FC2ブログ
topimage

2019-03

春の畑が始まる(2019年3月9日) - 2019.03.23 Sat

3月9日の作業です。
この日は一日中春の陽気で気持ちよかったです。

P3090845_R1.jpg
まず始めたのは春の畑のお世話。
長かった冬がやっと終わりで、春の畑を始めなければなりません。

こちらは越冬した豆類。
2年連続で失敗しまして、生存率が低かったのですが、今年は不織布をベタ掛けしておいたので、ほとんどが生存しています。
ソラマメだけ生存率がまだ低いというか、発芽不良を起こしているんだよな・・・。

ともあれ、5月くらいから豆類の収穫が始まりそうです♪

P3090846_R1.jpg
こちらも越冬のクキタチナ・かき菜・ユキナ・折菜。
どれもいわゆる菜花です。
同じようなものを4種類も栽培しているのは意味不明ですが、あれこれ試してみて、我が家の気候風土に合っている種類を探そうという魂胆です。
いつも魂胆だけは立派で、途中で挫折します(笑)

寒さに当たって枯れた葉っぱが多数あるので、取り除きます。

P3090847_R1.jpg
アフター。

P3090848_R1.jpg
取り除いた葉っぱだけでこんなにあります。

P3090849_R1.jpg
越冬したキャベツ・白菜・水菜もじきに搭立ちして、菜花として食べられるでしょう。
キャベツも白菜も3年連続の失敗です。
秋の育苗が遅れて、生育が遅れるせいです。
お盆が終わったらすぐに種まきしないと間に合わないという教訓を得ました。

P3090850_R1.jpg
畑をずいぶんと拡張したので入りきらないけれども、全景。
5メートルの畝が9本あります。

P3090851_R1.jpg
雑草も生えてきているので、除草を始めていきます。
今年は畑にも少しは手間を掛けたいところです。

P3090852_R1.jpg
続いてこちらも越冬のイチゴ。
鶏糞を撒いてからマルチを被せました。
ちょっと元気のない株がいくつかあるのが気になります・・・。
マルチを張ることで、生育がよくなるといいのですが。

P3090855_R1.jpg
チビたちも外に出てきて遊び始めました。
これ、お寿司だそうです。

P3090856_R1.jpg
あと、気が付いたらこんなことも。
ドーナツを作っていました。
ミスドのゴールデンチョコレートっぽいですね(笑)

畑作業は少しだけのつもりでしたが、ついついとまらずに午前中いっぱいやってしまいました。
いったん切ります。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



関連記事
スポンサーサイト

壊してしまった建具を補修する(2019年3月3日) - 2019.03.21 Thu

前回の記事の続きで、卯の部屋の仕上げをしていきます。
建具の調整に続いて、建具の補修を。

P3030808_R1.jpg
こちらは1年前に不注意で壊してしまった建具。
天井を解体していて、何か重いものを上から落としたら、それがバウンドして壊してしまいました。
デストロイーです。
ティッシュで包まって、養生テープで止められているのは壊れた破片の方。
かれこれ1年くらい経って、やっと補修です。

P3030809_R1.jpg
うーん。
まあ、仕方のないことですが、やっぱり桟の接合点で折れているんですよね。
補修は大変です。

P3030810_R1.jpg
こちらが破片の方。

P3030811_R1.jpg
地道にですね、瞬間接着剤を塗って、クリップで固定していきます。
このタイプのクリップは、ちょうど桟の太さに合っているので使いやすいです。

P3030813_R1.jpg
一応は補修完了。
まったく、不注意で・・・。
注意1秒、補修1時間という感じですが、きれいになんて補修できないので、本当、建具は大切に扱うに越したことはありません。

P3030814_R1.jpg
遠景から。
後日には掃除したり、障子を張り替えたりします。

P3030815_R1.jpg
続いてこちらの小壁。

P3030816_R1.jpg
この貫と天井との間。
ここが鏝が入らずに、きれいに塗れなかった部分です。

P3030817_R1.jpg

P3030818_R1.jpg

P3030819_R1.jpg
いろいろと考えた挙句に、きれいに塗ることは諦めて、古色和紙で目張りすることにしました。

P3030820_R1.jpg
目張り後。

P3030822_R1.jpg
近くから。
古色和紙は残量でギリギリ足りました。
しかし、目張りするには距離が長く、厄介な作業となりました。
やっていて気づいたのは、「これって、目張りするよりも、適当な部材を打ちつけたほうが楽じゃない??」ってこと。
しかしそんなのは後の祭り。
アフター・ザ・フェスティバルだったので却下。

P3030823_R1.jpg
最後に、畑に行ってタアサイの収穫。
越冬して、ずいぶんと苦労しているタアサイです。
半分くらい枯れていますが、食べられるところだけでも食べましょう。

P3030824_R1.jpg
収穫して、チョキチョキと枯れた部分をはさみでカットすると、なんか食べられそうな気がしてきました。

炒め物にしましたが、少し苦かったです。
アブラナ科は寒さに当たると甘くなるイメージですが、例外もあるようです。
まあ、美味しくいただきましたけれどもね☆



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



関連記事

卯の部屋の障子を調整する(2019年3月3日) - 2019.03.19 Tue

前回の記事の続きです。
3月3日のことなのですが、予報どおり午後からは雨でした。
午前中いっぱいは外作業ができまして、午後からは大人しく屋内の作業をします。

古民家平面図0046
やるのは完成間近の卯の部屋。

P3030795_R1.jpg
雨の日にしか進めない作業なのであまり進まないのですが、既に掃除までは終わっています。

P3030796_R1.jpg
続いてやるべきは建具の調整。
ここの障子ですね。

P3030797_R1.jpg
物置に保管してあったものを使います。

ああ、でも、やだ。
気が乗らない。
というのも、午前中いっぱいやっていた、廃材をチェーンソーでぶった切る作業。
そして午後からの、建具の調整作業。
作業内容がまったく違います。

チェーンソーでぶった切るなんで、めちゃくちゃアバウト。
に対して、建具の調整は0.5mm単位の精度が必要になります。
結構厳しいです。

が、文句も言っていられないし、代わりにやってくれる小人さんもいないので、やるしかありません。

P3030798_R1.jpg
とりあえず、ほんの少し長すぎて入らないので、切ります。
2mmくらい。

P3030799_R1.jpg
で、入りました。

P3030800_R1.jpg
今度は傾き。
ここは本職の大工さんに入れてもらった柱のはずですが、なぜか傾いています。
ここで15mmくらい。

ギリギリ矯正できるか??

というのも、この建具の下端を斜めに切って調整する方法では、調整できる幅に限界があるのです。

P3030801_R1.jpg
2枚とも0.5mm単位で、細心の注意を払って切断し、入りました。

P3030802_R1.jpg
今度は上が足りなくなった場所が部分的にあるので、切り捨てた端材をくっつけておきます。

P3030803_R1.jpg
これで完了。

P3030804_R1.jpg
結果、隙間はほぼなくなりました。

最終的に残った隙間は1mm以下。
しかも部分的に。
これは調整というよりも、木の反り曲がり捻れによるものなので、仕方ありません。

嫌だった難作業をどうにか終えて、次の工程に入ります。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



関連記事

廃材の片付け(2019年3月2・3日) - 2019.03.17 Sun

3月2日は夕方から少し作業できました。

P3020765_R.jpg
相変わらず廃材(?)からの薪作りです。

P3020766_R.jpg
全景。

P3020767_R.jpg
奥にあった廃材の山から引っ張り出してきた廃材。
おかげで奥がすっきりと片付いています。

P3020768_R.jpg
主に蔵の廃材なので、板壁を連結する金物があったり。

P3020769_R.jpg
家尻切り返しがあったり。

P3020770_R.jpg
まあ、いろいろです。

P3030771_R.jpg
翌朝。
あれこれ片付いたので見晴らしがよくなってきました。
道路からも我が家が見えやすくなりました。

P3030772_R.jpg

P3030773_R.jpg

P3030774_R.jpg
金物を取り外した廃材を切ってきます。
ボロボロだなあ。
何せ解体後丸5年間も放置されていた廃材ですから。

P3030775_R.jpg
ふと見ると、梅の花が咲いています。

P3030776_R.jpg

P3030777_R1.jpg
まだほんの数個。
でも、いつもはもっと満開になってから気づくので、外作業の日々のおかげで早くに気づけてよかったです。
もうすこし、こういう季節の変化に気づける余裕のある生活がしたいものです。

P3030778_R.jpg
とりあえずはひたすら、金物を抜いて、切っての繰り返しで片付けていきました。

P3030779_R.jpg
何じゃこりゃ??
さすがに抜くのは面倒くさいので、1メートルに切ってウッドボイラーの燃料にします。

P3030783_R1.jpg
とりあえずこんだけ切りました。

P3030784_R1.jpg
それを、どんどんと割って、左側の山。

この時点で午前中の作業はおしまい。
予報どおり、雨が降ってきました。
作業日の雨は恨めしいのですが、午前中いっぱいはもってくれて助かりました。
午後からは大人しく屋内の作業をします。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ




関連記事

割りにくい薪たち(2019年2月27日) - 2019.03.14 Thu

2月27日の作業です。
仕事を早めにあがって、夕方から作業できました。
少しでも進めることにします。

全快の記事で紹介しました、敷地の隅に積んであった木を片付ける作業です。

P2270700_R.jpg
全景。

P2270701_R.jpg
これら、切ればすぐに燃料化できるものもあり。

P2270702_R.jpg
あと、前回の作業では日暮れまで太いものを切り続けていたのでした。
こいつらがまた厄介で。

木の根元というか、股というか、瘤というか、そういう部分の玉が多いのです。
まあ、そういう部分だからこそ、すぐには薪にせずに、敷地内に放置してあるのでしょうけれども。

P2270703_R.jpg
割れない薪については皆さんそれぞれの対処があるのでしょうが、今回はチェーンソーで強引に切り分けました。
たいした量でなければこれでもいいと思います。
ただ、こういうまたの部分とかは石を巻き込んでいることがあり、歯がダメになるリスクのために放棄する人が多いのかもしれません。

P2270704_R.jpg
さて、もうひとつの問題が。
かなり大きく作って余裕があるはずの我が家の薪小屋ですが、今だけはあれこれで満載です。
半分のスペースにやたらと嵩張る剪定枝(ウッドボイラー用の燃料)を積んであるからです。
だから、現状では新しく作った薪を置くスペースがありません。

P2270705_R.jpg
ということで、あれこれ動かして、この一番前の列に新しく作った薪を積むスペースを確保しました。
剪定枝のおかげでで、こういうやりくりも必要です。

P2270706_R.jpg
結局この日の2時間半の作業でできた薪は、この一輪車いっぱいと。

P2270707_R.jpg
あとはこれだけ。

薪割って、本当はもっとサクサク進むんですよ。
ただ、今回は割りづらい薪を地道に切ったり、あれこれで進みが悪かったです。

生産効率は悪いですが、敷地を片付けるためには仕方ありません。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ




関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

野人

Author:野人
こんにちは。
野人っていいます。
前職はラーメン屋台を経営していました。

伊那谷にて2012年暮れに築150年の古民家を購入し、3年4ヶ月かけて最低限の面積を再生して、2016年3月末に移住しました。
全ての再生は10年計画なので、まだまだ続きます。

もちろんプロの方々にもお世話になりますが、お金があまり無いので、なるべく低予算と自力での再生を頑張っています。

ブログの記事数は膨大なので、手っ取り早く内容を知りたいという方はこちらのスライドショーをご覧ください。
ブログの内容を25分に凝縮しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZpFnv9gLmJM

自分が古民家再生をする上で、他の人のブログを参考にしたり、あるいはHPから知識を得たり、ネット社会には本当にお世話になっています。
なので、自分自身も再生の過程を発信することで、少しでもネット社会から与えてもらったものに対して恩返しできればと思っています。

皆様からいただけるコメントに励まされ、またブログを通じて広がってゆく人の輪がとても楽しみです。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にお使いください♪

ご用件のある方は
zenhankai@yahoo.co.jp
あるいは
090-1707-2071
までどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
7位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カウンター2(仮?)

カウンター3(仮?)

現在の閲覧者数:

カテゴリ

なぜ古民家なのか? (23)
購入前の話 (60)
古民家探し (20)
参考にしたもの (25)
購入前の検証 (9)
売買交渉 (6)
古民家再生の方法論 (47)
屋根について (13)
基礎・土台について (9)
再生工程 (1241)
ゴミ片付け (63)
庭・敷地・開拓 (82)
住宅設備 (17)
薪ストーブ (70)
解体 (84)
電気工事 (32)
躯体の補強 (78)
土壁の下地 (112)
蔵 (14)
木材 (13)
建具 (90)
屋根 (72)
壁塗り (143)
その他の工程 (96)
床 (125)
配管 (4)
天井 (109)
土壁以外の壁 (22)
漆塗り (15)
再生計画の全体像 (107)
予算・資金 (29)
おさらい (32)
設計 (8)
WEB内覧会 (7)
ビフォーアフター (15)
派生した話 (91)
旧宅(借家) (10)
道具の話 (31)
スズメバチ駆除 (7)
ブログ運営 (17)
ボクサー骨折 (9)
取材 (17)
古民家暮らし (274)
移住 (5)
家庭菜園 (188)
薪作り (56)
家族の話 (114)
食生活 (51)
個人的なこと (59)
ラーメン (11)
全半会 (35)
住宅考・生活考 (38)
その他 (66)
未分類 (5)
生活の道具 (8)
井戸小屋の再生 (23)
キノコ栽培 (3)
温水システム (0)
給湯システム (39)
薪小屋作り (39)
小説 (1)
講師 (20)
三和土 (14)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR