fc2ブログ
topimage

2023-01

オーブンつき薪ストーブはいい!! - 2016.11.23 Wed

イエルカの薪ストーブの自慢を続けます。

PB221725_R.jpg
という貫通式のオーブンがついています。
サイズはフランスパンが2本同時に焼けるくらい。
測ってみると大体幅26センチの、長さが70センチ弱といったところです。
家庭用のオーブンとしては十分な大きさです。

PB221726_R.jpg
そして昨日もチラッと載せましたが、おまけでオーブン用の鉄板がついてきます。
これを使えばピザなども難なく焼けます。

イエルカの薪ストーブはもともとは自家製小麦粉のパンを焼くために作ったものらしく、そもそも「オーブンありき」の薪ストーブであるわけです。

ところで。
薪ストーブってオーブン料理を連想してしまいがちですが、実際にはいわゆる「クッキングストーブ」以外にはオーブンはついていません。

そういう場合にどうやってオーブン料理をやるかというと、火室に入れるしかありません。
焼き芋とかピザとかグラタンとか魚とか。
これをやるためには、炎が収まって熾き火になっていて、なおかつ熾き火の火力が程ほどに弱まっていなければなりません。
何せ、火室に食べ物を入れるわけですから。
火力が強ければ焦げるだけです。

この辺が難しく、そしてジレンマとなる部分です。
せっかく薪ストーブを炊いているのにオーブン料理をするためには薪の投入をやめて、落ち着いた熾き火を作らなければならない。
すなわち、オーブン料理をしている間はストーブはまともに燃やせない。
ストーブをまともに燃やしている間は、オーブン料理ができない。
というジレンマです。

そして具合のよい熾き火ができたとしても、やはり火室ですので火力のムラはもちろんあるし、灰も飛んでくる。
熾き火が爆ぜて炭が飛ぶこともある。
というなかなか大変な状況です。

というわけで、できないことはないでしょうが、現実的には「薪ストーブ≒オーブン料理」と結びつけるのは無理がある気がします。

あ。
いろいろ書いていますが、僕は火室での料理をしたことがありません。
以上は見聞と想像です。
悪しからず。


では、ということで、オーブンつきの薪ストーブを探すと・・・。

pecan_barossa_pct_d1.jpg
56万円。

domino8.jpg
73万円。

とまあこんな感じ。

なんかすごく高い。
角ばってて、いかにも「オーブン!!」という佇まい。
居間に置いて揺らめく炎を楽しむような感じではありません。



一方・・・。

PB221723_R.jpg
29万円。

僕は迷わずにこっちを選びました。

火室で料理をするわけではなく、オーブンつきなので、立ち上がってしまえばいつでもオーブンが使えます。
立ち上がってしまえば、むしろ天板の温度が100度近くに下がってしまっても、オーブン内は200度を保っていたりします。
これもやはりオーブンが耐熱煉瓦で覆われているからだと思います。

200度前後に保たれていて、いつでも使えるオーブンがあるなんて夢のようではありませんか。

PA291294_R.jpg
ネットで話題になっていたぎゅうぎゅう焼き。
適当な食材をぎゅうぎゅうに詰め込んで、オリーブオイルとマジックソルトだけで焼きます。
夕食のメイン料理になります。

PB031423_R.jpg
これは以前にも載せましたね。
お祓いで使った鯛の尾頭焼きと鮭のチャンチャン焼き。
この3品が同時に焼くことができました。

PB181666_R.jpg
タンドリーチキン。
焼いた後の画像は取り忘れ。

PB191669_R.jpg
生まれてはじめてのロールパン。
はじめてなので不細工ですが、焼きたての味は最高でした。

PB231731_R.jpg
今朝の朝食。
さすがにパンを捏ねて焼くのは面倒だったので、買ってきたパンをオーブンで焼き直しました。
長めのフランスパン一本と、ミニクロワッサン6個と、塩パン1個が鉄板にちょうど載りました。
フランスパンが丸ごと一本はいるオーブンは、家庭ではなかなか所有できません。

PB231732_R.jpg
5分ほどでどれもサクサクのフワフワになります。
フランスパンは口の中が痛いほどカリッカリ。
クロワッサンも絶品でした。

薪ストーブを使い始めてから今日で1ヶ月になりますが、写真にとっていないものでは、ぎゅうぎゅう焼きをもう一回と、グラタンを1回。
あとは、日常的に焼き芋や、冷凍のたい焼きを焼いたり、干し芋を焼いたり。

前述のように「200度のオーブンが常時スタンバイ」というのがポイントです。
市販のクロワッサンをオーブンで焼き直そうとか、20分くらいかかる予熱とその電気代を考えるとなかなかやらないものです。
常時スタンバイしてるからこそ、「あれも焼こうこれも焼こう」となるわけです。

今日は我が家のオーブン自慢でした☆


(余談)
本に載っているオーブン料理って、食材がトマトとかナスとかズッキーニとかパプリカとか・・・。
夏野菜ばっかじゃん・・・。
あと、チーズを使った料理が多い・・・。
カロリーと消化が・・・。

というわけで、目下は冬野菜で、低カロリーで、胃にやさしいオーブン料理を探し中です。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



関連記事
スポンサーサイト



● COMMENT ●

はじめまして♪
大阪の市民農園で家庭菜園やってるメアリーといいます(^-^)/

以前から、薪ストーブにはぼんやりとした憧れがあったのですが
「オーブン付き」の薪ストーブがあるなんて知りませんでした!
キャー(≧∇≦*) かっこいい!!!

ほしい、ほしいけど、無理…
なぜなら、うちはマンションだから(つд⊂)

すごく詳しくディテールを紹介してくださって
記事を読んでるだけでワクワクできました!
また、遊びにこさせてください!

Re: タイトルなし

>メアリーさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。
そして、お返事が遅れてしまってすみません。

メアリーさんのブログもいつも読ませていただいていますよ。
ブログ村の野菜カテゴリの新着記事はチェックしていますので。
マンション住まいだったのですね(汗)

マンションならば薪ストーブは諦めるしかないですね(>_<)

まあでも、うちみたいに古民家で暮らしている身からすると、上下左右の部屋と暖房効果を共有できるマンションはちょっと羨ましくもありますが。

また遊びに来てください。
僕も遊びに行かせていただきます☆


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://zenhankai.blog.fc2.com/tb.php/1466-37a9aab8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【薪ストーブ4】最大の欠点は乾燥 «  | BLOG TOP |  » 【薪ストーブ2】イエルカの薪ストーブは最高!!

プロフィール

野人

Author:野人
こんにちは。
野人っていいます。
前職はラーメン屋台を経営していました。

伊那谷にて2012年暮れに築150年の古民家を購入し、3年4ヶ月かけて最低限の面積を再生して、2016年3月末に移住しました。
全ての再生は10年計画なので、まだまだ続きます。

もちろんプロの方々にもお世話になりますが、お金があまり無いので、なるべく低予算と自力での再生を頑張っています。

ブログの記事数は膨大なので、手っ取り早く内容を知りたいという方はこちらのスライドショーをご覧ください。
ブログの内容を25分に凝縮しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZpFnv9gLmJM

自分が古民家再生をする上で、他の人のブログを参考にしたり、あるいはHPから知識を得たり、ネット社会には本当にお世話になっています。
なので、自分自身も再生の過程を発信することで、少しでもネット社会から与えてもらったものに対して恩返しできればと思っています。

皆様からいただけるコメントに励まされ、またブログを通じて広がってゆく人の輪がとても楽しみです。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にお使いください♪

ご用件のある方は
zenhankai@yahoo.co.jp
あるいは
090-1707-2071
までどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
2位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カウンター2(仮?)

カウンター3(仮?)

現在の閲覧者数:

カテゴリ

なぜ古民家なのか? (24)
購入前の話 (60)
古民家探し (20)
参考にしたもの (25)
購入前の検証 (9)
売買交渉 (6)
古民家再生の方法論 (47)
屋根について (13)
基礎・土台について (9)
再生工程 (1507)
ゴミ片付け (68)
庭・敷地・開拓 (241)
住宅設備 (17)
薪ストーブ (81)
解体 (84)
電気工事 (33)
躯体の補強 (78)
土壁の下地 (112)
蔵 (90)
木材 (14)
建具 (98)
屋根 (73)
壁塗り (143)
その他の工程 (100)
床 (125)
配管 (4)
天井 (109)
土壁以外の壁 (22)
漆塗り (15)
再生計画の全体像 (136)
予算・資金 (31)
おさらい (55)
設計 (8)
WEB内覧会 (8)
ビフォーアフター (15)
派生した話 (122)
旧宅(借家) (10)
道具の話 (43)
スズメバチ駆除 (9)
ブログ運営 (23)
ボクサー骨折 (9)
取材 (27)
古民家暮らし (530)
移住 (5)
家庭菜園 (378)
薪作り (100)
家族の話 (241)
食生活 (118)
個人的なこと (88)
ラーメン (15)
全半会 (41)
住宅考・生活考 (46)
その他 (103)
未分類 (15)
生活の道具 (20)
井戸小屋の再生 (23)
キノコ栽培 (4)
給湯システム (56)
薪小屋作り (39)
小説 (2)
講師 (28)
三和土 (15)
果樹栽培 (24)
ヤギと暮らす (91)
軒天 (64)
庭先養鶏 (172)
穀物の自給 (12)
物置小屋の再生 (35)
柵 (53)
日本女子大学 (21)
10年を振り返ると (12)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR