FC2ブログ
topimage

2018-10

寅の部屋のビフォーアフター(後編) - 2018.10.20 Sat

昨日の記事の続きで、寅の部屋のビフォーアフター後編です。
解体が終わって、再生が始まります。

P1170053_R.jpg
2014年1月17日。
添え柱を入れています。

P2231499_R.jpg
2014年2月23日。
ジャッキアップしながらの、再生工事。

P3081780_R.jpg
2014年3月8日。
この部屋は桁まで腐って折れていたので、難工事です。

P4110013_R.jpg
2014年4月11日。
腐っている柱を金輪継ぎで継いでいきます。
奥が寅の部屋。

P1050170_R.jpg
時は流れて、2015年1月5日。
小舞を掻いている最中かな。
寅の部屋は雑然としています。

P2010323_R.jpg
2015年2月1日。
小舞を掻き終わった寅の部屋を外から見た様子。

P4191545_R.jpg
2015年4月19日。
GW作業前で切羽詰って、夜作業。
寅の部屋と辰の部屋を区切る小壁が腐っていることに気づいたので、急遽小舞かき。

P4291635_R.jpg
2015年4月29日。
GW作業直前の小舞掻き。
全半会の由香里さんが手伝ってくれました。

P5230157_R.jpg
2015年5月23日。
GW作業中は忙しかったので、寅の部屋に関する写真はなし。
既に荒壁が塗り終わっています。

そして寅の部屋はこのような荒壁のままで長らく放置されたのです。

P8201878_R.jpg
時は流れて2017年8月20日。
古民家に移住して1年半が経過した頃。
ようやく寅の部屋に取り掛かろうかなという状態になりました。

寅の部屋は見事に、廃材置き場状態。

P8201879_R.jpg
同日。

P8201880_R.jpg
同日。
まずは廃材を退かしていきます。

P8271991_R.jpg
2017年8月27日。
根太まで完了。

P9032087_R.jpg
2017年9月3日。
断熱材まで完了。

P9032088_R.jpg
同日。
別アングルから。

P9032112_R.jpg
同日。
畳下地まで完了。

P9182335_R.jpg
2013年9月18日。
天井作りに取り掛かる。
天井には何もありません。

P9232431_R.jpg
2017年9月23日。
廻り縁まで完了。

P9242440_R.jpg
2017年9月24日。
天井根太まで完了。

P9242466_R.jpg
2017年9月24日。
天井板を貼って、天井が完成。

PB193322_R.jpg
2017年11月19日。
壁の仕上げ塗り中。
これで完成のはずが、色むらが出てしまって、完成はお預けとなったのでした。

P1144052_R.jpg
2018年1月14日。
サッシを入れる。

P7317226_R.jpg
2018年7月31日。
改めて、中塗り仕上げが完了。
武田さん夫妻と一緒にやりました。

P9198712_R.jpg
2018年9月19日。
完成間近のラストスパート。

P9218767_R.jpg
2018年9月21日。
完成となりました。

P9218768_R.jpg

P9218769_R.jpg

P9218770_R.jpg
と、いろんなアングルから。

P2100995_R.jpg
最後の写真は昨日出したこの写真とほとんど同じアングルです。
新たに壁を作り、小壁を作り、建具も取り替えて。
別の部屋のように見えますね。
綺麗になったものです!!



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



関連記事
スポンサーサイト

寅の部屋のビフォーアフター(前編) - 2018.10.19 Fri

昨日に引き続き、今日は寅の部屋のビフォーアフターです。
過去写真を漁っていたら50枚にもなってしまったので、前編後編に分けます。

P2030936_R.jpg
2013年2月3日。
実は寅の部屋は立て付けが悪すぎて、長らく「開かずの間」だったので、購入前の写真はないのです。
ゴミ片付けの最中の、天井付近の写真ですね。

P2030937_R.jpg
同日。
寅の部屋の床付近。

P2100995_R.jpg
2013年2月10日。
床下を確認するために、ためしに床板をはがしています。

・・・。
こんな家を買ったやつは誰だあ?!
って、叫びたくなってしまうくらい、物凄い家ですね。

何でこんな家、買ったんだろう?
当時はなんとも思わなかったのでしょうか?
感覚が狂っていたのかもしれません。

「おらぁワクワクしてきただ」
なんて、能天気なことを考えていたのかもしれません。

今、はっきり言います。
こんな家、買ったら絶対に苦労します。
苦労しました!!(もうすぐ丸6年)

P2100999_R.jpg
同日。
なんでしょうね、この床。
畳?
土?
氷?
多分、畳が腐って、土になりかけたものが凍ったのだと思います。

P2111045_R.jpg
2月11日。
寅の部屋と隣の18畳間の間にあった作り付けの棚。
調味料とか食器とかが満載です。

P2111061_R.jpg
解体。
置くが寅の部屋です。

P2111068_R.jpg
解体後。

P4281733_R.jpg
2013年4月28日。
建具を取っ払いました。
正面が寅の部屋。
奥が辰の部屋。

P4291683_R.jpg
2013年4月29日。
畳の撤去を開始します。

P4291712_R.jpg
同日。
畳をはがし、床板もはがしていく。

P4291728_R.jpg
同日。
床板の撤去が完了。
手前が寅の部屋。

P5041775_R.jpg
2013年5月4日。
床板撤去後の寅の部屋。
根太が歯抜け状態ですね。
抜けているところの根太は腐っていて使い物にならないものです。

P5041776_R.jpg
同日。
炬燵の跡が見えます。

P5041781_R.jpg
2013年5月4日。
GW作業。
助っ人が電気配線の撤去をしてくれました。
奥が寅の部屋。

P5061952_R.jpg
2013年5月6日。
1年目のGW作業が終わり、建具も畳も床も撤去した古民家。
右奥が寅の部屋。
床が残っているところが、昨日紹介した2つの納戸です。

P5111964_R.jpg
2013年5月11日。
再生に先立ってレベルを計りに来たあゆみ大工さん。
右手前が寅の部屋。

という、今日は寅の部屋の再生前~解体までをお送りしました。

それにしても本当に酷い家、酷い部屋です。
何せ寅の部屋は家の中では2番目に雨漏りが酷い部屋でしたから。
よくもまあ、こんな家を購入したものです。
6年前の僕は。

続きはまた明日☆




ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



関連記事

納戸のビフォーアフター - 2018.10.18 Thu

納戸も含めて4部屋が完成しましたので、そのビフォーアフターをお伝えします。
今日はまず、2つの納戸をまとめて。

P1060783_R.jpg
2013年1月6日。
古民家を購入したばかり、再生も始めたばかりの頃。
納戸の一番古い写真です。
このように納戸の限らず、家中どこでも物だらけでありました。

あと、たしか、納戸なのに畳敷きだったと思うのですよ・・・。

P2100997_R.jpg
2013年2月10日。
既に解体してありますが、このようにでかい押入れのようなものが後付されていました。
今思えば、2つの納戸はこの押入れによって分断されていたのでした。

P2161121_R.jpg
2013年2月16日。
大学の後輩の前枝君がやってきて、一緒に作業。
さっきの押入れを解体。

P2171137_R.jpg
203年2月17日。
家中にたくさんの神棚がありましたが、特にこの納戸には集中していました。

P2171138_R.jpg
同日。
棚の中も物だらけの様子。
ひたすらゴミの片づけを続ける日々。

P1162285_R.jpg
3年もの月日が流れて、2016年1月16日。
そろそろ納戸の再生に取り掛かる時期がやってきました。

P1162287_R.jpg
同日。
反対側の部屋。

P1162288_R.jpg
「上から」がセオリーなので、天井解体をします。

P1162321_R.jpg
同日。
そういえば納戸と部屋を区切る小壁も無くて、欄間だったんだよなあ。

P1162326_R.jpg
同日。
天上解体中。

P1162330_R.jpg
同日。
天井解体完了。

P1172352_R.jpg
2016年1月17日。
天井根太も解体。

P1172353_R.jpg
同日。
反対側の部屋。

P2070239_R.jpg
2016年2月7日。
天井を作り直して、欄間には小壁を作る。

P2070246_R.jpg
同日。
小壁に石膏ボードを貼るところまで完了。
小壁はここから2年半このまんま。

P2110283_R.jpg
2016年2月11日。
今度は床を解体。

P2190031_R.jpg
2016年2月19日。
床を作り直し中。

確か、フローリング材への漆塗り作業と同時進行だったような気がする・・・。

P2270134_R.jpg
2016年2月27日。
荒床まで完了。
荒床も仮固定のまま、ダンボールで養生して、完了。
そのまま2016年3月26日に古民家に移住。
納戸は床は荒床にダンボールのまま、小壁は石膏ボードのまま、未完成の状態で住み始める。

P8177979_R.jpg
また時は流れて、2018年8月17日。
ようやく納戸の施工を再開。
やっぱり仮使いとはいえ、物を入れてしまうと、なかなか施工再開しづらくなってしまうものです・・・。
石膏ボードにBドライを塗る。

P8187999_R.jpg
2018年8月18日。
中塗り仕上げの完了。

P8208125_R.jpg
2018年8月20日。
フローリングを張り終える。

後はフローリングに漆を2回塗るだけ。

P9088495_R.jpg
2018年9月8日。
納戸が完成。

P9088497_R.jpg

P9088499_R.jpg

P9088502_R.jpg
という感じに、とてもかっこいい納戸が出来上がりました!!



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



関連記事

寅・辰の部屋が完成(2018年9月21日) - 2018.10.17 Wed

9月21日。
やっとのことで寅・辰の部屋が完成しました。

19日深夜に全ての作業が終了し。
20日には畳が入り。
21日に注文していた照明が届いて、取り付けて、ようやくの完成です。

古民家平面図0043
ごちゃごちゃして見難いですが、こんな感じで撮影しました。
番付けしたつもりが「へ」が抜けている・・・・(間抜け!)

P9218765_R.jpg
照明がついたことを喜ぶ4歳になったばかりの長男。

P9218767_R.jpg
「い」の視点。
寅の部屋を南東方向に撮影。

P9218768_R.jpg
「ろ」の視点。
寅の部屋を南西方向に撮影。

P9218769_R.jpg
「は」の視点。
寅の部屋を北西方向に撮影。

P9218770_R.jpg
「に」の視点。
寅の部屋を北東方向に撮影。
補修した襖はむしろモザイク模様みたいになって、かっこいい気がします(笑)

P9218771_R.jpg
「ほ」の視点。
辰の部屋を北西方向に撮影。

P9218772_R.jpg
「と」の視点。
辰の部屋を北東方向に撮影。

P9218773_R.jpg
「ち」の視点。
辰の部屋を南東方向に撮影。

P9218774_R.jpg
「り」の視点。
辰の部屋を南西方向に撮影。

P9218775_R.jpg
寅の部屋から襖を開けて、辰の部屋を見たところ。

P9218776_R.jpg
同じく、襖の逆側を開けてみたところ。
どっちを開けるようにしようかな・・・。

P9218777_R.jpg
逆側。
辰の部屋から寅の部屋を襖を開けてみたところ。

P9218778_R.jpg
「ぬ」の視点。
辰の部屋から寅の部屋を見たところ。
突き当たりの建具の向こうが、普段暮らしている18畳間です。

P9218779_R.jpg
「る」の視点。
寅の部屋から納戸を眺めた様子。

P9218780_R.jpg
「を」の視点。
さっきとは逆に、納戸から寅の部屋を眺める。

P9218781_R.jpg
「ぬ」の視点をもう一回。
今度は奥の建具を開けてみました。

P9218782_R.jpg
「わ」の視点。
普段いる18畳間から、完成した2部屋を眺めたところ。

というわけで、何とか期日までに2部屋を完成させることができました。

2013年1月にはじめた古民家再生。
3年3ヶ月経過の2016年3月に移住。
そして移住から2年半が経過した2018年9月にようやく居住空間を2部屋増やし、未完成のまま使っていた納戸も完成させました。
ああ、長かった・・・。

今年の目標を振り返ってみますと。

【古民家再生】
①卯の部屋の完成
②寅の部屋の完成
③辰の部屋の再生
④巳の部屋の再生
⑤午の部屋の再生
⑥納戸の完成

⑦土間への三和土の施工
⑧壁塗りの完了

【古民家生活】
⑨果樹を植える
⑩庭を雑草天国にしない!


打ち消し線を引いた⑨⑩は早々に「取り消します」宣言をしたものです。
赤字のものがこの時点で完了したもの。
残りは⑦⑧の三和土と壁塗りですね。
壁塗りは現在進行中。
三和土は年末くらいにできるかな・・・?

と、珍しく、目標達成できそうな気もします・・・?
どうなるか分からんですけれどね。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



関連記事

寅・辰の部屋の仕上げ作業が終了(2018年9月19日) - 2018.10.16 Tue

昨日の記事の続きで、9月19日の夜作業です。
この夜のうちに寅の部屋と辰の部屋を仕上げる必要があります。
翌日に畳を入れる予定なので。

P9198705_R.jpg
ビリビリだったのを直したこの建具ですが、実はもう一つ不具合がありまして。
僅かに丈が足りないのです。
なぜ足りないのか?

家の中では建具の丈(=敷居と鴨居の間隔)は統一されているのが普通なのですが、150年の間に何かしら狂ってしまうこともあるんですよね。
何せ不同沈下が発生しやすい石場建てですから。
だから建具についても、きつくなってしまったり、緩くなってしまったり、いろいろです。
調整すればいいんです。

P9198706_R.jpg
通常、建具の丈が足りないときには、下に部材を抱かせる「下駄」をするべきです。
しかし今回は、時間も手間もないし、下駄用の部材も用意していないので、上側に部材を抱かせることで乗り切ることにしました。

このように切り出しまして。

P9198707_R.jpg
抱かせます。

P9198708_R.jpg
こんな感じで入りました。

P9198711_R.jpg
さらに下側も、敷居の溝に対して切り欠きが足りないことが判明しました。
この場合は、敷居の溝が少し深すぎるんですよね。
4年前の僕が少し深めに彫ってしまったようです
ので、この部分も修正。

P9198712_R.jpg
これで完成。
敷居すべりも張ってあるので、スムーズに動きます。

P9198716_R.jpg
続いてこちら。

古民家平面図0042
このEにあたる部分です。
寅の部屋と納戸との境界にあたる襖です。

P9198717_R.jpg
取り払いまして。

P9198718_R.jpg
集塵機をかけ、水拭きをし、敷居すべりを貼ります。

P9198719_R.jpg
戻して完成。

P9198722_R.jpg
これで大体できたかな。
掃除をしながら確認していきます。

P9198723_R.jpg
おっと、忘れもの。
金輪継ぎに打ち込んである栓が切り忘れて、そのままです。
切っておきました。

P9198725_R.jpg

P9198726_R.jpg
よし、完成。
掃除も済んだし。

P9198728_R.jpg
あれこれ道具の片付けなんかもしていたら、終わった時間はちょうど23時59分。
久々に随分と深夜までやったものです。

昨日今日の記事で書いてあるのは襖の補修と、襖の丈を足すのくらい。
それでもこんな遅くまでかかったということは、ブログ記事にならないくらいの地味な作業がたくさんあったということです。

いやあ、とにかく締め切りどおりに完成してよかった。
後は翌日に畳が入るのを待つだけですね☆



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ




関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

野人

Author:野人
こんにちは。
野人っていいます。
前職はラーメン屋台を経営していました。

伊那谷にて2012年暮れに築150年の古民家を購入し、3年4ヶ月かけて最低限の面積を再生して、2016年3月末に移住しました。
全ての再生は10年計画なので、まだまだ続きます。

もちろんプロの方々にもお世話になりますが、お金があまり無いので、なるべく低予算と自力での再生を頑張っています。

ブログの記事数は膨大なので、手っ取り早く内容を知りたいという方はこちらのスライドショーをご覧ください。
ブログの内容を25分に凝縮しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZpFnv9gLmJM

自分が古民家再生をする上で、他の人のブログを参考にしたり、あるいはHPから知識を得たり、ネット社会には本当にお世話になっています。
なので、自分自身も再生の過程を発信することで、少しでもネット社会から与えてもらったものに対して恩返しできればと思っています。

皆様からいただけるコメントに励まされ、またブログを通じて広がってゆく人の輪がとても楽しみです。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にお使いください♪

ご用件のある方は
zenhankai@yahoo.co.jp
あるいは
090-1707-2071
までどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
5位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カウンター2(仮?)

カウンター3(仮?)

現在の閲覧者数:

カテゴリ

なぜ古民家なのか? (23)
購入前の話 (60)
古民家探し (20)
参考にしたもの (25)
購入前の検証 (9)
売買交渉 (6)
古民家再生の方法論 (46)
屋根について (13)
基礎・土台について (9)
再生工程 (1179)
ゴミ片付け (61)
庭・敷地・開拓 (61)
住宅設備 (17)
薪ストーブ (69)
解体 (84)
電気工事 (32)
躯体の補強 (78)
土壁の下地 (112)
蔵 (14)
木材 (12)
建具 (88)
屋根 (72)
壁塗り (114)
その他の工程 (90)
床 (125)
配管 (4)
天井 (109)
土壁以外の壁 (22)
漆塗り (15)
再生計画の全体像 (100)
予算・資金 (29)
おさらい (27)
設計 (8)
WEB内覧会 (7)
ビフォーアフター (13)
派生した話 (88)
旧宅(借家) (10)
道具の話 (31)
スズメバチ駆除 (7)
ブログ運営 (14)
ボクサー骨折 (9)
取材 (17)
古民家暮らし (258)
移住 (5)
家庭菜園 (175)
薪作り (54)
家族の話 (110)
食生活 (47)
個人的なこと (56)
ラーメン (11)
全半会 (35)
住宅考・生活考 (37)
その他 (65)
未分類 (3)
生活の道具 (8)
井戸小屋の再生 (23)
キノコ栽培 (2)
温水システム (0)
給湯システム (38)
薪小屋作り (37)
小説 (1)
講師 (19)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR