topimage

2018-06

補強した桁の仕上げをする(2016年1月11日) - 2016.02.16 Tue

昨日の記事の続きです。
昨日までの記事で紹介したサッシの枠作りも地味でしたけれども、ここからは更に地味な作業が続きます。

160111-122449_R.jpg
まずは補強した桁の仕上げ。
この桁は雨漏りによる腐朽で折れていまして、上に添え桁を抱かせてあります。
施工は一応完了しているのですが、室内側から見ると全ネジボルトが2本と、ダボ栓が4本むき出しになっている状態。
困ったなあ。
大工さんはどう仕上げるつもりだったかは知りませんが、とりあえずこのままになっています。
自分で仕上げることにします。

160111-122653_R.jpg
ナットと座金を外して。

160111-123721_R.jpg
そのままではもちろん掘れないので、小屋裏から全ネジボルトを引き上げて、フリーにした状態で掘り始めます。
まずはドリルで下穴を開け。

160111-130534_R.jpg
鑿で掘ります。
上向きの作業って嫌ですね・・・。

160111-131053_R.jpg
で、改めて座金とナットが引っ込むように入れなおします。

160111-132510_R.jpg
蓋を加工。
その辺にあった天井材の残りを加工しました。
適度な大きさに木って、ベルトサンダーで丸みをつけて、古色付けをします。

160111-133021_R.jpg
で、埋め木。
近くで見ないと案外分からないものです。

160111-133038_R.jpg
遠景だとこんな感じ。

160111-134103_R.jpg
ついでにダボ栓をきります。
今回のためにダボ栓用の鋸を買いました。

160111-134631_R.jpg
さらにもう一本の全ネジボルトも同じようにしました。

160111-141327_R.jpg
はい、これで完成。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



スポンサーサイト

ボロボロの躯体をどうにかする(2015年2月15日) - 2015.02.25 Wed

2月15日の作業についてです。

150215-083934_R.jpg
朝起きると、嫁さんが1日遅れのバレンタインプレゼントをくれました。
ブラウニーです。
嫁さんも子育てとか大変なのに、作ってくれて嬉しいですね。

150215-094436_R.jpg
前日になかなか上がらなかったこちら。
一夜明けてから改めて上げました。

【一口メモ】
ジャッキアップでこれ以上上がらない限界まで来たとき、時間を置くと木材の癖が取れて、少しだけあがるようになります。


150214-153115_R.jpg
続いてこちら。
以前の記事で上げたところなのですが、他所をジャッキアップしたせいで、柱が浮いています。
画像の左側、添え柱が浮いているのが分かりますよね。


150215-095238_R.jpg
ここもジャッキアップします。

150215-095242_R.jpg
するとこのように、綺麗に納まりました。

150215-095748_R.jpg
続いてこちら。
ボロボロなのを放置してもしょうがないので、鑿で腐朽箇所を削り取ります。
もう構造としては意味がないですし、どの程度の腐朽かを確認する必要がありますから。

150215-100945_R.jpg
このあたりも。

150215-101353_R.jpg
どんどん削っていきます。

150215-103545_R.jpg
一応こんな感じ。

150215-104850_R.jpg

150215-112723_R.jpg
続いて、防腐剤であるクレオトップを塗布していきます。

150215-112742_R.jpg
束の下に挟んだパッキンも、地面に近くて腐朽しやすいので防腐処理します。

150215-165249_R.jpg
このあたりも。

150215-165252_R.jpg
続いて、ここに畳寄せを入れていきます。

150215-165256_R.jpg
水盛りをすると、このあたりは削らないと畳寄せが入らないことが判明。
このあたりは物置との境界なのですが、どうも物置だけはFLが高かったようなのです。

150215-170257_R.jpg

150215-170301_R.jpg
とりあえずはこのあたりに畳寄せを入れていきます。
もう慣れた作業なので、これくらいはすぐにできます。
昔は光るだけでも緊張したものですけどね(笑)

150215-172724_R.jpg
さっきの箇所は土台を削って、畳寄せをいれることにしました。
鋸を入れて、地道に鑿で削っていきます。

この日の作業はここまでにしました。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



2回目のジャッキアップ(2015年2月14日) - 2015.02.24 Tue

柱と土台を両羽子板で繋いだ後の作業です。

150214-162430_R.jpg
その例の箇所なのですが、水盛りをしてみると柱が2センチほど沈んでいることが分かったので、ジャッキアップします。

150214-165511_R.jpg
これがジャッキアップの失敗例。

150214-1655111_R.jpg
ちょっと極端に線を描くとこのようになります。
ジャッキとつっかえ棒が斜めになって、力が完全に逃げている状態。
このままジャッキを回しても力は逃げる一方で、臨界点を超えるとジャッキもつっかえ棒も弾かれて飛んできます。
危ないです。
だからジャッキアップにはヘルメットが必須です。

なぜこうなるのかというと、ジャッキアップの時には梁なり桁なり、横架材につっかえ棒をかませます。
ただし、ほとんどの場合はこれらの横架材の直下には別の部材が入っているんですよね。
今回の場合では何本もの貫が入っていました。
なので、ジャッキアップというのは真下から真上に持ち上げるのではなく、斜めに持ち上げることになります。

その場合、ジャッキやつっかえ棒が僅かに斜めになっていたり、つっかえ棒が横架材にしっかり掛かっていなかったり、あるいはジャッキを支える地面が弱かったりすると、画像のようにジャッキとつっかえ棒が「く」の字になってしまいます。

150214-171712_R.jpg
改めてジャッキをかけなおし、限界まで揚げてみました。
一昨日の記事で書いた部分は軒桁でしたが、今回はもう一本母屋よりの桁だったので、随分と重かったです。
それこそ、桁違いに重かったです(うまい??)

150214-171719_R.jpg
目標の2センチには届きませんでしたが、ほぼ大丈夫です。

150214-171728_R.jpg
限界なところを随分と頑張ったので、ジャッキも潜ってしまいました。

・・・。
で、皆さん気付いていると思いますが・・・。

150214-172209_R.jpg
ジャッキを回していた棒がこのように曲がってしまいました(汗)

ジャッキを回すための専用の棒があるかどうかは知りませんが、今回はこのようにロープを固定するための杭を挿して、さらにそれを2メートル近い長い金属管(ガス管?)に挿して回しました。
そしたら曲がってしまったわけです。
一番太い杭を買ってきたのにな・・・。

曳き屋さんみたいにたくさんのジャッキがあるわけでもなく、たった一つのジャッキではいろいろと限界があるようです。
この日の作業はここまでにして帰りました。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



両羽子板で土台と柱を引き寄せる(2015年2月14日) - 2015.02.23 Mon

昨日の記事の続きです。
初めてのジャッキアップを終えた後の作業について。

150214-153110_R.jpg
例の添え柱を入れた箇所なのですが、その周辺でまだ施工すべき箇所が残っています。

・・・。
なんか、この写真いいですね
特に何かを狙ったわけでもなく、何気なくシャッターを切ったのだと思いますが。
後光の具合といい、照らされて立体的に浮かび上がる色彩美といい、凄く素敵な感じです。

とても写っているのが、ボロボロの躯体とは思えないくらいです。

150214-153115_R.jpg
こちらの写真も素敵ですね。

・・・。
あ、写真の主題はこの柱についてでした。
ご覧のとおり、柱は浮いています。
よく見ると、入れたばかりの添え柱も浮いています。
昨日の記事での、ジャッキアップをした影響がここまで現れているのです。

150214-153122_R.jpg
さて、今日の本題。
さっきのボロボロの箇所の延長にあるこちら。
柱から土台が抜けています。

150214-153719_R.jpg
ちょっと遠くから見ると、位置関係が分かります。
さらにこのボロボロの土台、この左端はどうなっているかというと。

150214-153847_R.jpg
こんな感じです。
この画像の下にある、ボロボロになってちょん切れている奴ですね。
なぜこうなっているかは、僕にもあゆみ大工さんにも分かりません(笑)

150214-153853_R.jpg
角度を変えるとこの写真。
左端から土間と上がり框。
真ん中辺りが土間の小上がりで、奥がトイレ。
例のボロボロの土台は右端です。

150214-162414_R.jpg

150214-162430_R.jpg
で、どうしたかというと、このように両羽子板ボルトで土台と柱を結びました。
本当ならこのままナットで締め付けて、柱を土台に引き寄せてホゾを入れなおしたいところです。

しかし、既に柱はその方向に傾いていたため、これ以上傾けないためにそれはやめました。
したがって、両羽子板はこれ以上土台と柱が遠ざからないようにという、そういう意味です。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



初めてのジャッキアップ(2014年2月14日) - 2015.02.22 Sun

2月14日は午後から現場に行きました。

バレンタインデーだったので、午前中一杯はチョコの受けとりで忙しかったのです。
今回は深夜から並ぶ人もいたので、整理券を配ったりで大変でした。

・・・。
ごめんなさい。
嘘をつきました。
ホントは、次女が熱を出したので病院に連れて行っていたのです。
やはり小児科は混んでいるので、それだけでも半日仕事になっちゃいますね。

というわけで、午後から現場作業スタート。

150214-132729_R.jpg
とりあえずはこちらのジャッキアップ。
この日は一人だったので、こういう集中力やら思考が必要な作業にはもってこいです。

まずは適当な廃材を探してきて、桁を押し上げるつっかえ棒にします。
これはまだそのつっかえ棒を立てかけている状態。

150214-134314_R.jpg
で、ジャッキアップしていきます。
さらっと書いているけど、人生初のジャッキアップですからね。
手探りですよ。
以前にジャッキを使ったのは、敷居鴨居を押し広げて建具を取り外したときです。

大変なのは最初のほうだけで、つっかえ棒が無事に桁とジャッキに引っ掛かると、後はジャッキが回りさえすえば問題ありません。
ジャッキが重くて、なかなか回らないのがまた大変なのですが。

ジャッキを回して、桁が上がるたびに、家のあちこちがミシミシと音を立てます。
案外、遠くのほうからも音が聞こえてくるものです。

150214-135404_R.jpg
ビフォーの写真がありませんが、とりあえずこれくらい上がりました。
このまま上げ続けます。

150214-135646_R.jpg
大体これくらいが限度でした。
赤鉛筆のラインがジャッキアップ前のレベルです。

150214-140222_R.jpg
定規を当ててみると、25mm上がっていました。
本当は1寸(約30mm)上げたかったんだけど、これが限界のようでした。
これ以上はジャッキが回りません。

150214-140307_R.jpg
下はこんな感じ。
既に木のパッキン(たぶん栗)が挟んであります。

150214-142907_R.jpg
古いパッキンでは足りないので、とりあえず取り除きます。

150214-140833_R.jpg
さらに、コンクリートが邪魔なので、砕いて除去します。

150214-144726_R.jpg
通常は木のパッキンを入れなおすのでしょうが、高さが結構あるし、パッキンに使えるような栗材もなかなか無いし。
ということで、石のパッキンを入れて、コンクリートで固めることにしました。

ということでブロワーで綺麗にして、ジョーロで水をかけます。

150214-144729_R.jpg
いつもならコンクリートは一輪車で練るのですが、今回は本当に少量なので、この変なバケツで練ることにしました。
なんか、現場に転がっていたものです。

石のパッキンを入れて、コンクリートで固めたのですが、なぜか施工後の写真はありません。
さて、この調子で午後の作業は続きます。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

野人

Author:野人
こんにちは。
野人っていいます。
前職はラーメン屋台を経営していました。

伊那谷にて2012年暮れに築150年の古民家を購入し、3年4ヶ月かけて最低限の面積を再生して、2016年3月末に移住しました。
全ての再生は10年計画なので、まだまだ続きます。

もちろんプロの方々にもお世話になりますが、お金があまり無いので、なるべく低予算と自力での再生を頑張っています。

ブログの記事数は膨大なので、手っ取り早く内容を知りたいという方はこちらのスライドショーをご覧ください。
ブログの内容を25分に凝縮しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZpFnv9gLmJM

自分が古民家再生をする上で、他の人のブログを参考にしたり、あるいはHPから知識を得たり、ネット社会には本当にお世話になっています。
なので、自分自身も再生の過程を発信することで、少しでもネット社会から与えてもらったものに対して恩返しできればと思っています。

皆様からいただけるコメントに励まされ、またブログを通じて広がってゆく人の輪がとても楽しみです。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にお使いください♪

ご用件のある方は
zenhankai@yahoo.co.jp
あるいは
090-1707-2071
までどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
6位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カウンター2(仮?)

カウンター3(仮?)

現在の閲覧者数:

カテゴリ

なぜ古民家なのか? (23)
購入前の話 (58)
古民家探し (18)
参考にしたもの (25)
購入前の検証 (9)
売買交渉 (6)
古民家再生の方法論 (46)
屋根について (13)
基礎・土台について (9)
再生工程 (1135)
ゴミ片付け (61)
庭・敷地・開拓 (61)
住宅設備 (17)
薪ストーブ (68)
解体 (84)
電気工事 (32)
躯体の補強 (78)
土壁の下地 (112)
蔵 (14)
木材 (12)
建具 (82)
屋根 (72)
壁塗り (93)
その他の工程 (82)
床 (121)
配管 (4)
天井 (108)
土壁以外の壁 (22)
漆塗り (12)
再生計画の全体像 (96)
予算・資金 (29)
おさらい (27)
設計 (8)
WEB内覧会 (6)
ビフォーアフター (10)
派生した話 (86)
旧宅(借家) (10)
道具の話 (30)
スズメバチ駆除 (7)
ブログ運営 (13)
ボクサー骨折 (9)
取材 (17)
古民家暮らし (224)
移住 (5)
家庭菜園 (143)
薪作り (54)
家族の話 (103)
食生活 (42)
個人的なこと (46)
ラーメン (11)
全半会 (31)
住宅考・生活考 (37)
その他 (64)
未分類 (3)
生活の道具 (6)
井戸小屋の再生 (23)
キノコ栽培 (2)
温水システム (0)
給湯システム (36)
薪小屋作り (37)
小説 (1)
講師 (9)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR