FC2ブログ
topimage

2018-08

最後の荒壁塗り・前編(2018年6月2日) - 2018.06.08 Fri

昨日の記事の続きです。
既に午後6時を過ぎていて、いつもならそろそろ上がるかな・・・、と言ったところです。
まあ、なんだかんだで、日の長いこの時期は7時くらいまでは作業してしまいますけれどね。

ということで、この日もまだ作業する事にしました。
荒壁塗りです。

少し無理してでもこの日のうちに表塗りをして、一晩乾かせば、翌朝には裏返し塗りができます。
1日で荒壁を両面とも塗り終えられるわけです。
そのために残業する事にしました。

ちなみに翌週末には中塗り土を買いに行く予定で、左官作業が始まります。
なので、それまでに荒壁だけは完了させておきたいのです。

P6026065_R.jpg
ちなみに荒壁の材料はこちら。
予備材として土嚢に保管してあります。

P6026066_R.jpg
2袋をプールまで運びます。
あちゃー。
酷い草です。

P6026067_R.jpg
雑草を踏み倒して、プールに到着。

P6026068_R.jpg
そして、ぶちまけます。

P6026070_R.jpg
そして水を加えながら練るわけですが、これが簡単には混ざらないもので。

P6026071_R.jpg
根気良く水を加えて、練って、踏んで、泥にしていきました。

P6026072_R.jpg
一輪車にこれくらい作れました。

P6026073_R.jpg
塗るべきはこちらの小壁。
3月くらいに木小舞を掻いたところです。

P6026074_R.jpg
室内側から。
ここの小壁を塗ったら、母屋の荒壁は完了となります。

P6026075_R.jpg
泥を取りまして。
やっぱり練りが足りないのか、もう少し水と馴染ませるために時間を置く必要があったのか、すこしボソボソしている印象の泥です。
まあでも、強度がそれほど必要ではない小壁なので、これで良しとします。

P6026076_R.jpg

P6026077_R.jpg

P6026078_R.jpg

P6026081_R.jpg
表塗りをしていきます。

P6026079_R.jpg
反対側にはこんな感じで出てきました。

初めての木小舞だし、木小舞に使った材料も通常よりも若干太いものだったので心配したのですが、あまり問題なく荒壁を塗る事ができました。
でもやっぱり、竹小舞のほうが断然好きですけれどね。
木小舞は無骨で、竹小舞は巧緻で繊細な印象があります。

P6026080_R.jpg
続いて、裏撫でをしていきます。
表塗りで反対側に飛び出した泥を潰して、小舞に対して鉤状に引っ掛ける工程です。

P6026082_R.jpg
これでよし。

時刻は7時38分。
大急ぎで片付けて、シャワーを浴びて、夕方に収穫したばかりの玉ねぎでカルボナーラを作りました。
新玉ねぎは美味しい!!



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://zenhankai.blog.fc2.com/tb.php/2032-5a8be2c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最後の荒壁塗り・後編(2018年6月3日) «  | BLOG TOP |  » 袖壁を作ろうとしただけなのに・・・後編(2018年6月3日)

プロフィール

野人

Author:野人
こんにちは。
野人っていいます。
前職はラーメン屋台を経営していました。

伊那谷にて2012年暮れに築150年の古民家を購入し、3年4ヶ月かけて最低限の面積を再生して、2016年3月末に移住しました。
全ての再生は10年計画なので、まだまだ続きます。

もちろんプロの方々にもお世話になりますが、お金があまり無いので、なるべく低予算と自力での再生を頑張っています。

ブログの記事数は膨大なので、手っ取り早く内容を知りたいという方はこちらのスライドショーをご覧ください。
ブログの内容を25分に凝縮しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZpFnv9gLmJM

自分が古民家再生をする上で、他の人のブログを参考にしたり、あるいはHPから知識を得たり、ネット社会には本当にお世話になっています。
なので、自分自身も再生の過程を発信することで、少しでもネット社会から与えてもらったものに対して恩返しできればと思っています。

皆様からいただけるコメントに励まされ、またブログを通じて広がってゆく人の輪がとても楽しみです。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にお使いください♪

ご用件のある方は
zenhankai@yahoo.co.jp
あるいは
090-1707-2071
までどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
5位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カウンター2(仮?)

カウンター3(仮?)

現在の閲覧者数:

カテゴリ

なぜ古民家なのか? (23)
購入前の話 (60)
古民家探し (20)
参考にしたもの (25)
購入前の検証 (9)
売買交渉 (6)
古民家再生の方法論 (46)
屋根について (13)
基礎・土台について (9)
再生工程 (1149)
ゴミ片付け (61)
庭・敷地・開拓 (61)
住宅設備 (17)
薪ストーブ (68)
解体 (84)
電気工事 (32)
躯体の補強 (78)
土壁の下地 (112)
蔵 (14)
木材 (12)
建具 (82)
屋根 (72)
壁塗り (105)
その他の工程 (83)
床 (121)
配管 (4)
天井 (109)
土壁以外の壁 (22)
漆塗り (12)
再生計画の全体像 (96)
予算・資金 (29)
おさらい (27)
設計 (8)
WEB内覧会 (6)
ビフォーアフター (10)
派生した話 (87)
旧宅(借家) (10)
道具の話 (31)
スズメバチ駆除 (7)
ブログ運営 (13)
ボクサー骨折 (9)
取材 (17)
古民家暮らし (243)
移住 (5)
家庭菜園 (160)
薪作り (54)
家族の話 (107)
食生活 (45)
個人的なこと (50)
ラーメン (11)
全半会 (34)
住宅考・生活考 (37)
その他 (65)
未分類 (3)
生活の道具 (6)
井戸小屋の再生 (23)
キノコ栽培 (2)
温水システム (0)
給湯システム (37)
薪小屋作り (37)
小説 (1)
講師 (18)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR