topimage

2018-06

草刈り2018その1(2018年6月3日) - 2018.06.10 Sun

昨日の記事の続きです。
最後の荒壁塗りを終えて、雑草の駆除をする事にしました。

P6036096_R.jpg
まずはこの部分。
敷地の雑木が飛び出していて、せめて下の用水路に覆いかぶさらない程度にしなければなりません。

P6036097_R.jpg
どんどんと鎌で刈り払っていきました。

P6036098_R.jpg
反対側から。
午前中の作業はここまでで終了。

P6036099_R.jpg
午後。
まずは刈り払った蔓や枝を片付けました。

P6036100_R.jpg

P6036101_R.jpg

P6036102_R.jpg
続いて、敷地内の伸びきった雑草を刈り払っていきます。

P6036103_R.jpg
まだまだ敷地内は石や廃材が残っていて、刈り払いしにくいです。

P6036104_R.jpg
続いてここ。
ここは公道です。
公道とは思えません(汗)
うちしか通らないし、でもここが通れないと隣家に回覧板を届けにいけないので、きれいにします。

P6036105_R.jpg
とりあえず通れるくらいにしました。

P6036106_R.jpg

P6036107_R.jpg
夕方6時までかけて、ざっと敷地内を刈り払いました。

P6036108_R.jpg
続いて、刈り払った草と米ぬかで雑草堆肥を作っていきます。

P6036109_R.jpg
刈り払った草をレーキで集めて、一輪車で運んでいきます。
刈り払う事よりも、集めて運ぶ方が大変です。

P6036111_R.jpg
嫁さんと次女が収穫後の玉ねぎを縛っている横で、雑草を集め続けました。


P6036117_R.jpg

P6036118_R.jpg

P6036121_R.jpg
3歳の長男が僕の作業を手伝ってくれました。
誰かが一緒にやってくれるだけで嬉しいものです。

P6036124_R.jpg
隣では嫁さんと次女が残業中(笑)

P6036128_R.jpg
最後はヘッドランプで照らしながら、7時半に何とか作業終了。
急いでシャワーを浴びて、夕食を作ります。




ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



スポンサーサイト

【まだやってるの?】穴埋め作業の続き(2018年3月27・28日) - 2018.04.04 Wed

3月27日の作業の続きです。
辰の部屋が完成し、春の畑も始め、そしてもう一つの作業を始めます。

P3275043_R.jpg
それが去年の夏からずっとやっている穴埋め。
もう、穴は大体埋まっていますね。
しかし左奥のほうを見ると、穴を掘ったときにできた残土の山が残っています。

去年は夏から秋にかけてここの残土を均しながら穴を埋めて、右端に移っている玉ねぎの畝までは作る事ができました。
今年はここにさらに「ジャガイモ&ネギ」と「サツマイモ」の畝を作りたいので、雪も解けた事ですし、再び作業する事にしました。

P3275044_R.jpg
しかし、この残土が本当にひどいもので。
大小の石だらけです。
砂利程度のものから、ギリギリ持ち上げられる大きさまで。
ちょっと前にみっちゃんと一緒に、ここにあったとても大きな岩はレバーホイストを使って撤去しました。
流石にもうあれだけ大きな岩は残っていませんが、その他の石を除去しながら均さなければなりません。
何せ畑にするのですから。

そしてもう一つが、粘土質。
極端な粘土質なのでスコップにへばりついて、これも厄介です。

P3275045_R.jpg
結局この日は1時間半くらいやって、この状態。
これはすぐには終わりませんな・・・。

P3285046_R.jpg
で、翌28日。
この日は午前中いっぱいをかけて母屋の断捨離。
本当はもっと断捨離したいのですが、断捨離ばかりではちっとも作業が進まないので、午前中だけで区切りをつけて作業に入りました。
前日の続きのこの状態から。

P3285047_R.jpg
見ると梅が満開です。

P3285048_R.jpg
1時間後。

P3285053_R.jpg
さらに2時間後。
既にこの時点で午後5時。
耕耘まで終わらせたいので、ここで一旦止めにします。

P3285054_R.jpg
ついでに畑の日照を妨げそうな低木をいくつか整理しました。
これもまたいつかちゃんとやりたいところです。

P3285055_R.jpg
トンボを使って均します。

P3285056_R.jpg
残土の山はまだこれだけ残っています。
このペースでは、あと丸一日くらいかかるのではないでしょうか。

P3285057_R.jpg
そしてこの2日間の作業だけで出てきた石がこれだけ。
ある程度の大きさのものはそのままポイポイ投げておきました。

P3285058_R.jpg
小石は土嚢につめておきました。
4袋あります。

P3285059_R.jpg
日没ギリギリまで作業して、耕耘まで終わらせました。
これでジャガイモの植え付けが何とか間に合いそうです。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



取材に向けて敷地の片付け(2018年3月11日) - 2018.03.16 Fri

3月11日午後の作業。

詳しくは明日の記事あたりに書きますが、取材を受けることになりまして。
そのために敷地の片付けです。
まあ、雪も雑草もない今の時期は敷地をいじるにはもってこいの時期ですからね。

P3114823_R.jpg
たとえば敷地のあちこちに溜めてあった鉄屑だとか。

P3114824_R.jpg

P3114825_R.jpg
どんなものかと言うと、こういう廃材を薪に加工するときに除去した切る釘とか、古い金物です。
この帯状のものは泥棒避けの「家尻切り」です。
あとは古い番線とか。

P3114826_R.jpg
薪小屋を作って残った単管。
単管は大部分を使い切って、残りも保管してあります。
今回処分するのは切断した切れ端とか、あとは僕には使い道のなさそうな50センチ長のものです。

P3114827_R.jpg
あとは一昨日の記事でも出した、桟積み屋根で使用済みのトタン。
みっちゃんに解体してもらったものです。

鉄屑はもっとマメに処分したいけれども、専門の業者さんに取りに来てもらうので、やっぱりこれくらいのまとまった量がないと申し訳ないです。
ということでいつも目一杯まで溜めてから引き取ってもらっています。
今回で3回目。

P3114828_R.jpg
色々とやったんですが、ついでに柿の木の剪定も。

この柿の木、去年の2月にも剪定したのですが、足りなかったみたいで。
柿の木が大きくなりすぎて、高枝ハサミでも採れないような高さに柿が実ってしまうのが大きな問題です。
あとはやはり、実のつきもここ2年くらいはいまいちで、去年剪定しても改善されなかったように思えます。
いや、家族5人では十分すぎる量が採れるのですけれどね。
しかし柿の木自体をもっとコンパクトにして、必要な量だけちゃんと実って、採りやすい状態にしたいものです。

とはいっても流石に枝を一掃するような今日剪定をすると数年間は収穫を見込めなくなります。
極端な話、柿は生命力が強いので、株元から伐採してもまた再生するようなのですが。

なので、木に負担をかけすぎないように、そして収穫も継続できるように、枝全体を3つのブロックに分けて考え、1ブロックずつ、3年間かけて剪定することにしました。


P3114831_R.jpg
まずは奥側、東側のブロックを剪定。

P3114830_R.jpg
さらに枝を40センチに切って、薪にしていきます。

P3114833_R.jpg
薪として使える太さだけでこれだけの本数を切り出せました。
これ以上細かい枝はウッドボイラー用です。

P3114832_R.jpg
切断面を見ると、黒い。
また黒柿・・・?

P3114829_R.jpg
あ、あと敷地内をうろうろしながら作業していたら、嬉しいものを発見しました。
昨年秋に植えたプランターのアサツキです。
昨年は収穫するほどはしっかり育たなかったまま枯れてしまったのですが、根株はしっかり休眠していたようで、また春になると同時に芽吹いてきました。
追肥をしてしっかり育てればしばらく薬味に困らなそうです。

この日は暗くなるまで片づけをしたのですが、撮影したり、ブログのネタにするような内容は少なく。
細々と動き回っていました。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



みっちゃんと一緒に石運び(2018年3月10日) - 2018.03.13 Tue

3月9日10日で友達のみっちゃんが遊びに来ました。
僕が21歳のときに1年間ボランティアで関わっていた子で、僕の7歳年下になります。
去年の3月にようやく高校を卒業し、就職し、そして今回都合で青森県に移住することになりました。
なかなか会えない距離になってしまうので、その前にもう一度会うことになったのです。

ちなみに去年の夏にも一度遊びに来てくれました。

120kg級のお友達と薪作り - 2017.08.05 Sat

で、半年振りに会った今回。

P3094765_R.jpg
前回会ったのをきっかけにみっちゃんはピアノを独学で始めていて、その成果を聞かせてくれました。
僕は僕で、最近始めた独楽回しの技を披露しました。
お互いにこの半年間の成長の見せ合いっこです。
で、深夜までファミレスで語らって就寝。

P3104779_R.jpg
翌朝。
みっちゃんには薪割りをしてもらうつもりでしたが、一晩降り続いた雪のお陰で薪割場はこのような状態。
流石にこの状態では薪割りは無理です。
天気はいいので、水がはけるまで違う作業をします。

P3104780_R.jpg
それがこの桟積みで使った屋根の解体。
もう4年も前に作ったものです。
用済みとなったので解体し、木部は燃料にし、トタンはリサイクルに出します。
雪は積もっていますが少しですし、ぬかるんでいるわけでもないので大丈夫でしょう。

P3104781_R.jpg
石頭で釘を外し。

P3104783_R.jpg
トタンを折りたたみます。
屋根は全部で4枚あります。

ちなみにみっちゃん、信じられないくらいの薄着で作業しています。
「脂肪があるから寒くない」らしいです(笑)

P3104784_R.jpg
みっちゃんにやってもらっている間に、僕は別の作業を。

P3104785_R.jpg
三脚ヘッドを組み立てまして。

P3104786_R.jpg
この石を撤去します。
この石、畑拡張予定地の端にあって、ギリギリ邪魔なのです。
この場所を埋め戻すときに、後で引っ張れるようにロープだけはかけておきました。
それをひっぱります。

P3104787_R.jpg
めちゃくちゃ重い石もレバーホイストを使えばあれよあれよと言う間に持ち上がります。
で、移動させながら。

P3104789_R.jpg
一輪車に着地させます。
一輪車で岩を運ぶのは一人ではちょっとした段差にも引っ掛かって大変ですが、2人ならば割りと楽でどうにかなります。

P3104791_R.jpg
運ぶ先はこちら。
敷地の隅ですが、今までの教訓で雑草だらけにならないように余っていた防草シートを敷きました。
これ、ちょっとしたことですが大切です。

P3104792_R.jpg
で。

P3104793_R.jpg
この嬉しそうな顔!!

P3104794_R.jpg
一丁上がり☆

P3104795_R.jpg
こんな風になりました。

P3104796_R.jpg
そしてそのすぐ隣には今まで集めてきた石が積んであります。
ここは夏には雑草だらけになって大変なのです。

P3104797_R.jpg
なので撤去。

P3104798_R.jpg
防草シートの上に積みなおしました。
ちょっと防草シートの面積が足りなくて、目一杯積んでしまったので、どの道この石山の周辺は雑草だらけになるでしょうが、それでも防草シートがあるのとないのとではだいぶ違うと思います。

午前中の作業はここまでとしました。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



敷地の廃材片付けに区切りをつけたい(2018年2月28日) - 2018.03.07 Wed

2月28日の作業です。
前日に引き続き、電動工具が入院中なので、大工仕事以外を優先的に片付けていきます。

P2284694_R.jpg

P2284695_R.jpg
うーん。
庭の廃材でも片付けるか。

まだまだすごい量の廃材。
幸い、ほとんどが軒下に入っているので、腐朽は少なそうです。

邪魔だよな、これ。
しかも今年の秋くらいには外壁の左官作業も終わらせたいから、そのときにはとても邪魔になると思う。
片付けましょか。
今やらないと、また雑草だらけになるのは目に見えていますし。

P2284696_R.jpg

P2284697_R.jpg

P2284698_R.jpg

P2284699_R.jpg
あとは草むらのほうに隠れてまだこれだけたくさんの廃材が。

P2284700_R.jpg

P2284701_R.jpg
草むらから廃材を引っ張り出しましたが、途中で諦めました。
なんかこれ、重すぎます。
しかもいちいち蔓に絡め取られているので、引っ張り出すのにすごい労力。
草むらのほうに手を出していたらきっと終わらないので、それ以外の部分に集中することにしました。

P2284702_R.jpg
まあつまりは、こういう軒下の廃材です。

P2284703_R.jpg
広いほうに放り投げまして。

P2284704_R.jpg
40センチにチェーンソーで切っていきます。
そして薪小屋のほうに運んでいきます。

P2284705_R.jpg
この日作業しているあたりを、遠景から。

P2284706_R.jpg
ここに埋まっているのは、母屋のよろび起こしで引っ張ったときの支え材です。
もう4年も前のことですが、まだ埋まっています(笑)
これも引っ張り出して、燃料にします。

P2284707_R.jpg

P2284708_R.jpg
細いものは40センチに切っただけで薪になります。

P2284711_R.jpg
太いものは積み上げておいて、後日に割ります。

P2284710_R.jpg
この辺とか。

P2284712_R.jpg
この辺とか片付けて。

P2284713_R.jpg
こいつら。

P2284714_R.jpg

P2284715_R.jpg
午後4時の写真。

すんません。
この日は暗くなってからもヘッドランプを使いながら作業したので、作業終了時の写真がありません。
今写っているような廃材は大体片付けることができました。

さて。
これで廃材片付けはいったん区切りをつけるか。
あるいは、もう1日やるか。
それは電動工具の修理状況と、今週末の天気しだいです。
電動工具が帰ってこなくて、今週末土曜日が晴れていればもう1日やっていよいよ区切りにします。

今のところは雪の予報なんですよね・・・。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

野人

Author:野人
こんにちは。
野人っていいます。
前職はラーメン屋台を経営していました。

伊那谷にて2012年暮れに築150年の古民家を購入し、3年4ヶ月かけて最低限の面積を再生して、2016年3月末に移住しました。
全ての再生は10年計画なので、まだまだ続きます。

もちろんプロの方々にもお世話になりますが、お金があまり無いので、なるべく低予算と自力での再生を頑張っています。

ブログの記事数は膨大なので、手っ取り早く内容を知りたいという方はこちらのスライドショーをご覧ください。
ブログの内容を25分に凝縮しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZpFnv9gLmJM

自分が古民家再生をする上で、他の人のブログを参考にしたり、あるいはHPから知識を得たり、ネット社会には本当にお世話になっています。
なので、自分自身も再生の過程を発信することで、少しでもネット社会から与えてもらったものに対して恩返しできればと思っています。

皆様からいただけるコメントに励まされ、またブログを通じて広がってゆく人の輪がとても楽しみです。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にお使いください♪

ご用件のある方は
zenhankai@yahoo.co.jp
あるいは
090-1707-2071
までどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
7位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カウンター2(仮?)

カウンター3(仮?)

現在の閲覧者数:

カテゴリ

なぜ古民家なのか? (23)
購入前の話 (58)
古民家探し (18)
参考にしたもの (25)
購入前の検証 (9)
売買交渉 (6)
古民家再生の方法論 (46)
屋根について (13)
基礎・土台について (9)
再生工程 (1135)
ゴミ片付け (61)
庭・敷地・開拓 (61)
住宅設備 (17)
薪ストーブ (68)
解体 (84)
電気工事 (32)
躯体の補強 (78)
土壁の下地 (112)
蔵 (14)
木材 (12)
建具 (82)
屋根 (72)
壁塗り (93)
その他の工程 (82)
床 (121)
配管 (4)
天井 (108)
土壁以外の壁 (22)
漆塗り (12)
再生計画の全体像 (96)
予算・資金 (29)
おさらい (27)
設計 (8)
WEB内覧会 (6)
ビフォーアフター (10)
派生した話 (86)
旧宅(借家) (10)
道具の話 (30)
スズメバチ駆除 (7)
ブログ運営 (13)
ボクサー骨折 (9)
取材 (17)
古民家暮らし (225)
移住 (5)
家庭菜園 (144)
薪作り (54)
家族の話 (103)
食生活 (42)
個人的なこと (46)
ラーメン (11)
全半会 (31)
住宅考・生活考 (37)
その他 (64)
未分類 (3)
生活の道具 (6)
井戸小屋の再生 (23)
キノコ栽培 (2)
温水システム (0)
給湯システム (36)
薪小屋作り (37)
小説 (1)
講師 (10)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR