つです。

お陰でエアコン無しで快適な生活が遅れています。
パッシブなので、万能ではありませんがね(笑)



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://zenhankai.blog.fc2.com/tb.php/2086-c21103de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

土壁の酸化・ハチ退治(2018年7月22日) «  | BLOG TOP |  » 空き家物件巡り総論・伊那谷の特徴について

プロフィール

野人

Author:野人
こんにちは。
野人っていいます。
前職はラーメン屋台を経営していました。

伊那谷にて2012年暮れに築150年の古民家を購入し、3年4ヶ月かけて最低限の面積を再生して、2016年3月末に移住しました。
全ての再生は10年計画なので、まだまだ続きます。

もちろんプロの方々にもお世話になりますが、お金があまり無いので、なるべく低予算と自力での再生を頑張っています。

ブログの記事数は膨大なので、手っ取り早く内容を知りたいという方はこちらのスライドショーをご覧ください。
ブログの内容を25分に凝縮しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZpFnv9gLmJM

自分が古民家再生をする上で、他の人のブログを参考にしたり、あるいはHPから知識を得たり、ネット社会には本当にお世話になっています。
なので、自分自身も再生の過程を発信することで、少しでもネット社会から与えてもらったものに対して恩返しできればと思っています。

皆様からいただけるコメントに励まされ、またブログを通じて広がってゆく人の輪がとても楽しみです。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にお使いください♪

ご用件のある方は
zenhankai@yahoo.co.jp
あるいは
090-1707-2071
までどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
5位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カウンター2(仮?)

カウンター3(仮?)

現在の閲覧者数:

カテゴリ

なぜ古民家なのか? (23)
購入前の話 (60)
古民家探し (20)
参考にしたもの (25)
購入前の検証 (9)
売買交渉 (6)
古民家再生の方法論 (46)
屋根について (13)
基礎・土台について (9)
再生工程 (1149)
ゴミ片付け (61)
庭・敷地・開拓 (61)
住宅設備 (17)
薪ストーブ (68)
解体 (84)
電気工事 (32)
躯体の補強 (78)
土壁の下地 (112)
蔵 (14)
木材 (12)
建具 (82)
屋根 (72)
壁塗り (105)
その他の工程 (83)
床 (121)
配管 (4)
天井 (109)
土壁以外の壁 (22)
漆塗り (12)
再生計画の全体像 (96)
予算・資金 (29)
おさらい (27)
設計 (8)
WEB内覧会 (6)
ビフォーアフター (10)
派生した話 (87)
旧宅(借家) (10)
道具の話 (31)
スズメバチ駆除 (7)
ブログ運営 (13)
ボクサー骨折 (9)
取材 (17)
古民家暮らし (243)
移住 (5)
家庭菜園 (160)
薪作り (54)
家族の話 (107)
食生活 (45)
個人的なこと (50)
ラーメン (11)
全半会 (34)
住宅考・生活考 (37)
その他 (65)
未分類 (3)
生活の道具 (6)
井戸小屋の再生 (23)
キノコ栽培 (2)
温水システム (0)
給湯システム (37)
薪小屋作り (37)
小説 (1)
講師 (18)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR