topimage

2018-06

中野さんの古民家を訪問(2017年1月2日) - 2017.01.27 Fri

昨日の記事で年末年始の帰郷について書きましたが、実はもう一つ例年と異なることがありました。
古民家再生中の3年間は1月2日はお昼には伊那谷に戻りまして作業を開始していたのです。
ところが、今年はその必要もなし。
ということで、せっかくなので新城まで中野さんの古民家を見に行きました。

中野さん一家が泊まりに来た・結婚式から6周年 - 2016.11.27 Sun


中野さんというのは、以前にこちらの記事で紹介しました。
うちのブログの読者さんであり、愛知県の新城市に古民家を購入して再生に挑もうという方です。
ちなみに偶然ですが、僕と同じ中学校の3つ下の後輩でもあります。

その方が昨年11月末に、我が古民家に遊びに来てくれました。
そして初対面ながら大いに語らいました。
そのときに感じたのは、やはり物件を見ないと具体的なアドバイスは出来ないということ。
いや、もちろん僕は本業ではないのでアドバイスなんてしなくていいんですが、施主施工の古民家再生をした人間だからこそできるアドバイスというのもあるとは思うのです。
プロはお金さえあれば何でも言ってくれますし、何でもやってくれますが、実際にはお金は有限ですから。

ということで、帰郷帰りの1月2日に新城の古民家で待ち合わせをして、お話しすることにしました。
以下、写真がたくさん出てきますが、図面が手元に無いので散発的です。
「ああ、こういう物件なんだ」という参考までに。

P1022299_R.jpg
まずは離れから。
昭和初期な感じのお風呂。
僕が学生時代に住んでいた家や、兄が昔住んでいた家のお風呂もこんな感じだったなあ。

P1022300_R.jpg
こちらが中野さん。
穏やかな好青年ですよ☆
僕のような変人ではありません。
変人でないのに古民家再生をするという、奇特な方です(笑)

P1022301_R.jpg
離れの1階。
ガラス戸が多用されているから、明るいです。

P1022302_R.jpg
1階の天井。

P1022303_R.jpg
1階トイレ。
床板を突き破って竹が進入してくるようです。
すぐ隣の段下が竹林です。
竹林は良し悪しですが、中野さんの場合竹林からの小舞竹の自給が出来ます。

P1022304_R.jpg
離れ2階座敷。

P1022305_R.jpg
と、その奥の床の間。

離れのほうが築年数が新しい分だけ状態も比較的よく、畳さえ入れ替えればすぐにでも子どもの遊び場所などとして使えそうです。

P1022307_R.jpg
変わって今度は母屋。
玄関を入ったところを見上げています。

かっこいい!!
我が家の残念なのはこういう曲がり梁がないこと。
我が家の梁桁は案外まっすぐなのです。

古民家再生の場合は梁桁を見せたくて吹き抜けにしてしまう場合が多いのですが、そのせいで寒くなったり居住性が犠牲になります。
この家の場合は、おそらく二重梁になっているのでしょう。
梁を見せながらも天井を作れるという、理想の状態になっています。

P1022308_R.jpg

P1022316_R.jpg
ただ一方で、少し残念で気の毒なのが、柱や敷居にこのようなキクイムシの食害が多いこと。
かなりボロボロのものが数本あり、ひどいのは化粧材を被せてカバーしてあります。

P1022309_R.jpg
空中写真。
母屋と離れと蔵が敷地内にあります。
基本的にはちゃんと大切にされてきたお宅のようです。

P1022311_R.jpg
上手すぎて読めない掛け軸があったり。

P1022313_R.jpg

P1022314_R.jpg
あと玄関には大量の提灯入れが。
これもきれいにすれば何かに使えそうですね。

P1022315_R.jpg
古民家にありがちな隙間。
プリント合板が貼ってあります(笑)
丁寧に施工するならば小舞を掻いて土壁を塗るのが良いでしょう。
ただ、たったこれだけの隙間なのに時間だけはかかるので、他の土壁と同時進行で。

P1022319_R.jpg
母屋の中心部に、床が抜けてしまった部屋が一部屋だけ。

ある程度手入れされているこの家に床が抜けている部屋があるということは、しばらくの間無人だった期間とか、雨漏りが放置されていた期間があったのではないかというのが、僕の推測。
雨漏りは家の寿命を絶対的に縮めるもので、雨漏りさえなければこういう物件はもっと良い状態で残せるはずです。

P1022320_R.jpg

P1022321_R.jpg

P1022322_R.jpg
外観です。

P1022323_R.jpg
蔵です。
傷みが激しく、特段残したい希望が無ければ、古民家再生が落ち着いた頃に解体するのが良いでしょうね。

P1022324_R.jpg
隣のこのあたりも敷地に含まれます。
こういう敷地があると、再生作業中は何かと重宝するはずです。

さて、見学と話し合いは午前中に1~2時間くらいなものかと思っていたのですが、実際には5時間近く、午後3時過ぎまで話してしまいました。
中野さん自身、今回の再生はすべて施主施工によるものではなく、我が家と同じように業者と協力し合ってのものです。
なので、僕は敢えていうなればセカンドオピニオン的な立場で、いくつかアドバイスはしました。

しかし、このときには一番大切なことは言えなかったのですよ。
それはまた明日の記事に書きます。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



スポンサーサイト

兄宅を訪問(2016年6月12日) - 2016.09.06 Tue

さて、永らく脱線しましてごめんなさい。
やっとこさ本編に戻ってまいりました。

と言っても、時系列的には「兄宅を訪問」のところ。

えーと。
振り返りますと、6月12日、僕が古民家に移住した3月26日とほぼ時を同じくして新居に引っ越した兄一家。
その新居を訪問するために愛知県に行きました。
そんで、ただ兄宅を訪れるだけというのはもったいないので、行く途中で海に寄り道しまして。
そしたら僕の頭の中も「商業主義」の方へと寄り道してしまったわけです(汗)

はい。
戻ってきました。
本編に。

では、兄宅をご紹介しましょう。
(了解は取ってあります)

その前に兄の紹介を簡単に。
兄は僕の二つ年上です。
高校から大学まで7年間建築の勉強をしてきたのですが、結局建築士にはならず、本屋さんで働いています。
その過程では愛知県のど田舎の山奥に籠もって間伐材で炭を焼いたり・・・。
いろいろあった人だよな。

そんな兄が家を建てると言い出したのは2年くらい前だっただろうか。
あまり記憶が定かではありませんが。
僕が古民家再生を始めた後だったかと思います。

で、まあ、よくある話で、土地探しや業者探しを始めていたのですが、なかなか上手くいかず・・・。
元々目指していたのが駅前一等地を買って狭小住宅を建てることだったようで、なので土地探しはとにかく大変そうでした。
そもそも売りに出ている土地が少ないですし、大体は訳ありか、上物付きだったりするわけで。
それに業者も。
建築を志していたがゆえに、業者を探す目もついつい鋭くなってしまいます。
というわけで、結構難航していました。

が、とりあえずは完成して、住んでいるわけです。

160612-150121_R.jpg
外観です。
ガルバリウム鋼板の外壁です。

中身もそうですが、兄は質実剛健的な考え方をしています。
余分なものは省いて、装飾を省いて、シンプルさの中に美しさを見出すタイプです。
この外壁は費用・耐久性・メンテナンス性を重視して選ばれました。

160612-133741_R.jpg
玄関です。

160612-133751_R.jpg
玄関とLDKを仕切る扉。

160612-133753_R.jpg
玄関の造作棚。
無垢な感じです。

160612-133759_R.jpg
こちらがLDK。
無垢材と白壁という、シンプルな作りです。
どこを見ても白いというような「落ちつか無さ」はありませんし、全てが節だらけの無垢材というような「わざとらしさ」もありません。

1階の天井は2階の床を兼ねています(いわゆる踏み天井)。

狭小住宅なので、1回は玄関・LDK・トイレ・洗面脱衣所・お風呂のみです。

160612-142411_R.jpg
2回は書斎と寝室。

160612-142413_R.jpg
寝室は流石に撮影しませんがね(笑)

160612-142550_R.jpg

160612-142553_R.jpg
あとは屋根裏。

ご覧のとおり、未完成です。
僕と同じく物づくりが好きな兄は、本当はもっと自分でも施工したくて、そして全体を分離発注にするつもりでした。
が、奥さんの意見とか、仕事の忙しさとかで色々と諦めて、基本的には設計事務所と工務店にほとんどをお願いすることに成りました。
例外が2つあって、一つは壁塗りです。
石膏ボードの壁に兄が塗り材を塗りました。
もう一つは屋根裏部屋の仕上げです。

まあ、ささやかなお楽しみということで。

僕が言うのもなんですが、住みながらだと大変だろうな(笑)

以上で兄宅紹介はお仕舞いです。

僕と兄はなんのかんの似ています。
高校くらいまでは全く違う方向ばかり向いて、犬猿の仲だったのですが。
お互いに30歳を過ぎた今となると、似ているところだらけです。
二人とも自然も物づくりも好きで、シンプルに生きようとしています。
料理も得意です。
あと、二人ともガラケーです(笑)

そんな僕と兄が、ある意味においては正反対の家を手に入れました。
兄はシンプルで狭小で白を基調とした明るい新築住宅。
僕はシンプルだけど無駄に広くて黒を基調とした陰影のある古民家。

似ているけれど、対極。
対極だけれど、似ている。
その感覚が心地よかったりします。

兄貴。
結婚に出産に新築に、みんなみんなおめでとう。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



新築そっくりさんの古民家再生を見に行く(2013年12月1日) - 2013.12.02 Mon

昨日の出来事です。
新築そっくりさんの施工見学会に行ってきました。

これで新築そっくりさんを見に行くのは3回目です。
1回目は普通のリフォームの完成見学会で。
こちらの記事

2回目は近所のホールでイベントをやっていました。

それにしても1回目に新築そっくりさんに行ってからちょうど1年になるんだな。

新築そっくりさんに関してはすでに「見尽くした」感がありますが、それでも新築そっくりさんが手がける「古民家再生」に興味があって、また施工中の状態が見られるということで出かけていきました。

今回の物件は築100年以上の古民家です。
ほぼ総二階の。

案内してくれるおばさんもお兄さんも顔馴染みというか、顔馴染みすぎて気まずいです(汗)
向こうも「客にならない」って分かってるんだろうな。
でもまあ、すごく興味はあるので客のフリをして見学させてもらいました。

以下、気づいた部分をいくつか書きます。

まず、この家は石場建てのままで維持するということでした。
これは意外。
新築そっくりさんだったらしっかりベタ基礎とか打ちそうなのに。
いい意味で意外でした。

ふむ。
新築そっくりさんも石場建てのよさを認めているのか。
あるいは予算の関係か・・・。

なので要所要所をコンクリで固めたり、独立基礎を増やしたり、足固めを入れたり。
このあたりの基礎の施工はうちと似ています。
意外なことに。

土台に使っている木材は、例の防腐剤を注入したもの。
これも普通といえば普通。
適切といえば適切。
うちだってクレオトップを塗布しているし。

ただ、ちょっと気になったのは施工法。
例えば玄関横に新たな柱を増やしているんだけど。
まず、新しい柱が集成材。
3寸角の。
まあ、これくらいは当然か。

で、その施工法だけれど、こんな風です。
斜め打ち
斜めに釘を打ち込んでいます。
ふーむ。
調べてみると「斜め打ち」と呼ぶようですが、正式な呼び方で無いというか、正式な施工法ではない感じ。

仮設トイレ作りの段取り(2013年5月18日午後)
仮設トイレ作り(2013年5月18日午後)
仮設トイレ完成(2013年5月19日午前)

僕がこの仮説トイレ作りで多用した方法なんですけどね。
理由は単純。
一切の仕口無しで、材を直角に固定できるから。
強度は無いだろうけど。

このような施工をするからには、その新たに加えられた柱は強度を要求されない「造作柱」なのでしょう。

さて、久々の新築そっくりさんでした。
その帰り道に我が古民家に立ち寄る。
釘を一切使っていない仕口や継ぎ手を見るとやっぱり「すごいな」と思いますよ。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



あれから1年 - 2013.09.10 Tue

今回の記事でちょうど300回目の投稿です。
パチパチパチ。

こんなこと初めてですね。
今までも100回目、200回目の区切りとなる投稿もあったはずなんだけど、見事に忘れていたんですよ。
今回は忘れなかった!!

さて、夏が終わりつつあって、秋の匂いがしてきて。
なんだか懐かしい気分です。
季節が一回りしたんだなと思って、ちょっとジーンとしたり。

去年のあの頃の匂いがして、いろいろと思い出します。
「あの頃」というのは古民家を探していた頃。
8月4日に長野の再生古民家を見に行って、9月13日に辰野~茅野で3軒の古民家物件を梯子して。
今思い出すとここからが怒涛なんですよね。

9月14日深夜に、もう一軒の古民家をこっそり外見だけ見にいって。
9月16日はあちこちに車で古民家探しに行って。
その日の夜にネットで現在の古民家を発見し。
9月17日にその古民家を外見だけ見にいって。
20日に内部を見学して。
あの頃はまだ前の家主が住んでいたなあ。
そしてゴミだらけの、ボロボロの廃屋だったなあ。
ちょっと懐かしさも込めて、古い写真を出してみますか。

120920-111252_R.jpg
どの部屋も雨漏りで、無事な部屋なんてほとんど無かったよなー。

120920-112527_R.jpg
ゴミだらけだった18畳の囲炉裏の間。
家主はほぼここだけで暮らしていた。

130103-090954_R.jpg
同じくゴミだらけだった土間。
ここが今、生まれ変わろうとしています。

130223-114639_R.jpg
足の踏み場が無かった蔵。

130407-120625_R.jpg
崩れまくっていた下屋。
よくも片付いたものです。

9月22日には保証人さんと会って。
さらに、9月23日には大工のIさんとも下見に行っています。

で、ですね。
一方このころ、我が家族はなぜか釣りにはまっていて、毎週駒ヶ根の大沼湖に釣りに行っていて。
今思うととんでもない勢いで動き回っていますが、当時は出産秒読み状態でしたから、動けるうちにたくさん動いておこうという気持ちはありました。

あとは空いた時間はほとんど、古民家再生の勉強をして。
短時間の間に随分たくさんの知識を身につけたものです。
このときは「この物件を本当に買っていいものかどうか」ということを考える時期で。
屋根の直し方一つとっても、いろんなやり方があり、性能やら予算やらの兼ね合いで考えることは山ほどあって。
例えば70坪の平屋に金属屋根を被せるって、どういう工法があって、どれくらいの期間とお金がかかるのかって、素人のには全然分からないですから。
そういう工法一つ一つと、かかる費用とかを調べていったわけです。

そうこうしているうちに、9月28日に次女の周が誕生して。
1週間くらいは毎日、病院までお見舞いに行って。

退院するとすぐに全半会の仲間で、工務店2代目の侍が下見に来てくれて。
いろんな人に下見してもらって、自分でも調べているうちに、「再生できそう」という目処もついてきて。

11月1日に買い付け証明書を提出。
12月23日に頭金を支払い、まだ完全に自分のものになったわけではないけれども、年明けからぼちぼちゴミの片付けを始めて。
1月24日に残金を支払って、売買成立。

4月下旬まで3ヶ月半くらいをかけてゴミ片付けが完了。
毎週末片付けにいって、3ヵ月半です。
70坪の母屋と蔵2つ、茶室と物置全てがゴミの巣窟でした。

で、4月下旬からGWにかけては、建具、畳、畳下地、根太の取り外しと、建物の不要な部分の解体。
特にGW作業は4日間やりましたが、毎日10人くらいの助っ人が来てくれて、とても助かりました。

そこからはいよいよあゆみ大工さんに入ってもらって、レベルを測ったり、正確な平面図、立面図作りをして貰いました。
とはいっても、すぐには本格的な工事は始まらず。
8月19日から曳き屋さんの春日工業さん、モザイクアーティストのシンペイさんを交えての再生工事が本格着工して、現在に至ります。
そして最初に戻りますが、今のこの空気を嗅ぎながら「季節が一回りしたんだな」と、ちょっと感慨に浸っているわけです。
ビートルズの「ペニー・レイン」なんて聴きながら。

長女は中学生になって、反抗期が始まって、部活で忙しくて、昔みたいに再生工事はなかなか手伝えなくなりました。
次女の周はもうすぐ1歳で、つかまり立ちと、伝い歩きが得意で、こうやって夜な夜なブログを書いている僕にちょっかいを出して、困らせてくれます(笑)
夫婦は結婚3周年を迎えたけれど、まだまだ新婚気分です。
相変わらず破天荒な動きをして、僕を楽しませてくれる嫁さんが今でも大好きです。

300回記念。
季節は一回りし。
古民家はゆっくりだけれども、着実に直りつつあり。
家族は変化しながらも、笑顔がたくさん。
鈴木家は今日も幸せです。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



プロの伐採技術(2013年7月21日) - 2013.07.23 Tue

翌21日も廃材片付けに現場入りしました。
偶然にも、前日来ていた林業屋さんと同時に現場に到着。
それぞれの作業に入ります。

本当は仕事風景を撮影したかったんだけど、作業箇所は蔵の裏手の狭い場所。
危険作業だし、邪魔してはいけないよなと遠慮。

そうしているうちに、木が倒れるものすごい音がしたので見に行くと。
130721-083450_R.jpg
一本完了ってところでした。
垣根からちょっと敷地外にはみ出ていますが。

130721-083511_R.jpg
写真は先端のほうなのであまり大きく見えませんが、10メートル以上の大木です。

続いて、以前問題になった、トイレ横の大木を切ってもらいます。
130721-100617_R.jpg
こちらも10メートルは軽く超える大木。
13~4メートルくらいかな。
うちの棟の高さが11メートルだけど、それよりも高いです。

ちなみに今まで何人かの人に見てもらったけど、みんな「これは特殊伐採かな・・・」という感じの反応でした。家に近過ぎるし、敷地内に倒そうとすると枝が屋根にぶつかりそうだし。
さあ、どのように切ってくれるのでしょうか?

130721-100446_R.jpg
なにやらウインチのようなもので引っ張っています。

130721-100502_R.jpg
チェーンブロックでは無さそうな。
聞いてみると「チルホール」というものでした。
ドイツで発明されたもので、日本の囲炉裏の自在鉤をヒントに作られたそうです。

チルホールってこういうの

チルホール
久々の模式図ですが。
図のように倒したい木に引っ掛けて、チルホールのレバーをクイクイっとすると、滑車を通じて木が横方向に引っ張られるというものです。

130721-101834_R.jpg
このように「受け口」を作ってから、反対から「追い口」を切っていきます。

130721-101910_R.jpg
十分切れたところで、チルホールで引っ張って。

130721-101946_R.jpg
微調整しながら引っ張って・・・。

130721-102021_R.jpg
どーん!!

130721-102048_R.jpg
こちらが断面。

心配していたように、枝が屋根にかかることなく、理想的な方向に倒れていきました。
なるほど、チルホールってすごいな。
とか思いつつ。
使用していた3トンのものを見ると、値段が17万円くらい(汗)

まあ、餅は餅屋と言いますし、我が家の伐採はプロにお任せしますか!!
それでは明日の記事で、廃材片付けの様子をお伝えします。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

野人

Author:野人
こんにちは。
野人っていいます。
前職はラーメン屋台を経営していました。

伊那谷にて2012年暮れに築150年の古民家を購入し、3年4ヶ月かけて最低限の面積を再生して、2016年3月末に移住しました。
全ての再生は10年計画なので、まだまだ続きます。

もちろんプロの方々にもお世話になりますが、お金があまり無いので、なるべく低予算と自力での再生を頑張っています。

ブログの記事数は膨大なので、手っ取り早く内容を知りたいという方はこちらのスライドショーをご覧ください。
ブログの内容を25分に凝縮しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZpFnv9gLmJM

自分が古民家再生をする上で、他の人のブログを参考にしたり、あるいはHPから知識を得たり、ネット社会には本当にお世話になっています。
なので、自分自身も再生の過程を発信することで、少しでもネット社会から与えてもらったものに対して恩返しできればと思っています。

皆様からいただけるコメントに励まされ、またブログを通じて広がってゆく人の輪がとても楽しみです。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にお使いください♪

ご用件のある方は
zenhankai@yahoo.co.jp
あるいは
090-1707-2071
までどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
6位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カウンター2(仮?)

カウンター3(仮?)

現在の閲覧者数:

カテゴリ

なぜ古民家なのか? (23)
購入前の話 (58)
古民家探し (18)
参考にしたもの (25)
購入前の検証 (9)
売買交渉 (6)
古民家再生の方法論 (46)
屋根について (13)
基礎・土台について (9)
再生工程 (1135)
ゴミ片付け (61)
庭・敷地・開拓 (61)
住宅設備 (17)
薪ストーブ (68)
解体 (84)
電気工事 (32)
躯体の補強 (78)
土壁の下地 (112)
蔵 (14)
木材 (12)
建具 (82)
屋根 (72)
壁塗り (93)
その他の工程 (82)
床 (121)
配管 (4)
天井 (108)
土壁以外の壁 (22)
漆塗り (12)
再生計画の全体像 (96)
予算・資金 (29)
おさらい (27)
設計 (8)
WEB内覧会 (6)
ビフォーアフター (10)
派生した話 (86)
旧宅(借家) (10)
道具の話 (30)
スズメバチ駆除 (7)
ブログ運営 (13)
ボクサー骨折 (9)
取材 (17)
古民家暮らし (224)
移住 (5)
家庭菜園 (143)
薪作り (54)
家族の話 (103)
食生活 (42)
個人的なこと (46)
ラーメン (11)
全半会 (31)
住宅考・生活考 (37)
その他 (64)
未分類 (3)
生活の道具 (6)
井戸小屋の再生 (23)
キノコ栽培 (2)
温水システム (0)
給湯システム (36)
薪小屋作り (37)
小説 (1)
講師 (9)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR