FC2ブログ
topimage

2018-10

ニンニクの収穫(2018年6月13・14日) - 2018.06.20 Wed

6月13日はニンニクの収穫をしました。
もう少し後でも良かったのだけれども、ニンニクの収穫には3日間くらい続けての晴天が必要で、梅雨の時期にその条件となると、次はいつチャンスがあるか分かりませんから。
今回のチャンスで収穫する事にしました。

P6136257_R.jpg
これが収穫直前のニンニク畝です。
去年と違って春に病気にかかって処分した株は一つもありません。
しかし、小さい株がたくさん目立ちます。
もしかしたら去年は処分したのが程よい間引きになったのかもしれません。

P6136258_R.jpg
チビ達と一緒に抜きますが、何せ大部分が土から飛び出している玉ねぎと違って、ニンニクは土の中。
子どもの力ではなかなか抜けません。
二人がかりで「大きなカブ」状態で抜けます。

P6136259_R.jpg
抜けて、勢い余って転ぶ二人。
次女が負傷しました(笑)

P6136262_R.jpg
小さいものを中心に抜いてもらいます。

P6136263_R.jpg
抜けたものを見ると。
うーん。
これは少し早めの収穫になってしまいました。

P6136264_R.jpg
これは収穫適期。
底面が平らになっています。

P6136266_R.jpg
半分まで抜けました。

P6136267_R.jpg
適期より少し早いものがあったため、残りはまた今度にしようか迷います。

P6136268_R.jpg
でも、結局抜いてしまいました。
若い株はそんなに多いわけでも無いので、誤差の範疇です。

P6146283_R.jpg
翌日も晴れだったので、丸一日畑で乾かしました。

P6146285_R.jpg
で、回収。
根を切り落として、泥のついた皮を剥くのですが、なかなか剥けません。
思うように進まずに、家に持ち帰りました。

P6146286_R.jpg
夕食後に土間で剥くことにします。
こういうときに土間って本当に便利です。

P6146287_R.jpg
全て剥けました。

あ、これは来年の自分への申し送りであり、これからニンニクを収穫する人へのアドバイスでもあるのですが、ニンニクの皮は収穫したその日に剥いてしまうほうが良いです。
丸一日天日で乾かしてしまうと、外側の泥付きの皮が思うように剥けません。
本当は一皮だけ剥くところを、思うように剥けず、3皮くらい剥いてしまうことになります。
多分、ニンニクの長期保存のためには外側の皮はなるべく残したほうが良いのでしょうね。
来年は気をつけます。

P6146288_R.jpg
ともあれ、このようにニンニクが収穫できました。

数は多いけれどもやっぱり小粒が多いです。
次回の種ニンニクにできそうなLLサイズは9~10玉くらい。
食用に問題なく使えそうなのが20玉くらい。
後はピンポン玉~ビー玉サイズに近いくらいの小さいものが20玉くらい。
合計で50玉ちょっと採れました。

去年の実績と比べてみましょう。

ニンニクを収穫(2017年6月19日) - 2017.06.29 Thu
去年は42玉を植えて、25玉の収穫。
結構良いサイズが揃っていました。

対して今年は55玉植えて、50玉くらいの収穫。
でもLLが10玉に、L~Mが20玉に、S~SSSが20玉。
うーん。
微妙。

改善点すれば、コメント欄でご指摘いただいたように、過密を避けて4穴マルチを使う事と、後は10月7日の植え付けというのは遅すぎたかもしれません。
ネット上にあった論文を参考にしたのですが、去年は秋の冷え込みが早かったせいか、満足に成長できないまま冬を迎えてしまいました。
もう少し早く、10月1日くらいが良かったかもしれません。

一昨年(前々回)は9月25日でした。
ちなみに、前々回のニンニクが病気にかかったのは逆に、植え付けが早すぎてニンニクが凍害に遭い、そこから病原菌が入ったのではないかと疑っています。

早すぎれば、成長しすぎによる凍害と病気が発生。
遅すぎれば生育が間に合わずに、小粒が目立つ。
うーん。
どれも憶測ではありますが・・・。
やっぱり次回は間を取って10月1日ですね。

こうやって失敗と試行錯誤と推理を積み重ねて、レベルアップしていきます。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ




関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://zenhankai.blog.fc2.com/tb.php/2044-e860f33d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

久々に中塗りをする・まずは慣らし運転(2018年6月16日) «  | BLOG TOP |  » ナタ豆がやっと発芽(2018年6月11日)

プロフィール

野人

Author:野人
こんにちは。
野人っていいます。
前職はラーメン屋台を経営していました。

伊那谷にて2012年暮れに築150年の古民家を購入し、3年4ヶ月かけて最低限の面積を再生して、2016年3月末に移住しました。
全ての再生は10年計画なので、まだまだ続きます。

もちろんプロの方々にもお世話になりますが、お金があまり無いので、なるべく低予算と自力での再生を頑張っています。

ブログの記事数は膨大なので、手っ取り早く内容を知りたいという方はこちらのスライドショーをご覧ください。
ブログの内容を25分に凝縮しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZpFnv9gLmJM

自分が古民家再生をする上で、他の人のブログを参考にしたり、あるいはHPから知識を得たり、ネット社会には本当にお世話になっています。
なので、自分自身も再生の過程を発信することで、少しでもネット社会から与えてもらったものに対して恩返しできればと思っています。

皆様からいただけるコメントに励まされ、またブログを通じて広がってゆく人の輪がとても楽しみです。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にお使いください♪

ご用件のある方は
zenhankai@yahoo.co.jp
あるいは
090-1707-2071
までどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
5位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カウンター2(仮?)

カウンター3(仮?)

現在の閲覧者数:

カテゴリ

なぜ古民家なのか? (23)
購入前の話 (60)
古民家探し (20)
参考にしたもの (25)
購入前の検証 (9)
売買交渉 (6)
古民家再生の方法論 (46)
屋根について (13)
基礎・土台について (9)
再生工程 (1179)
ゴミ片付け (61)
庭・敷地・開拓 (61)
住宅設備 (17)
薪ストーブ (69)
解体 (84)
電気工事 (32)
躯体の補強 (78)
土壁の下地 (112)
蔵 (14)
木材 (12)
建具 (88)
屋根 (72)
壁塗り (114)
その他の工程 (90)
床 (125)
配管 (4)
天井 (109)
土壁以外の壁 (22)
漆塗り (15)
再生計画の全体像 (100)
予算・資金 (29)
おさらい (27)
設計 (8)
WEB内覧会 (7)
ビフォーアフター (13)
派生した話 (88)
旧宅(借家) (10)
道具の話 (31)
スズメバチ駆除 (7)
ブログ運営 (14)
ボクサー骨折 (9)
取材 (17)
古民家暮らし (258)
移住 (5)
家庭菜園 (175)
薪作り (54)
家族の話 (110)
食生活 (47)
個人的なこと (56)
ラーメン (11)
全半会 (35)
住宅考・生活考 (37)
その他 (65)
未分類 (3)
生活の道具 (8)
井戸小屋の再生 (23)
キノコ栽培 (2)
温水システム (0)
給湯システム (38)
薪小屋作り (37)
小説 (1)
講師 (19)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR