topimage

2018-06

2017年の会計報告 - 2018.04.02 Mon

昨日の記事で辰の部屋が終わりましたので、ここで一旦区切って、遅れに遅れている2017年の会計報告をします。
前回の会計報告は2017年2月3日でしたので、そこから2017年末までのものです。

といっても、あまり大きな動きはありません。
2017年2月~12月にやった事と言えば。
・ウッドボイラー作り(別予算)
・太陽熱温水器(別予算)
・薪小屋作り(別予算)
・薪作り
・寅の部屋の床と天井再生
・卯の部屋・寅の部屋のサッシ下地作り
・大斑直し~中塗り仕上げ

という感じで、施工内容は多いのですが、古民家再生本編とは別予算のものが多かったためです。
そのため、古民家再生の予算としてはあまり大きな動きにはなりませんでした。
それでは報告します。

雑費20171231_R
雑費です。
特筆すべきものは余りありません。
強いて言えば投光機とスタンドを買った事でしょうか。

古民家再生5年目にしてようやくちゃんとした投光機とスタンドを買いました。
それまではヘボイので誤魔化したり、ヘッドランプに頼ったり・・・。
いや、最近はLEDが安くなって、いいのがでてきたんですよ・・・。

床20171231_R
床も、まあ、こんなもの。
残りは3部屋で、ミラフォームをもう30枚くらいと、合板をもう10枚くらい。
鋼製束とブロックも少々。
少し予算オーバーすると思います。

壁・天井20171231_R
続いて壁と天井。
壁は2トン分の中塗り土を買いましたが、まだ足りず。
次回は4トン買って、それで足りるかどうかというところです。
天井板はもう3部屋分、17束。
予算的にはここも少しだけオーバーしそうです。

全体予算20171231_R
最後に予算の全体像。
前述のように床と壁と天井は予算を少しオーバーしそう。
雑費も最近の記事で書いたとおり、丸鋸とインパクトドライバを買い換えたから、オーバーしそう。
サッシは予算内で収まりそうだけれども、そういえば襖も6枚買わないといけない事を思い出した(汗)
予備費は13万円あるけれども、納まるかなあ・・・?

という感じです。
100パーセントの施主施工なので材料費は知れているのですが、それでもサッシや建具や畳のように、どうしてもお金がかかってしまう部分があります。

残り5部屋を年内に一気に完成させようという魂胆なので、多少の出費は覚悟で取り組んでいきます。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



スポンサーサイト

第2期の予算・2017年2月3日まで - 2017.02.03 Fri

昨日の記事の続きです。

我が古民家再生は移住を終えて第2期に入りました。
第2期に入ったという都合のいい解釈で、追加予算です(笑)
本当なら全部含めて3000万円で収めるのが筋でしょうがね・・・。

まあ、その辺は現実路線でいきましょう・・・。

予算20170203
で、昨日も紹介しました第2期の予算です。
200万円追加しまして、あと5部屋(+未完成の納戸2部屋)の床・天井・壁・サッシ・畳を作って再生します。

青字が今回の追加予算で増額した項目です。

昨日の記事よりもう少し詳しく説明します。

5部屋のうち、床組みからすべて作らなければならないのが2部屋。
あとの3部屋は床組みが一応温存できているので、それを補強しながら作り直すだけでよさそうです。
5部屋とも床組みを作る際に、ついでに断熱材の施工もしていきます。
床用の断熱材が6万円くらいになる予定で、あとは床下地の費用です。

天井は5部屋のうち3部屋はありますが、どれも傷みが見られるので5部屋とも新たな天井板を張りなおします。
天井が失われている2部屋については天井組みから作り直さなければなりません。
これも5部屋とも断熱材を施工します。
天井板だけで20万円分くらいのはずです。
断熱材も5万円分くらい。

壁はどこもすでに荒壁までは施工されているので、そこからの大斑直しと中塗り仕上げをします。
中塗り土はあと4トンくらい買い足す必要がありそうで、その分の費用が6万円か、それ以上かかりそうです。

あとは畳代とサッシ代はそれぞれ業者さんにお願いするので、施主施工の古民家再生といえどなかなか削れない部分です。

さて、それでは移住後の10ヶ月間で使った費用を報告します。

と、思ったのですが。
実は自分も張り切って計算しようと思ったのですが、実はほとんど費用を使っていないことに気づきました。
というのもブログ読者さんはご存知のとおり、移住後の僕はずっと廃材片付け(薪作り)と家庭菜園ばかりやってきましたから。

古民家再生本編を再開したのはごく最近で(ブログ記事はそこまで到達していません)、古民家再生の費用を使っていないのも当然なのです。

だから、今回は結構肩透かしです(汗)

少ないですが、一応見てきます。

雑費20170203
雑費です。
あー。
床作りが始まったんだなあ。
って感じですね。

電気工事20170203
電気工事。
ごくありきたりな材料のみ。

以上です。

昨日報告しましたような、移住前の怒涛の期間に比べるとあまりにも平和な10ヶ月間でした(笑)

予算201702031
というわけで、全体予算。
青字がこの10ヶ月間で使った項目です。

はい。
以上です。

まあでも、これから再生工事もどんどん再開していくし、報告内容が少ないとはいえたまには報告しないと領収書もどんどんとかこのものになってしまうので、たまには報告します。

さて。
明日からは再生工事の内容をぼちぼち書いていきましょうかね。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



移住までの費用・集計が完了 - 2017.02.02 Thu

今日と明日はちょっとつまんない、お金の話です。
あ、でも中野さんのようにこれから古民家再生をする人にとっては気になる部分かな。
我が家はガラス張りの明朗報告ですから。

最初に断って置きますと、今日の報告は2016年3月31日の移住時点までのものです。
もう10ヶ月も前の報告です。
なぜこんなにも報告が遅れてしまったかといいますと・・・、実は設備屋さんの請求が11月になってやっと来たからです(半年遅れ)。
何度か催促したのですが、物凄く請求が遅れました。

で、僕も請求が出揃ってないことを言い訳に、面倒な会計をサボってきたのです(笑)
ちょうど引越し後はばたばたしているのもあったので。
それが11月にようやく請求が来まして、支払いまして、年末年始のバタバタを乗り越えて、ようやく最近計算が終わりました。
本当にあちこちの領収書をかき集めながら(笑)

では、報告をしましょう。
まずは項目別に、雑費から。

雑費20160331_1
雑費20160331_2
雑費20160331_3
雑費20160331_4
雑費20160331_5
いかに移住前の4ヶ月間にバタバタと工事をしたかが窺い知れる雑費ですね(笑)
塵も積もって、予算でありました70万円を20万円近くオーバーしています。

壁天井20160331
続いて壁天井。
張り替える予定が無かった天井板をすべて張り替えているので、その分が予算オーバーしています。
まあでも、天井は住んでから気になって張り替えるのは大変すぎるので、後悔はしていません。
綺麗な天井板にとても満足しています。

薪ストーブ20160331
薪ストーブはほぼ予算どおり。
これで会計を閉じます。

床20160331
床も贅沢しました。
庭木で作ったサワラ材フローリングを貼るつもりが、強度のことを考えて新たに赤松のフローリング材を購入。
しかもすべてに、贅沢にも漆を塗りました。
なので、予算オーバーは仕方ありません。
これも後悔していません。
漆は最高です!!

サッシ20160331
サッシは、新たに入れたサッシが4箇所。
まあ、予定通り。

電気工事20160331_1
電気工事20160331_2
電気工事です。
迷った挙句に照明はすべてLEDに統一したのでイニシャルコストがめちゃくちゃ高くなりました。
でもこれはランニングコストで長期的には吸収できるはずです。
虫の来ないLEDは大正解でした。

という、数々の贅沢な選択の結果、予算オーバーした箇所がいくつもあります。
せっかくのマイホームなので、贅沢やこだわりも大切ですよ。

全体予算20160331
それでは全体予算です。
先ほど詳細を報告したもの以外にも、トイレ・風呂・上下水道・畳の部分で予算を使いました。
どれも予定通りといったところです。
システムキッチンは一番大きなサイズにしたし、食洗機も入れたから、ちょっと贅沢しました。
4つもの項目ですでに予算オーバーしていて、予備費さえも-50万円ほどになっています。

さて、これからどうするかですが。
まずは、使い終わった項目の会計を閉じて、残金を予備費のマイナス分と相殺します。

全体予算(改)20160331
こうなりました。
青字の部分、トップライト・風呂・トイレ・上下水道・薪ストーブ・厨房はすでにこれ以上動かないので、残金を0にして吸収しました。
それでもまだ予備費はマイナスのままです。
仕方ありません。

ここでいったん閉じます。

ここまでが、僕が3年3ヶ月の古民家再生を行って、移住にこぎつけたところまでの費用です。
3000万円の予算のつもりが、実際には少しオーバーして30,361,037円かかりました。
約36万円の予算オーバーです。

このオーバーした36万円は贅沢した部分。
つまりは天井板の張替え、赤松の床材、漆、食洗機です。
ギリギリまで迷って、予算よりも満足度を優先しました。

まあでも、今回の古民家再生の遠大な計画を考えると、たった1%の誤差で収まったのは上出来ではないかと考えます。

2012年12月に始まった今回の古民家再生。
工期は2016年3月末まで(3年3ヶ月間)、予算は3000万円。
この遠大な計画が、ちゃんと計画通りの時期に移住でき、費用も1%の誤差で収まったことはかなり上出来です。


自分で自分を褒めてあげたいです。
ぱちぱちぱち。
古民家再生の工程とかは今までのブログでお伝えしたとおりですが、これでやっと費用も含めて、移住にいたるまでの部分を報告できました。

さて、それで、当然ながら古民家再生はまだまだ続いています。
予算の3000万円は終わりましたけど(汗)
古民家再生を続けるためには、予算オーバーのままではなく、追加予算を作るべきでしょう。

というわけで作りました。

全体予算(第2期)20160331
題して、古民家再生予算第2期です。

どこまでやる予算かといいますと、あと5部屋。
母屋の部屋全部を再生します。
そのために予算を200万円増額します。

具体的には、床張り・壁・天井・雑費・サッシの項目で予算を増やします。
予備費を13万円残しながら、これでギリギリだけれどもやっていけるかな?

まだ結構お金がかかりそうです。
残り5部屋も天井が無かったり、天井板が傷んでいたりするので、すべて買わなければなりません。
床も腐って失われている部分は床組みからすべて作らなければなりません。
床も天井も、断熱材はお金がかかります。
壁も中塗り土をもう4トンくらいは購入する必要があります。
畳もサッシもお金がかかります。
やっぱり、セルフでやるとしてもまだまだお金がかかりますね。

明日の記事では、第2期の予算について、すでに使っている部分まで報告します。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



予算状況(2015年12月2日) - 2015.12.03 Thu

唐突ですが、久々に予算の話です。
移住まであと4ヶ月を切りまして、予算関係も大詰めですね。
ここから残りの予算をぐいぐい使っていく感じです。

雑費20151202_1
雑費20151202_2
まずは雑費から。
床の施工に使ったウレタンフォームが地味にお金がかかってます。
なんだかんだで1万円近く使っている気がします。

電気カンナと手鉋は最近買いました。
これはまた近々の記事にすると思います。

あと、地味だけれども買ってよかったのが充電池。
古民家は暗いです。
作業の際は投光機をバンバン使ってもいいのですが、なにせ古民家は広いので、ヘッドランプがメインになります。
今までは単四電池をたくさん使っていましたが、お金もかかるし、ゴミも出るし、あと、弱った乾電池を我慢して使い切ると明かりが弱くなってやりづらいし。
という、不便をたくさん抱えていました。
イニシャルコストは多少かかりますが、充電地にして本当に良かったです。

基礎20151202
基礎はブロックのみ。
これもそろそろ閉じてもいいくらいですね。

トップライト20151202
トップライトはとりあえず洗面所のほうは終わりました。
アクリル板は居間の分も買ってあって、居間の方はべベルボードを16枚使う勘定です。
ということは、6万円くらい余りますね。

薪ストーブ20151202
薪ストーブは炉代用の鉄平石を買って、いろいろとお金も動きました。
近々鉄平石の施工もします。
で、本体を買って、煙突工事の続きをお願いして。
いくらかは余ります。
あと、嬉しい秘策もあるのです。

電気工事20151202
電気工事も材料代が色々とかかっています。
ここに、電気屋さんにお願いした本線接続工事費が5万円くらいかかって、それくらいかな。
10万円くらい余ったらいいな。
普通の住宅ならここから照明代がたくさんかかるのでしょうが、我が古民家の場合は裸電球を多用するので、その心配は無さそうです。

壁・天井20151202
壁は中塗り土が高かったです。
あ、天井材の請求も来ていませんが、えーと8万円くらいのはず。

全体予算20151202
ということで、全体予算。
金額が動いたところは青字になっています(サッシの項は除く)。
あ、そうそう、単独の支出だったのでここで述べますが、ユニットバス代は既に支払って計上してあります。

未執行の予算が2,576,660円。
これだけの金額をあと4ヶ月で使い切ります。

雑費は10万円増額しました。

予備費は-50万円くらい。
諸々の余剰金で消化したいところですが、どうでしょうか・・・?
余剰金が生まれそうなのは風呂トイレ・基礎・薪ストーブ・電気工事・トップライト。

逆に予算オーバーしそうなのが、床貼り・壁天井・厨房。
ああ、台所用の給湯器も買わないと・・・。

相変わらずお金も工期も心配は尽きません。

まあ、ここまで来たら何より3月の移住に間に合うことが大切なので、お金の件は多少目を瞑りながらやっていきます。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



予算状況(2015年7月24日) - 2015.07.24 Fri

久々に予算状況の報告です。
本当に久々。
前回はというと、2014年12月29日!!
7ヶ月くらいも放置していました!!

というのも、職人さんに払う人工が無くなって、お金の動きも少なくなったからなんですね。
計算してみると、7ヶ月間放置してもその間に使ったお金はたったの36万円です。
いやいや。
大金なのですが。
それでも職人さんの1ヶ月間の人工代に比べたら少ないものです。

ということで、以前のように頻繁に報告する必要もなくなったのですが、このあたりでまとめて行こうと思います。
あまり放置するのも、自分自身としても怖いですから。
手元に領収書ばかり溜まっていきますし(笑)

サッシ20150724
まずはサッシから。
トイレ用とお風呂用の2枚を買いました。
まだまだ全体量から見ると序の口です。

基礎20150724
コンクリートは久々にお金が動いています。
ユニットバスの基礎用とあとは束石のためのコンクリートです。

床20150724
床貼り工事が始まって、この予算も動き始めました。
既に材料を買った段階でそこを尽きそうです(汗)

畳部分の材料はほとんど取ってあるので・・・。
それらが上手く使えればこれ以上の予算は必要ないのですけれどね。
ただ、畳部分の床下地が腐っていて処分した場所もあったので。
まだ材料を買う必要が出てきそうです。

電気20150724
電気工事のお金も動き始めました。
これは材料費は余りかかりません。
電気屋さんにやってもらわないといけない部分があるので、その分の作業代と、後は照明ですね。
先行きは不透明です。

壁・天井20150724
壁・天井も不透明。
というか、なぜこの二つが同じ区分にあるのかも不明(笑)
壁代はあと5万円くらい?
残りで天井が出来るか・・・?

雑費20150724_1
雑費20150724_2
雑費も順調に使っています。
こればかりは本当に必要なものばかりなので、仕方ありません。
ビスを買ったり。
ドリルビットも何回も折れるから、その出費もバカにならないんだよな・・・。

全体20150724
というわけで、全体予算です。

問題点は山積みですね。
予備費はマイナスのままだし。
雑費もオーバーしてるし。
厨房・トイレ風呂・サッシ・畳・・・。
どれも予算ギリギリか、多少オーバーしそうです。
あ、ボイラーも計上してないや・・・。

ただ、前述のように人工代に比べたら材料費なんて知れていますし、ここでケチって後で後悔するのも嫌なんですよね。
予算の増額も視野に入れるか・・・。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

野人

Author:野人
こんにちは。
野人っていいます。
前職はラーメン屋台を経営していました。

伊那谷にて2012年暮れに築150年の古民家を購入し、3年4ヶ月かけて最低限の面積を再生して、2016年3月末に移住しました。
全ての再生は10年計画なので、まだまだ続きます。

もちろんプロの方々にもお世話になりますが、お金があまり無いので、なるべく低予算と自力での再生を頑張っています。

ブログの記事数は膨大なので、手っ取り早く内容を知りたいという方はこちらのスライドショーをご覧ください。
ブログの内容を25分に凝縮しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZpFnv9gLmJM

自分が古民家再生をする上で、他の人のブログを参考にしたり、あるいはHPから知識を得たり、ネット社会には本当にお世話になっています。
なので、自分自身も再生の過程を発信することで、少しでもネット社会から与えてもらったものに対して恩返しできればと思っています。

皆様からいただけるコメントに励まされ、またブログを通じて広がってゆく人の輪がとても楽しみです。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にお使いください♪

ご用件のある方は
zenhankai@yahoo.co.jp
あるいは
090-1707-2071
までどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
7位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カウンター2(仮?)

カウンター3(仮?)

現在の閲覧者数:

カテゴリ

なぜ古民家なのか? (23)
購入前の話 (58)
古民家探し (18)
参考にしたもの (25)
購入前の検証 (9)
売買交渉 (6)
古民家再生の方法論 (46)
屋根について (13)
基礎・土台について (9)
再生工程 (1135)
ゴミ片付け (61)
庭・敷地・開拓 (61)
住宅設備 (17)
薪ストーブ (68)
解体 (84)
電気工事 (32)
躯体の補強 (78)
土壁の下地 (112)
蔵 (14)
木材 (12)
建具 (82)
屋根 (72)
壁塗り (93)
その他の工程 (82)
床 (121)
配管 (4)
天井 (108)
土壁以外の壁 (22)
漆塗り (12)
再生計画の全体像 (96)
予算・資金 (29)
おさらい (27)
設計 (8)
WEB内覧会 (6)
ビフォーアフター (10)
派生した話 (86)
旧宅(借家) (10)
道具の話 (30)
スズメバチ駆除 (7)
ブログ運営 (13)
ボクサー骨折 (9)
取材 (17)
古民家暮らし (225)
移住 (5)
家庭菜園 (144)
薪作り (54)
家族の話 (103)
食生活 (42)
個人的なこと (46)
ラーメン (11)
全半会 (31)
住宅考・生活考 (37)
その他 (64)
未分類 (3)
生活の道具 (6)
井戸小屋の再生 (23)
キノコ栽培 (2)
温水システム (0)
給湯システム (36)
薪小屋作り (37)
小説 (1)
講師 (10)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR