FC2ブログ
topimage

2018-10

サッシ枠が2箇所完成(2018年4月25日) - 2018.04.26 Thu

昨日の記事の続きです。

古民家平面図0037
荒天の中、何とかDの箇所にサッシ枠を取り付ける事ができました。
そして天候もなんとか回復。
残りのABCも取り掛かる事にします。

ちなみにこの時点で午後2時半。
これまでのペースは一箇所につき3時間くらいの配分。

あと4時間で3箇所もできるのでしょうか・・・?

P4155281_R.jpg
では、並んでいるABの箇所から。

P4155282_R1.jpg
昨日の記事でも出した写真ですが、今回は解説を加えます。
赤線で引いた部分が突出していて邪魔しています。

P4155283_R1.jpg
敷居側も同じく。
鴨居も敷居も雨戸用のものが外側に取り付いていて、邪魔しているわけです。
しかしこの雨戸の敷居鴨居は取り外す事ができず、あれこれ試してみた結果、結局は突出しているラインに合わせて全てを作る必要があることがわかりました。

ちなみに突出しているラインにあわせるために埋める寸法は54mm×54mmないし54mm×60mm。
ちょうどですね、ピッタリの材料があるのですよ。
天井根太用にね。
有賀製材さんにプレーナーで仕上げていただいてね・・・。

しかしなあ、ピッタリとはいえ、天井根太用に確保してある材料をこんなところで使って良いのかしらん・・・。
いや、本当は使いたくないですよ。
サッシ枠は半分以上は下地材で、見えなくなる、あるいは見えにくくなる箇所ですから。
プレーナー仕上げである必要性はありません。

それに、天井根太材はごく1~2本くらいしか余分がなく、今使ってしまうとあとで足りなくなるような気がします。

いや、でも、考えていても、躊躇していても進まないので、使ってしまう事にしましたよ。
足りなくなったらそのときに考えます。
現場が停滞するほうがもったいないです。

P4155296_R.jpg
ちなみに上下の段差を埋める材は、このように2間の長いスパンで丸ごと入れることにしました。
手元の材を躊躇なく使う事にしたからこそ、こういう大胆な使い方が出来ます。

P4155297_R.jpg
で、入れるんですが、既存の鴨居に対して柱がごく僅かに、3ミリくらい突出しているので、その部分を切り欠く必要があります。

P4155299_R.jpg
こんな風にですね。

P4155300_R.jpg
反対側も。

P4155301_R.jpg

P4155302_R.jpg
そして真ん中も。

P4155303_R.jpg
上下の枠が入りましたので、続いて左右の枠を。
上下の枠は80mmの幅が必要でしたが、左右の枠は35mmも幅があれば十分です。
今回は45mm厚の材を挽き割って作る事にしました。

P4155304_R.jpg
これで幅は十分な45mm、厚さは54mmという枠材ができました。

P4155305_R.jpg
それを入れていきます。
まずは右側のAの箇所。

P4155306_R.jpg
そして左側のBの箇所。

今回の記事の2箇所で費やした時間は3時間半。
時間は午後6時です。
随分とスピードアップしました。

そして躊躇せずに材料を使うというのも大切ですよね。
どうしても「後で足りなくなったらどうしよう・・・」と、躊躇してしまいがちなのですが。

古民家再生を始めてからの僕の人生訓。
「困る事は 困ってから 困ろう」

困る前から、「あとで困ったらどうしよう・・・」といって困るのは、人生の困り事を増やすだけです。
困る前から困ってどうする?

『ぼのぼの』の1巻でアライグマ君が教えてくれました。
(小学生のときに・・・)



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://zenhankai.blog.fc2.com/tb.php/1989-ad52f89b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サッシ枠の最後の1箇所が終了・雨の日の作業は・・・(2018年4月15日) «  | BLOG TOP |  » サッシ枠2箇所目・嵐の中の作業はダメ

プロフィール

野人

Author:野人
こんにちは。
野人っていいます。
前職はラーメン屋台を経営していました。

伊那谷にて2012年暮れに築150年の古民家を購入し、3年4ヶ月かけて最低限の面積を再生して、2016年3月末に移住しました。
全ての再生は10年計画なので、まだまだ続きます。

もちろんプロの方々にもお世話になりますが、お金があまり無いので、なるべく低予算と自力での再生を頑張っています。

ブログの記事数は膨大なので、手っ取り早く内容を知りたいという方はこちらのスライドショーをご覧ください。
ブログの内容を25分に凝縮しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZpFnv9gLmJM

自分が古民家再生をする上で、他の人のブログを参考にしたり、あるいはHPから知識を得たり、ネット社会には本当にお世話になっています。
なので、自分自身も再生の過程を発信することで、少しでもネット社会から与えてもらったものに対して恩返しできればと思っています。

皆様からいただけるコメントに励まされ、またブログを通じて広がってゆく人の輪がとても楽しみです。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にお使いください♪

ご用件のある方は
zenhankai@yahoo.co.jp
あるいは
090-1707-2071
までどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
5位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カウンター2(仮?)

カウンター3(仮?)

現在の閲覧者数:

カテゴリ

なぜ古民家なのか? (23)
購入前の話 (60)
古民家探し (20)
参考にしたもの (25)
購入前の検証 (9)
売買交渉 (6)
古民家再生の方法論 (46)
屋根について (13)
基礎・土台について (9)
再生工程 (1179)
ゴミ片付け (61)
庭・敷地・開拓 (61)
住宅設備 (17)
薪ストーブ (69)
解体 (84)
電気工事 (32)
躯体の補強 (78)
土壁の下地 (112)
蔵 (14)
木材 (12)
建具 (88)
屋根 (72)
壁塗り (114)
その他の工程 (90)
床 (125)
配管 (4)
天井 (109)
土壁以外の壁 (22)
漆塗り (15)
再生計画の全体像 (100)
予算・資金 (29)
おさらい (27)
設計 (8)
WEB内覧会 (7)
ビフォーアフター (13)
派生した話 (88)
旧宅(借家) (10)
道具の話 (31)
スズメバチ駆除 (7)
ブログ運営 (14)
ボクサー骨折 (9)
取材 (17)
古民家暮らし (258)
移住 (5)
家庭菜園 (175)
薪作り (54)
家族の話 (110)
食生活 (47)
個人的なこと (56)
ラーメン (11)
全半会 (35)
住宅考・生活考 (37)
その他 (65)
未分類 (3)
生活の道具 (8)
井戸小屋の再生 (23)
キノコ栽培 (2)
温水システム (0)
給湯システム (38)
薪小屋作り (37)
小説 (1)
講師 (19)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR