FC2ブログ
topimage

2018-10

午の部屋・天井大引きを入れようとしたけれども、事情が変わった!(2018年5月3日) - 2018.05.09 Wed

5月3日の作業で、いよいよGW作業が始まります。
といっても基本的に一人ですけれどね・・・。

途中で侍とくーちゃんが来てくれるのでいろんな作業を挟み込むとして、GW4日間で午の部屋の天井まで終わらせる事が目標です。

P5035579_R.jpg
前回の作業は解体した天井板を片付けたところまででした。
ということで作業開始時の床はこの状態。
天井に乗っていた埃と茅の屑が堆積しています。

P5035580_R.jpg
一旦小屋裏に上がりまして、掃除。
特にこの、巳の部屋の天井は張ったばかりなのに埃だらけになっているので、ブロワーで掃除しました。
せっかく綺麗に張りなおした天井板の隙間に埃が残って、あとから室内に降ってきたら嫌ですからね。

P5035582_R.jpg
ブロワで埃を飛ばしたせいで、床はますます埃だらけに。

P5035583_R.jpg
一旦床を綺麗に掃き清めます。
さて、それでは天井を作っていきましょう。

古民家平面図0038
まず、作戦から。
この部屋は横2.5間、縦2間の10畳間です。
従来の竿縁は図面の緑線のように、2間スパンで9本入っていました。

古民家平面図0039
竿縁は細いので天井根太(54mm角程度)に替え、さらに2間のスパンは長すぎるので途中に天井大引き(紫線)を加えた形にするというのが今回の再生計画です。

P5035584_R.jpg
ということでちょっと前にやりました巳の部屋と同じように、新たに天井大引きを加える必要があります。
入れ方は前回と同様、雇いホゾです。

P5035585_R1.jpg
しかし問題が。
この午の部屋は巳の部屋よりも若干天井が高く、そのせいで廻り縁のすぐ上に梁が来てしまっています。
新たに入れる天井大引きは赤線のような形で、しかも上から入れられて、雇いホゾで支えられます。
このままだと上から天井大引きを入れることはできません。

P5035586_R.jpg
あれこれ考えた挙句、結局解決策はこれしか見付かりませんでした。
前回も廻り縁と小束との段差を埋める部材を入れましたが、今回はその段差を埋める部材をもっと厚くして、上の梁のラインまでふかせる必要があります。
こうすれば天井根太を上から入れることができます。
ちなみにこちらは吹かせる長さは80mmくらい。

P5035587_R.jpg
反対側は50mmくらい。

P5035588_R.jpg
反対側ほどではありませんが、やはり廻り縁よりも梁の方が飛び出てしまって、邪魔しています。

ということで飛び出している梁の位置に合わせて、天井大引きの両端に受けの部材を取り付ける事で対応できそうです。
面倒で、大変ではありますが。

っと、ここまで考えて、作戦会議したところで痛恨のミスが発覚。

P5035589_R.jpg
天井大引き用に用意した部材、微妙に長さが足りません。
4300mm程度必要なところが、部材の長さは4090mm。
惜しいところではありますが、致命的に足りません(涙)

ということで数日間かけて考えてきたプランがお釈迦となりました。

古民家平面図0040
プランを切り替え、縦方向に天井大引き、横方向に7本ずつの天井根太を作る事にします。
最初からこうしなかったのは、これだと既存の根太彫りを使えないから。
でも仕方ない。
天井大引きの長さの都合上、これ以外には作りようがないわけです。
ただ、天井大引きの上に梁が絡んでくる事は無いから、そのあたりの意味では随分と作りやすくなります。

数日間かけて考え、布団の中にまで持ち込んだプランは一瞬で吹き飛び、別プランでの施工が始まったわけです。

あはは。
よくあること(涙)



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://zenhankai.blog.fc2.com/tb.php/2002-230e4c75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

午の部屋・朽ちた廻り縁を取り替える(2018年5月3日) «  | BLOG TOP |  » 午の部屋の天井を解体(2018年4月30日)

プロフィール

野人

Author:野人
こんにちは。
野人っていいます。
前職はラーメン屋台を経営していました。

伊那谷にて2012年暮れに築150年の古民家を購入し、3年4ヶ月かけて最低限の面積を再生して、2016年3月末に移住しました。
全ての再生は10年計画なので、まだまだ続きます。

もちろんプロの方々にもお世話になりますが、お金があまり無いので、なるべく低予算と自力での再生を頑張っています。

ブログの記事数は膨大なので、手っ取り早く内容を知りたいという方はこちらのスライドショーをご覧ください。
ブログの内容を25分に凝縮しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZpFnv9gLmJM

自分が古民家再生をする上で、他の人のブログを参考にしたり、あるいはHPから知識を得たり、ネット社会には本当にお世話になっています。
なので、自分自身も再生の過程を発信することで、少しでもネット社会から与えてもらったものに対して恩返しできればと思っています。

皆様からいただけるコメントに励まされ、またブログを通じて広がってゆく人の輪がとても楽しみです。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にお使いください♪

ご用件のある方は
zenhankai@yahoo.co.jp
あるいは
090-1707-2071
までどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
5位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カウンター2(仮?)

カウンター3(仮?)

現在の閲覧者数:

カテゴリ

なぜ古民家なのか? (23)
購入前の話 (60)
古民家探し (20)
参考にしたもの (25)
購入前の検証 (9)
売買交渉 (6)
古民家再生の方法論 (46)
屋根について (13)
基礎・土台について (9)
再生工程 (1179)
ゴミ片付け (61)
庭・敷地・開拓 (61)
住宅設備 (17)
薪ストーブ (69)
解体 (84)
電気工事 (32)
躯体の補強 (78)
土壁の下地 (112)
蔵 (14)
木材 (12)
建具 (88)
屋根 (72)
壁塗り (114)
その他の工程 (90)
床 (125)
配管 (4)
天井 (109)
土壁以外の壁 (22)
漆塗り (15)
再生計画の全体像 (100)
予算・資金 (29)
おさらい (27)
設計 (8)
WEB内覧会 (7)
ビフォーアフター (13)
派生した話 (88)
旧宅(借家) (10)
道具の話 (31)
スズメバチ駆除 (7)
ブログ運営 (14)
ボクサー骨折 (9)
取材 (17)
古民家暮らし (258)
移住 (5)
家庭菜園 (175)
薪作り (54)
家族の話 (110)
食生活 (47)
個人的なこと (56)
ラーメン (11)
全半会 (35)
住宅考・生活考 (37)
その他 (65)
未分類 (3)
生活の道具 (8)
井戸小屋の再生 (23)
キノコ栽培 (2)
温水システム (0)
給湯システム (38)
薪小屋作り (37)
小説 (1)
講師 (19)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR