topimage

2018-06

薪作り・アリの大群・野菜の収穫(2017年7月15日) - 2017.07.20 Thu

昨日の記事の続きです。
畑仕事が終わって、刈り草の撤収も終わって、今度は薪作りです。

P7150931_R.jpg
この中に入っていくのか・・・。
廃材置き場へと続く道は、この2週間で随分と茂ってしまって、入りたくない感じです。
草にかぶれるんだろうな・・・。
蛇もいるかもしれないな・・・。

P7150932_R.jpg
蔵の廃材はまだまだあります。

P7150933_R.jpg
そして持ち上げると、大量のアリ。

P7150934_R.jpg

P7150935_R.jpg
これ全部が人間を指すアミメアリです。
凶暴です。
そして次の画像は閲覧注意。

P7150955_R.jpg
うげー!!
なんじゃこの卵の量は。

アミメアリというのはとんでもないアリで、なんと女王アリがいなくて、若い働きアリがどんどんと産卵するらしいのです。
なのでこのすさまじい卵の量。
すさまじい繁殖力!!

P7150961_R.jpg
それでも、アリまみれになりながらも、たくさん刺されながらも、何とか運んできましたよ。
この日の作業は運んできた廃材から金属類を取り外している途中で終わりました。

続いて、夕方の時間を利用して野菜の収穫をします。

P7150966_R.jpg
初めての栽培となったニンジン。
ニンジンというのは「発芽さえすれば後は簡単」という風にいわれるとおり、確かに簡単にできました。
我が家の石だらけの畑でも、またニンジンになりませんでしたよ。

P7150969_R.jpg
夏野菜は毎日ボウル一杯くらい取れます。
食べても食べてもなくならない。

P7150970_R.jpg
こちらは暑くなってから駄目もとで撒いたホウレンソウ。
ホウレンソウも、高温時には発芽しませんが、発芽さえすれば順調に育ってくれる作物です。
今回は梅雨時の低温のお陰で、何とか発芽してくれました。

白目は長男の最近のお気に入りです。

P7150974_R.jpg
ニンジンは新鮮なので、剥いてそのまま齧りました。

P7150977_R.jpg
あとはヤングコーン。
髭の部分をアルミホイルで包んで、そのままグリルで焼きます。
食べるときに醤油や味噌マヨネーズなんかをつけながら。

こうすると髭ごと食べられるのですが、髭というのは食べられるけれども、それほど積極的に食べるようなものではない気がします。

P7150978_R.jpg
デザートは、お隣さんの畑で栽培しているスイカ。
いつもご馳走様です。
という感じで、夏野菜の最盛期がやってきまして、野菜の自給率は95%くらいになっている今日この頃です。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



スポンサーサイト

薪棚の配置と規模について - 2017.06.06 Tue

薪小屋が完成しまして、使い始めまして、改めて感じたことや発見したことを書きます。

まず、我が家の薪小屋は38.4立米分。
ウッドボイラー燃料用区画などの予備を除いても28.8立米。
大きさは幅6.5mに奥行き4m。
高さは屋根勾配があるけれども、低いところで2m。

1区画は3列積み。
これは普通の薪棚の場合は2列積みが多いと思います。

28.8立米で、3シーズン強の薪が溜められる予定です。
同じ規模のものを2列積みの薪棚で作ろうとすると、幅4m×奥行き1m×高さ2mの薪棚が5つ必要になります。
幅4m×5ということで、総延長は20m!!
これでは不向きではないかというのが、我が家の薪小屋計画の出発点となりました。

薪小屋配置1
まず普通の住宅の場合。
たとえば伊那谷でよくありがちな100坪くらいの敷地の場合、このように敷地の境界付近に薪小屋を並べて設置すれば問題ありません。

薪小屋配置2
このようなL字型するのも、薪割りスペースと薪棚との配置の面からは有効でしょう。

薪小屋配置4
しかし、我が家のように敷地が700坪近くと、広すぎる場合にはそうも行きません。
直列にしようが、L字型にしようが、薪小屋の背面の土地がデッドスペースになってしまいます。

かといって、前記の配置のように境界付近に持ってくれば、今度は母屋から遠くなってしまって、取りに行くのがいちいち大変になってしまいます。

薪小屋配置3
そこで我が家の場合は、母屋の近くに薪棚ではなく、薪小屋を建てることにしました。

薪小屋配置5
しかしこれも薪小屋とは言っていますが、発想としては薪棚を並列に並べたものです。
並列に並べて、屋根を一つ一つ別個にかけるのではなく、まとめて一つの大きな切妻屋根にしました。
その結果が今回作った薪小屋です。

今回の記事ではあくまで敷地の広さと母屋という切り口で書きましたが実際には他の要素も加味されます。
それは、
・薪作りスペース
・原木などの搬入経路や積み下ろし場所
・薪ストーブへの動線
これらによって、薪棚か薪小屋かという選択肢も変わってきます。

物置などと違って、薪小屋にはほとんど既製品のようなものが見当たりません。
なので、各個人でそれぞれの事情にあった薪棚や薪小屋を設計して自作している場合が多いのではないかと思います。

我が家の場合は今のところ、母屋併設の薪小屋でよかったと思います。
デッドスペースもできなかったし、母屋との動線もいいし、原木経路や薪作りスペースとの絡みも良好です。

多分、薪棚や薪小屋には模範解答や、普遍的な正解はありません。
各人の正解を探す上で、僕の作った薪小屋も一つの参考にしていただければ幸いです。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



薪小屋にかかった費用 - 2017.06.03 Sat

昨日までの記事で薪小屋作りは完了しまして、今日はそれにかかった費用の計算です。

薪小屋費用
こちらがその一覧。

これから同じような薪小屋を作る方への参考にと思うのですが、我が家ならではの事情がいくつかあるので、それを説明しなければなりません。

とりあえず総額は127,586円でした。

ここに我が家ならではの減額要素と増額要素を説明していきます。

減額要素①単管は貰い物
以前の記事で説明しましたとおり、今回使った単管やらほとんどのクランプは貰い物です。
30万円分くらいを、3万3千円くらいの経費を使って、取りに行きました。
そして今回の薪小屋作りではそのうちの20万円分くらいを使いました。
通常はこの規模の薪小屋を作ると単管とクランプ代だけで20万円くらいかかると思ってください。

減額要素②野縁は番線結び
これも節約しました。
野縁の固定箇所は全部で248箇所。
僕はそのうち232箇所を番線結びで代用しました。
すべてを垂木止めクランプでやった場合、その費用だけで3万7千円くらい余分にかかります。

減額要素③側面はワイヤメッシュ
側面の、薪を抑える部分は通常は単管で作るようですが、そのために単管代が3万2千円。
さらにクランプ代が1万円くらいかかります。
僕の場合はワイヤメッシュで代用して、番線代を含めても5千円くらいで抑えました。
強度は問題ありません。

減額要素④独立基礎は型枠から
以前に作った太陽熱温水器の独立基礎はピンコロを使いましたが、高価なので今回は型枠を作って、コンクリートを練って作りました。
しかし今回の規模だとピンコロ代だけで1万円以上。
さらに1個10キロ以上あるピンコロを位置や高さを微調整しながら入れるのはとても大変です。
今回は費用と手間の意味で、型枠から作ることにしました。

減額要素⑤ポリカ8枚は戴き物
ポリカ波板のうち側面に使った8枚は杉浦さんからの戴き物です。
これも新品価格で1万くらいします。

というのが、減額要素であり、僕が費用を節約した部分です。
では、逆に増額要素。
僕が贅沢をした部分を説明します。
ケチな性分なので、あまり無いですけれどね(笑)

①屋根が切妻屋根
施工性や棟用の役物が不要という意味から、費用重視であれば片流れ屋根のほうが良いに決まっています。
しかし今回は、面積が大きすぎたので、見た目の問題もあって切妻屋根にしました。
おかげで棟用の役物が7千円くらい。
施工も大変でした(笑)

②側壁にポリカ波板を張った
薪小屋に側壁が必要かどうかは、微妙なところです。
多分不要。
というか、費用対効果的には不要と思われます。
四面に側壁を作らないと、どの道雨なんて吹き込んでくるし。
しかし、我が家の場合もそうですが、通常の薪小屋の場合は、妻方向には側壁を作れても、棟方向には側壁は作れません。
あと、雨がまったく入らないような側壁を作った場合には、逆に内部が蒸れてしまうという危険性もあります。

そもそもを言いますと、薪なんて多少濡れても大丈夫なんです。
側壁どころか、薪棚さえも作らずに、ただ庭に薪垣を作って積んであるだけの人もいます。
屋根すらかけずに。
それでも乾きます。
流石に燃やす段階で雨や雪で濡れているのはまずいので、そうやって雨ざらしで乾かした薪は、使用する前の2週間ほどを雨の当たらないところで置いておけば大丈夫なんて聞いたりもします。

そういう話を聞きますと、屋根があるだけ上等で、側壁は過剰投資とも思えます。
まあ、あればあったで、効果はあると思いますが。
側壁を張らないとなれば、冒頭に載せた表で言うと、野縁が半分くらいの量で済んで、ポリカの6尺も8枚減、後は傘釘と番線も減らせます。
作業手間も1.5人工くらい減らせるかな。

という、いろいろと書きましたが、ざっくりまとめます。

単管をもらってきたことを抜きにすると、我が家の規模の薪小屋を作るのには30万円くらいの費用がかかります。
屋根を片流れにして、ポリカの側壁を無くせばもう少し安く27万円くらいで作れると思います。
いずれにせよ安いものではありません。

僕の場合だって、30万円くらいかかると分かっていたら、こういうものを作ったかと言うと、それは疑問符がつきます。
僕の場合は、あくまでたまたま欲しいと思った直後に単管をいただけて、「手元に大量の単管がある」というところを出発点に贅沢な設計をしました。

しかし、一方で、今回の薪小屋がいざできてしまうと、とても嬉しいですし、使い勝手も良いですし、30万円かけて作る価値があるかな、なんて思ったりもします。
これから同じようなものを作る方は、どこかで単管の無料あるいは格安情報があるといいですね。
無責任な言い方ですが、単管さえあるのなら、この規模の薪小屋は本当にお勧めです。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



床を作って薪小屋が完成(2017年5月13日) - 2017.06.02 Fri

昨日の記事の続きです。
屋根も側面もできた薪小屋は、あとは床を作れば完成です。

P5131710_R.jpg

P5131711_R.jpg

P5131712_R.jpg
はい。
このとおり♪

説明しますと、まずは以前の実験の結果から、床になる単管を番線のみで固定するのは無理ということが分かりました。
なので、真ん中はクランプ、両サイドは「番線+パッキン」というやり方にしました。
この方法は当たりで、安く、かつ丈夫にできました。
画像でも両端が番線で固定してあるのが確認できますね。

床用に入れた単管が16本でしたので、これを固定するだけでもクランプが48個。
値段にして7千円以上かかります。
これが真ん中のみクランプにすると2500円くらい。
しかも今回は真ん中のクランプは、余っていた三連クランプを使いましたので、実質のクランプ代はゼロです。
(いただいたクランプは2連よりも3連のほうが多く、余っていたのです)

同じような薪小屋を作る方は、クランプ代節約の参考になさってください。

P5131713_R.jpg
あ、ちなみにこの日は雨だったので、薪小屋を作った際の端材でお風呂を沸かしました。

P5131714_R.jpg
建築端材だけあって、よく燃えましたよ。

P5131718_R.jpg
そんなわけで、薪小屋完成です。

P5131719_R.jpg

P5131720_R.jpg

P5131721_R.jpg

P5131722_R.jpg

P5131723_R.jpg
嬉しいので、いろんな角度から撮影。

この薪小屋で大体38.4立米の薪を収容できます。
我が家の焚き方ですと4シーズン分以上。
実際にはそんなに多くの薪を溜めておくのは現実的では無いので、全体の4分の1にあたる区画は端薪やウッドボイラー用の燃料や農機具を置くスペースとして活用し、薪の収容は3シーズン分までに抑えたいと思っています。
薪を教科書どおりに2年間乾かして使うとなると、3シーズン分ストックできるスペースがあるのが理想だと思います。

今回の薪小屋作りは2月28日の単管引取り、3月5日の開拓と抜根から始まって、実に丸2ヶ月半くらいかかりました。
その間は休日作業はほぼこの薪小屋作りに費やしました。

時間も、労力も、お金もたくさんかかったけれども、結果的に完成度の高い薪小屋ができて満足しています。
明日の記事では薪小屋にかかった費用についてお伝えします。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



薪小屋の側面が完成(2017年5月13日) - 2017.06.01 Thu

5月13日は予報どおり朝からの雨でした。
でも大丈夫。
薪小屋にすでに屋根はあるし、雨を見越して薪小屋の材料は屋根の下に収容してあります。

P5131697_R.jpg
結構本降りです。
それでは始めていましょう。

P5131699_R.jpg

P5131700_R.jpg

P5131701_R.jpg

P5131702_R.jpg
まず、縦の野縁をつけまして。

P5131703_R.jpg

P5131705_R.jpg
続いて、横の野縁です。

P5131706_R.jpg

P5131707_R.jpg
で、張っていきます。

P5131708_R.jpg
昨日の記事でも書いたとおり、頂き物の中古のポリカ波板は結構劣化していて、寿命な感じです。
高圧洗浄機で洗って、干したのですが、それでも表面はこんな感じ。
汚いのはもちろんですが、劣化が致命的。
ポリカは表面にUVカットの皮膜があって、それで樹脂が守られているようです。
その肝心の皮膜がすでに剥げかけている状態。

これではポリカ本体の劣化も進む一方です。
昨日の記事で書いたとおり、いつでも張替え可能な側面部分だから使えます。

P5131709_R.jpg
というわけで、側面も張り終えました。

あとは床を作れば完成です。

側面のポリカ張りは1週間前の作業とまったく同じだったので、淡々と・・・。
今回の記事は淡々としすぎて、文章が少ないですね(笑)



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

野人

Author:野人
こんにちは。
野人っていいます。
前職はラーメン屋台を経営していました。

伊那谷にて2012年暮れに築150年の古民家を購入し、3年4ヶ月かけて最低限の面積を再生して、2016年3月末に移住しました。
全ての再生は10年計画なので、まだまだ続きます。

もちろんプロの方々にもお世話になりますが、お金があまり無いので、なるべく低予算と自力での再生を頑張っています。

ブログの記事数は膨大なので、手っ取り早く内容を知りたいという方はこちらのスライドショーをご覧ください。
ブログの内容を25分に凝縮しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZpFnv9gLmJM

自分が古民家再生をする上で、他の人のブログを参考にしたり、あるいはHPから知識を得たり、ネット社会には本当にお世話になっています。
なので、自分自身も再生の過程を発信することで、少しでもネット社会から与えてもらったものに対して恩返しできればと思っています。

皆様からいただけるコメントに励まされ、またブログを通じて広がってゆく人の輪がとても楽しみです。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にお使いください♪

ご用件のある方は
zenhankai@yahoo.co.jp
あるいは
090-1707-2071
までどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
7位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カウンター2(仮?)

カウンター3(仮?)

現在の閲覧者数:

カテゴリ

なぜ古民家なのか? (23)
購入前の話 (58)
古民家探し (18)
参考にしたもの (25)
購入前の検証 (9)
売買交渉 (6)
古民家再生の方法論 (46)
屋根について (13)
基礎・土台について (9)
再生工程 (1135)
ゴミ片付け (61)
庭・敷地・開拓 (61)
住宅設備 (17)
薪ストーブ (68)
解体 (84)
電気工事 (32)
躯体の補強 (78)
土壁の下地 (112)
蔵 (14)
木材 (12)
建具 (82)
屋根 (72)
壁塗り (93)
その他の工程 (82)
床 (121)
配管 (4)
天井 (108)
土壁以外の壁 (22)
漆塗り (12)
再生計画の全体像 (96)
予算・資金 (29)
おさらい (27)
設計 (8)
WEB内覧会 (6)
ビフォーアフター (10)
派生した話 (86)
旧宅(借家) (10)
道具の話 (30)
スズメバチ駆除 (7)
ブログ運営 (13)
ボクサー骨折 (9)
取材 (17)
古民家暮らし (225)
移住 (5)
家庭菜園 (144)
薪作り (54)
家族の話 (103)
食生活 (42)
個人的なこと (46)
ラーメン (11)
全半会 (31)
住宅考・生活考 (37)
その他 (64)
未分類 (3)
生活の道具 (6)
井戸小屋の再生 (23)
キノコ栽培 (2)
温水システム (0)
給湯システム (36)
薪小屋作り (37)
小説 (1)
講師 (10)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR