FC2ブログ
topimage

2018-10

【移住】名古屋セミナーにいってきました(2018年6月30日) - 2018.07.08 Sun

6月30日は名古屋市まで移住セミナーに行ってまいりました。

うーん。
愛知県出身とはいえ、実家の蒲郡市からみて名古屋市ははるか遠く。
国も違えば言葉も文化も食べ物も違う、異国の地であります。

仕事の引率で行く機会はあるけれども、名古屋の街をちゃんと歩くのは・・・。
大学受験のとき以来かもしれない・・・。

P6306553_R.jpg
これが今回の会場となる、中日ビルでございます。
で、でかい・・・。

P6306554_R.jpg
1階にはちゃんとこのように案内が書いてありました。
それにしても何のビルだろう・・・。
催し物があったり、飲食店が入っていたり、上の階は事務所フロアだったり・・・。
多目的ビル??

P6306555_R.jpg
7階の突き当たりにセミナー会場がありました。

P6306556_R.jpg
7階そのものは事務所用のフロアなので、ひっそりしています。
なるほど。
会場ではマイクを使えないとあったけれども、こういうことか・・・。

P6306557_R.jpg
こちらが会場であります。
ぐるりと囲むように、今回参加した10の市町村のブースが並んでおります。

参加者が42名に、プラスして運営の長野県の職員さん、そして市町村ブースの担当者さん。
所狭しと80名くらいの人数が動き回っています。
こんな大人数の中で話すなんて、緊張するなあ(笑)

P6306559_R.jpg
で、始まります。
まずは長野県の担当者さんから、長野県の説明。
そして、長野県の不動産の説明。

そして僕の出番です。
持ち時間は20分間。
市町村さんの持ち時間は5分なので、僕が一番長く喋らせてもらいました。

「長野県で暮らすということ」という演題で。
詳しい内容は控えますが、キーワードは「土」。
田舎にあって都会にないもの。
都会の、特にアパートやマンション暮らしで、陰陽五行の中で欠けている唯一のもの。

P6306560_R.jpg
あっという間に僕の話は終わりまして、市町村さんのプレゼンが始まります。
市町村さんの担当者のレベルが高いです。
普通の公務員ではない人も多く、地域おこし協力隊やら、自身も移住者やら。
先輩移住者として話した僕もたじたじの方々でした(汗)

P6306561_R.jpg
その後は1時間半ほどの個別相談会。

僕は長野県のブースにいたのですが、ボッチ感満載でした。
だって、10物市町村がひしめきあっている個別相談会ですよ。
こんな古民家再生しか能がない野人とかいう奴なんかと話してないで、市町村担当者と話したほうが100倍有意義です。

と思っていたら、割と僕に話しかけてくれた方が多くて、ボッチになる事は回避できました。
話しかけてくれた心優しい皆さん、ありがとうございました。

定刻の4時半になり、終了となりました。

P6306562_R.jpg
さて、帰りのバスまで1時間ちょっとあるから、少しぶらぶらしよう。
お昼ごはんは軽く食べただけだから、ちょっと食べるものを探しながら。

このオアシス21というところの下にバスターミナルがあります。
オアシス21ってなんだろう・・・?

P6306563_R.jpg
人が集まっているもんで、なんだろうと思ったら、ストリートバスケットボールの大会が行われていました。
ストリートバスケットボールって初めて見ました。
へー。
ゴールが一個なんですね。
ルールがしっかりしていて、大会まで開かれているなんて、僕はちーっとも知りませんでした(笑)

P6306565_R.jpg
上を見上げると、なんか水槽みたいに水が溜まっています。
これが屋根??

上に水槽が合って、それが屋根になって、その下にイベント会場みたいなのがあって、それを取り囲むようにお店が並んでいて。
というのがオアシス21という場所のようです(汗)
わけが分からんとです。

で、軽く食べて、バスターミナルでバスを待っていたら、知った顔が・・・。
3月に卒業したばかりの教え子に会いました(笑)
向こうも驚いていたけれども、こっちもびっくりしましたよ。
そこでしばし立ち話。

いやー。
びっくりしたなー。
都会って怖いなー。

ってんで、バスに乗り、大体の事は分かっている我が家に帰りました。
我が家では可愛い野菜たちが僕の帰りを待っていてくれました。

と・こ・ろ・で!!
今月21・22日に我が家で開催されます移住セミナーですが、まだ申し込み枠に空きがあるようです。
明後日10日までが申し込み締め切りとなっております。
まだ間に合いますので、興味のある方はぜひともお申し込みください。

我が家を見学して。
我が家の壁塗り体験をして。
夜はバーベキューをして。
泊まって。
翌日は3件の古民家物件を回って。
というプランです。

http://www.inacity.jp/iju/eventinfo/ijuseminar-13.html

イーナ・ムービーズ~なつかしい未来~-001_R

イーナ・ムービーズ~なつかしい未来~-002_R




ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://zenhankai.blog.fc2.com/tb.php/2063-6d0b194e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この時期は2週間に一度はまとまった菜園作業が必要です(2018年7月1日) «  | BLOG TOP |  » 南面外壁の小壁中塗り仕上げ・その1(2018年6月26日)

プロフィール

野人

Author:野人
こんにちは。
野人っていいます。
前職はラーメン屋台を経営していました。

伊那谷にて2012年暮れに築150年の古民家を購入し、3年4ヶ月かけて最低限の面積を再生して、2016年3月末に移住しました。
全ての再生は10年計画なので、まだまだ続きます。

もちろんプロの方々にもお世話になりますが、お金があまり無いので、なるべく低予算と自力での再生を頑張っています。

ブログの記事数は膨大なので、手っ取り早く内容を知りたいという方はこちらのスライドショーをご覧ください。
ブログの内容を25分に凝縮しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZpFnv9gLmJM

自分が古民家再生をする上で、他の人のブログを参考にしたり、あるいはHPから知識を得たり、ネット社会には本当にお世話になっています。
なので、自分自身も再生の過程を発信することで、少しでもネット社会から与えてもらったものに対して恩返しできればと思っています。

皆様からいただけるコメントに励まされ、またブログを通じて広がってゆく人の輪がとても楽しみです。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にお使いください♪

ご用件のある方は
zenhankai@yahoo.co.jp
あるいは
090-1707-2071
までどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
5位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カウンター2(仮?)

カウンター3(仮?)

現在の閲覧者数:

カテゴリ

なぜ古民家なのか? (23)
購入前の話 (60)
古民家探し (20)
参考にしたもの (25)
購入前の検証 (9)
売買交渉 (6)
古民家再生の方法論 (46)
屋根について (13)
基礎・土台について (9)
再生工程 (1179)
ゴミ片付け (61)
庭・敷地・開拓 (61)
住宅設備 (17)
薪ストーブ (69)
解体 (84)
電気工事 (32)
躯体の補強 (78)
土壁の下地 (112)
蔵 (14)
木材 (12)
建具 (88)
屋根 (72)
壁塗り (114)
その他の工程 (90)
床 (125)
配管 (4)
天井 (109)
土壁以外の壁 (22)
漆塗り (15)
再生計画の全体像 (100)
予算・資金 (29)
おさらい (27)
設計 (8)
WEB内覧会 (7)
ビフォーアフター (13)
派生した話 (88)
旧宅(借家) (10)
道具の話 (31)
スズメバチ駆除 (7)
ブログ運営 (14)
ボクサー骨折 (9)
取材 (17)
古民家暮らし (258)
移住 (5)
家庭菜園 (175)
薪作り (54)
家族の話 (110)
食生活 (47)
個人的なこと (56)
ラーメン (11)
全半会 (35)
住宅考・生活考 (37)
その他 (65)
未分類 (3)
生活の道具 (8)
井戸小屋の再生 (23)
キノコ栽培 (2)
温水システム (0)
給湯システム (38)
薪小屋作り (37)
小説 (1)
講師 (19)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR