topimage

2018-05

古民家に住んで丸2年が経ちました - 2018.03.26 Mon

タイトルのとおり、今日で古民家移住丸2年です。

・・・。
というテーマで一記事書こうと思ったのですが、書くほどのネタはあまりありません(笑)
全く問題なく、古民家生活ができています。

去年のこの日に書いたこととも重なりますが、改めて。

夏は涼しいです。(昼間で25℃くらい)
冬は暖かいです。(帰宅時最低で6℃、就寝前25℃くらい)

「古民家」「薪ストーブ」というだけで、いろんな人が遊びに来てくれます。

再生作業、薪作り、畑、お風呂焚きなど毎日することがたくさんあって、退屈しません。

160325-171316_R.jpg
P7281175_R.jpg
広い土間。

160325-161751_R.jpg
無骨な根太天井。

160229-180625_R.jpg
漆塗りのフローリング。

160325-171327_R.jpg
中塗り仕上げの土壁。
みんな素敵です。
2年も住めばもう当たり前の馴れきった日常なのですが、それでも時々家の中を惚れ惚れと眺めてしまいます。
自画自賛、自己満足なのですが、でも自己満足っていいものですよ。
自分が満足しているんですから。

これから古民家再生をされる皆さん、今古民家再生をしている皆さん。
DIYの施主施工でも、ちゃんと満足いく仕上がりにできます。
大丈夫です。

最後にチャップリンの名言になぞらえて。

140504-145111_R.jpg
「古民家再生に必要なものは若さと、ポジティブな精神と、いくらかのお金である」
野人

(一応補足)
古民家再生の必要条件に「若さ」を入れようかどうかは悩んで、入れずに作ったのですがしっくり来ず、やっぱり入れました。
迷いながら。
僕は29歳で古民家再生を始めました。
もっと高齢になってからやっていたらちゃんと成功できていたかというと、正直自信がありません。
若いと体力も気力もあるし。
「これから家族で住んでいく家をちゃんと作って成功させよう」という気力やプレッシャーもあるし。
お金はなくても、これからまだ何十年も働いて稼いでいく見通しはあるし。
いろんな意味でプラスです。
だから、僕や、中野さんのように、若い方にはどんどんと挑戦して欲しいところです。

若くない方は・・・。
それはもう僕の言うことなんか一意見と割り切って、冷静に分析してください。
先ほど若さのメリットは述べました。
なので「自分は若くはないけれども、○○はある」という風に、自分の持ち札を冷静に分析し、勝てる(成功する)道筋を見つけてください。
限られた持ち札を使って勝負するというのが、人生というポーカーゲームの大原則ですから。




ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

う~ん

漆塗りの床、いいですね。
中塗りの壁の色もいい。
本当に野人さんのポシティブシンキングにはいつも感心します。
手抜きをしないと結果に表れますね。

若さとポシティブな精神と、少しのお金ですか。

私、しばらく前に建具を捨てる件について、勿体ないとコメした者です、
野人さんが古民家再生をはじめられた歳の丁度2倍になります。

確かに体と相談しながらの作業が増えました。
ポシティブな精神はあっても、時々身体が言うことを聞かない。
お金は若い頃と比べても相変わらずないですね。
収入は増えても子供たちの学費やら何やら。。。
時間の余裕はそろそろできそうです。

ま、自分なりに楽しんで、ライフワークとして古民家と付き合っていくつもりです。
ブログ大いに参考にさせてもらっています。
感謝です。

Re: う~ん

>klanさん

こんにちは。
お久しぶりです。

心と体は繋がっているので、比べる事にあまり意味はないかもしれませんが、今のところ僕は「気力のほうが大切かな」なんて思ったりしています。
まだ若くて、体力が充実しているから、そう思っているだけかもしれないですけれどね。

最近もまた一つ壁にぶち当たっています。
そんなときは「ガンバロ!」って自分に語りかけます。
古民家再生は答えのないパズルのようです。
答えが無いなりに、自分なりの答えを日々作っていくしかありません。
パズルのようであり、修行のようでもあります。
くじけそうになったときはいつも自分を励まし、少しずつ前に進めていきます。

あの建具はまだ保管してありますが、悩み中です。
早く処分して、あの場所を空けたいところではあるのですが・・・。
箪笥階段のときのように、誰か引き取り手が現れると嬉しいのですけれどね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://zenhankai.blog.fc2.com/tb.php/1958-7dfdda41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな小壁に木小舞を入れる(2018年3月21日) «  | BLOG TOP |  » 5年ぶりにシュークリームを作った(2018年3月20日)

プロフィール

野人

Author:野人
こんにちは。
野人っていいます。
前職はラーメン屋台を経営していました。

伊那谷にて2012年暮れに築150年の古民家を購入し、3年4ヶ月かけて最低限の面積を再生して、2016年3月末に移住しました。
全ての再生は10年計画なので、まだまだ続きます。

もちろんプロの方々にもお世話になりますが、お金があまり無いので、なるべく低予算と自力での再生を頑張っています。

ブログの記事数は膨大なので、手っ取り早く内容を知りたいという方はこちらのスライドショーをご覧ください。
ブログの内容を25分に凝縮しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZpFnv9gLmJM

自分が古民家再生をする上で、他の人のブログを参考にしたり、あるいはHPから知識を得たり、ネット社会には本当にお世話になっています。
なので、自分自身も再生の過程を発信することで、少しでもネット社会から与えてもらったものに対して恩返しできればと思っています。

皆様からいただけるコメントに励まされ、またブログを通じて広がってゆく人の輪がとても楽しみです。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にお使いください♪

ご用件のある方は
zenhankai@yahoo.co.jp
あるいは
090-1707-2071
までどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
6位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カウンター2(仮?)

カウンター3(仮?)

現在の閲覧者数:

カテゴリ

なぜ古民家なのか? (23)
購入前の話 (58)
古民家探し (18)
参考にしたもの (25)
購入前の検証 (9)
売買交渉 (6)
古民家再生の方法論 (46)
屋根について (13)
基礎・土台について (9)
再生工程 (1123)
ゴミ片付け (61)
庭・敷地・開拓 (60)
住宅設備 (17)
薪ストーブ (68)
解体 (84)
電気工事 (32)
躯体の補強 (78)
土壁の下地 (110)
蔵 (14)
木材 (12)
建具 (82)
屋根 (72)
壁塗り (89)
その他の工程 (81)
床 (117)
配管 (4)
天井 (108)
土壁以外の壁 (22)
漆塗り (12)
再生計画の全体像 (96)
予算・資金 (29)
おさらい (27)
設計 (8)
WEB内覧会 (6)
ビフォーアフター (10)
派生した話 (86)
旧宅(借家) (10)
道具の話 (30)
スズメバチ駆除 (7)
ブログ運営 (13)
ボクサー骨折 (9)
取材 (17)
古民家暮らし (208)
移住 (5)
家庭菜園 (127)
薪作り (54)
家族の話 (103)
食生活 (42)
個人的なこと (46)
ラーメン (11)
全半会 (31)
住宅考・生活考 (37)
その他 (64)
未分類 (2)
生活の道具 (6)
井戸小屋の再生 (23)
キノコ栽培 (2)
温水システム (0)
給湯システム (36)
薪小屋作り (37)
小説 (1)
講師 (8)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR