topimage

2018-06

ゴマ・ナタ豆・ツルムラサキ・クウシンサイ・パクチーの定植(2018年6月17日) - 2018.06.24 Sun

昨日の記事の続きです。
整枝やら草掻きやら耕耘やらが終わったので、続いて野菜苗を植えていきます。

P6176330_R.jpg
まずは初挑戦のゴマ。
ポットで20株育苗中。
いくつかのポットは発芽不良だったので、蒔き直して、成長が出遅れています。

P6176331_R.jpg
1箇所2本立てでいきます。
5月23日に蒔いて、25日ほど経過し、ようやくこの大きさです。

P6176332_R.jpg
根鉢をみると、うん。
まずまず植え付け適期ではないでしょうか。

P6176333_R.jpg
サツマイモ畝の両サイドに植えました。
初めてだし、よく分からないのですが、こうすると良いらしいのです。

P6176334_R.jpg
ゴマは種も小さく、芽も小さく、本葉が出た今もまだ小さく。
ということで育苗しないと雑草に負けてしまいそうです。
まだまだ小さいですが、雑草に負けずに育ってくれるかな・・・?

P6176335_R.jpg
続いてこちらの、ツルムラサキとクウシンサイ。
2つとも5月12日に蒔いたので、36日も経過しています。
両方とも初期成育が遅いのです。
定植してしばらくするとぐんぐん伸びるはずです。

P6176337_R.jpg
ツルムラサキ。
今年は食味がいいという緑茎種に挑戦です。

P6176338_R.jpg
適期です。

P6176339_R.jpg
クウシンサイ。
葉物が取れない真夏にぐんぐん成長する心強い味方です。

P6176340_R.jpg
こちらも適期。

P6176341_R.jpg
撤収したばかりの葉物畝に植えました。

P6176345_R.jpg
初挑戦のナタ豆は、早くに発芽した1株だけをまず植えました。
5月23日に蒔いたので、25日が経過しています。

P6176347_R.jpg
成長が早かった1株の根鉢はこの状態。
うん。
やっぱりこの一株だけ早くに定植するのは正解でした。
これ以上ポットに置いておいたら、老化してしまったことでしょう。

P6176348_R.jpg
最後にパクチー。
5月23日播種。

P6176349_R.jpg
まだ株は小さいですが、根はいい感じに張りつつあります。
若干の若苗ですが、定植します。

P6176351_R.jpg
これで完了。

翌日から雨の予報なので、まとまって菜園作業ができてよかったです。
3時半から始めて、うっかり丸4時間。
終わったのは7時半で、最後はヘッドランプで照らしながらの作業となりました。

それにしても今回植えた野菜は・・・。
ゴマ・ツルムラサキ・クウシンサイ・ナタ豆・パクチー。
ゴマ以外はマイナーな野菜ばかりですね。
こういうあまり売っていないマイナーな野菜を食べられるのも、家庭菜園の大きな魅力だと思います。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



関連記事
スポンサーサイト

うっかり畑仕事を4時間・イチゴの撤収(2018年6月17日) - 2018.06.23 Sat

6月17日(日)は朝から夕方まで仕事でした。
それが思ったよりも早くに帰れて、午後3時半には作業開始できました。
さて、なにをやろうか。
というと、やっぱり家庭菜園です。

一昨日の記事で書いたとおり、壁塗りも始まっているのですが、何せ準備が万全ではありません。
噴霧器を買い替え、ミキサーを借りなければなりません。

文化祭まで3週間となって、ここから先は残業続きの毎日です。
明るいうちに帰宅して、30分でも作業をと言うわけにはいきません。
おまけに梅雨時で、ただでさえ畑に入れるコンディションの日が少ないでしょうから。
ということで、この日の夕方を使ってまとめて作業してしまう事にします。

P6176310_R.jpg
まずやるべきは、イチゴ。
まだずるずると収穫は続いていますが、そろそろ撤収です。

P6176313_R.jpg
ネットを外して、窮屈だったイチゴを解き放ちます。
そしれ二列あるうちの左側の列を丸ごと撤収する事にしました。

P6176314_R.jpg
抜くと、イチゴの株というのは収穫終了期にはこんなにも立派に育っているものです。
植えつけたときにはあんなに小さかったのに。

P6176316_R.jpg
左側の列を撤収しまして、マルチを剥がします。
このまま一ヶ月くらいとか放置して、ランナーを伸ばします。
来シーズン用にまた35株くらい苗を作るつもりです。

P6176317_R.jpg
続いてズッキーニ。
旺盛に成長しています。

P6176318_R.jpg
どうも調べてみると、収穫するたびに実のすぐ下の葉を撤収するようなので、遅ればせながら不要な葉っぱを撤去しました。
去年は凄い勢いで実をつけて、7月中旬にあっという間に力尽きていましたが、今年はどうでしょうかねえ・・・?

P6176319_R.jpg
つづいて、ウリ科空中栽培の整枝。

P6176320_R.jpg
虫と病気に侵されてちっとも収穫に繋がらなかった葉物野菜も諦めます。

P6176321_R.jpg
ただ、小松菜・チンゲンサイというアブラナ科はダメだったのですが、ホウレンソウだけは元気にしています。
秋蒔き種だったので、発芽率は悪いですけれどね。

P6176322_R.jpg
なのでホウレンソウだけはちゃんと収穫できました。
2把分くらいあります。
ホウレンソウが採れたので、急ごしらえだった葉物畝も少しは救われました。

P6176323_R.jpg
後は草取り。
どうしてもこういうマルチの縁とかが草だらけになってしまいます。

P6176324_R.jpg
早いうちに対処するのが吉です。

P6176325_R.jpg
7月上旬に収穫予定のジャガイモも雑草取りをしました。

P6176326_R.jpg
草取りが一通り終わったら耕耘をします。

P6176327_R.jpg
まずはサツマイモ畝の両脇。
こちらにはゴマを植えます。

P6176328_R.jpg
葉物畝の跡地はツルムラサキとクウシンサイを植えます。

P6176329_R.jpg
ニンニクの跡地には地這いキュウリを植えます。

という、今日の記事は撤収~耕耘まで。
タイトルの通りですが、この日はうっかり7時半まで、丸4時間の作業をしてしまったのですよ。
続きはまた明日の記事にします。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



関連記事

7月21・22日で移住セミナーを行います - 2018.06.22 Fri

イーナ・ムービーズ~なつかしい未来~-001_R

イーナ・ムービーズ~なつかしい未来~-002_R

というチラシの通りでありますが、7月21・22日でまた移住セミナーを行います。
僕にとっては4回目で、我が家を会場に行うのは2回目です。

内容は
(1日目午後)
・移住・古民家再生・土壁についてのお話
・壁塗り体験
(2日目午前)
・空き家物件探訪
となります。

1日目については、去年11月に行ったセミナーとほとんど同じ内容です。
素人の僕が壁塗りについてお教えします(笑)

そして、新たに加わったのが2日目の空き家物件探訪。
素人の僕が一緒に回りまして、あれこれ説明いたします(笑)

いやあ、僕なんかが一緒に回って、大丈夫なのでしょうかね・・・?
不動産屋さんでもないし。
大工さんでもないし。
素人でございますよ。

いや、でも、これって結構面白いと思います。
不動産屋さんは確かに立地とか、物件の状況とかには詳しいのでしょうが、リフォームにそこまで関わるわけでもないし。
リフォームに関しては他所の業者に丸投げか、自社で請け負う部門があるとしても、やはりその部門担当者の仕事になると思います。
リフォームそのものにはそれほど詳しいとは思えません。
「これは、ああできますよ」
みたいなことはいくらでも言えるのでしょうが。

一方大工さんですが、リフォームに関しては詳しくても、セルフリフォームについては詳しくありません。
素人がどこまでできるのか。
素人ができないことはなにか。
そういうことについては疎く、あくまで「自分が請け負うならば」という目線が中心になるかと思います。

その点、僕は素人だから、セルフリフォームの目線でお話できます。
「ここまでは自分でできる」
「この作業はプロに任せたほうがいい」
「自分でやりたいのならば、こういうやり方がある」
というような、一応5年半も古民家再生を続けていますので、そういう目線でお話できると思います。

まだ探訪する物件はこれから選定するようですが、はたしてどのような物件を訪れるのか、どのような話ができるのか、我ながら楽しみに思っています。

さて、そういうわけで皆さんの申し込みをお待ちしています。
前回は7組の応募があって、残念ながら2組様をお断りいたしました。
先着順というわけではないようですが、興味ある方は早めの申し込みをお願いします。

伊住体験会「日本一の古民家再生ブロガー野人さんに教わる土壁塗り&空き家探訪」参加者募集

あ、あと、6月30日に名古屋で行うセミナーについては、申し込み状況がまるで聞こえてこないですが、こちらもどしどしお申し込みください☆

【名古屋】6月30日(土)楽園信州移住セミナー




ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ




関連記事

久々に中塗りをする・まずは慣らし運転(2018年6月16日) - 2018.06.21 Thu

6月16日の作業です。
この日は夕方まで仕事。
4時前に帰宅しまして、そこから作業しました。

うーん。
何をしようか。
やっぱり壁塗りかな。

左官作業は道具の準備と片づけがあるから、本当は終日の作業のほうが効率が良いです。
夕方から短時間作業というのは効率が悪い。
でも、そろそろ左官作業を本格的に開始しないといけないから、その前に1面だけでも塗って慣らしておくのもよさそうです。

P6166293_R.jpg
巳の部屋のこの面を塗ることにしました。
巳の部屋はこの1面だけが荒壁ですから、ここだけ塗ってキリ良く終わらせる事にします。

P6166294_R.jpg
資材を退かして、養生シートを敷きます。

P6166295_R.jpg
先週買ってきた中塗り土ですが、あちゃー、シートが捲れて表面が乾いています。
ちょっと、用意したシートの大きさがギリギリすぎました。

P6166296_R.jpg
一輪車一杯に載せまして。

P6166297_R.jpg
水を加えて、滑らかにします。
まあでも、やっぱりこれが難しい。
滑らかにしたつもりでも、ところどころにダマが残ってしまう。

P6166298_R.jpg
では、塗り始めましょう。
今回は荒壁の次ですから、大斑直しの工程です。

P6166299_R.jpg
うーん。
久しぶり。
半年ぶりです。

P6166300_R.jpg
一度に水打ちをしても塗りが間に合わないので、3分の1ずつに分けて塗ります。

P6166301_R.jpg
おチビちゃんたちが泥を練るのを手伝ってくれました。
案外助かります。
レンガ鏝の奪い合いをして、喧嘩するのが厄介ですが(笑)

P6166302_R.jpg

P6166303_R.jpg
はい、これで塗り終わり。

P6176354_R.jpg
丸一日経って、翌日の写真がこちら。
我ながら、うまく塗れています。
大斑直しとしては、十分な平面精度です。

そして、やっぱり慣らし運転をして、課題というか、準備すべきものが分かりました。

まず、噴霧器。
半年振りに使ってみたらパッキンがだめになっていて、派手に水漏れします。
パッキンだけ買い換えようとしたら、物凄く高い。
本体が1000円なのに、同じくらいの値段がする。
ということで、噴霧器を買い換える事にします。

もう一つ。
やっぱりダマが邪魔をします。
ダマがあると塗りにくく、捗らず、ダマが邪魔して土が壁にくっつかずに下にボタボタ落ちて無駄になり、平面精度も悪くなります。
また、塗った後の色むらになる事も新たに判明しました。
塗る前にちゃんと捏ねて滑らかにするために、ミキサーを借りようかな。

という、準備するものが分かったのが最大の収穫でした。
次の週末は土日とも作業に集中できるはずなので、ちゃんと準備して壁塗りをぐいぐいと進めていこうと思います。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



関連記事

ニンニクの収穫(2018年6月13・14日) - 2018.06.20 Wed

6月13日はニンニクの収穫をしました。
もう少し後でも良かったのだけれども、ニンニクの収穫には3日間くらい続けての晴天が必要で、梅雨の時期にその条件となると、次はいつチャンスがあるか分かりませんから。
今回のチャンスで収穫する事にしました。

P6136257_R.jpg
これが収穫直前のニンニク畝です。
去年と違って春に病気にかかって処分した株は一つもありません。
しかし、小さい株がたくさん目立ちます。
もしかしたら去年は処分したのが程よい間引きになったのかもしれません。

P6136258_R.jpg
チビ達と一緒に抜きますが、何せ大部分が土から飛び出している玉ねぎと違って、ニンニクは土の中。
子どもの力ではなかなか抜けません。
二人がかりで「大きなカブ」状態で抜けます。

P6136259_R.jpg
抜けて、勢い余って転ぶ二人。
次女が負傷しました(笑)

P6136262_R.jpg
小さいものを中心に抜いてもらいます。

P6136263_R.jpg
抜けたものを見ると。
うーん。
これは少し早めの収穫になってしまいました。

P6136264_R.jpg
これは収穫適期。
底面が平らになっています。

P6136266_R.jpg
半分まで抜けました。

P6136267_R.jpg
適期より少し早いものがあったため、残りはまた今度にしようか迷います。

P6136268_R.jpg
でも、結局抜いてしまいました。
若い株はそんなに多いわけでも無いので、誤差の範疇です。

P6146283_R.jpg
翌日も晴れだったので、丸一日畑で乾かしました。

P6146285_R.jpg
で、回収。
根を切り落として、泥のついた皮を剥くのですが、なかなか剥けません。
思うように進まずに、家に持ち帰りました。

P6146286_R.jpg
夕食後に土間で剥くことにします。
こういうときに土間って本当に便利です。

P6146287_R.jpg
全て剥けました。

あ、これは来年の自分への申し送りであり、これからニンニクを収穫する人へのアドバイスでもあるのですが、ニンニクの皮は収穫したその日に剥いてしまうほうが良いです。
丸一日天日で乾かしてしまうと、外側の泥付きの皮が思うように剥けません。
本当は一皮だけ剥くところを、思うように剥けず、3皮くらい剥いてしまうことになります。
多分、ニンニクの長期保存のためには外側の皮はなるべく残したほうが良いのでしょうね。
来年は気をつけます。

P6146288_R.jpg
ともあれ、このようにニンニクが収穫できました。

数は多いけれどもやっぱり小粒が多いです。
次回の種ニンニクにできそうなLLサイズは9~10玉くらい。
食用に問題なく使えそうなのが20玉くらい。
後はピンポン玉~ビー玉サイズに近いくらいの小さいものが20玉くらい。
合計で50玉ちょっと採れました。

去年の実績と比べてみましょう。

ニンニクを収穫(2017年6月19日) - 2017.06.29 Thu
去年は42玉を植えて、25玉の収穫。
結構良いサイズが揃っていました。

対して今年は55玉植えて、50玉くらいの収穫。
でもLLが10玉に、L~Mが20玉に、S~SSSが20玉。
うーん。
微妙。

改善点すれば、コメント欄でご指摘いただいたように、過密を避けて4穴マルチを使う事と、後は10月7日の植え付けというのは遅すぎたかもしれません。
ネット上にあった論文を参考にしたのですが、去年は秋の冷え込みが早かったせいか、満足に成長できないまま冬を迎えてしまいました。
もう少し早く、10月1日くらいが良かったかもしれません。

一昨年(前々回)は9月25日でした。
ちなみに、前々回のニンニクが病気にかかったのは逆に、植え付けが早すぎてニンニクが凍害に遭い、そこから病原菌が入ったのではないかと疑っています。

早すぎれば、成長しすぎによる凍害と病気が発生。
遅すぎれば生育が間に合わずに、小粒が目立つ。
うーん。
どれも憶測ではありますが・・・。
やっぱり次回は間を取って10月1日ですね。

こうやって失敗と試行錯誤と推理を積み重ねて、レベルアップしていきます。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ




関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

野人

Author:野人
こんにちは。
野人っていいます。
前職はラーメン屋台を経営していました。

伊那谷にて2012年暮れに築150年の古民家を購入し、3年4ヶ月かけて最低限の面積を再生して、2016年3月末に移住しました。
全ての再生は10年計画なので、まだまだ続きます。

もちろんプロの方々にもお世話になりますが、お金があまり無いので、なるべく低予算と自力での再生を頑張っています。

ブログの記事数は膨大なので、手っ取り早く内容を知りたいという方はこちらのスライドショーをご覧ください。
ブログの内容を25分に凝縮しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZpFnv9gLmJM

自分が古民家再生をする上で、他の人のブログを参考にしたり、あるいはHPから知識を得たり、ネット社会には本当にお世話になっています。
なので、自分自身も再生の過程を発信することで、少しでもネット社会から与えてもらったものに対して恩返しできればと思っています。

皆様からいただけるコメントに励まされ、またブログを通じて広がってゆく人の輪がとても楽しみです。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にお使いください♪

ご用件のある方は
zenhankai@yahoo.co.jp
あるいは
090-1707-2071
までどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
6位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カウンター2(仮?)

カウンター3(仮?)

現在の閲覧者数:

カテゴリ

なぜ古民家なのか? (23)
購入前の話 (58)
古民家探し (18)
参考にしたもの (25)
購入前の検証 (9)
売買交渉 (6)
古民家再生の方法論 (46)
屋根について (13)
基礎・土台について (9)
再生工程 (1135)
ゴミ片付け (61)
庭・敷地・開拓 (61)
住宅設備 (17)
薪ストーブ (68)
解体 (84)
電気工事 (32)
躯体の補強 (78)
土壁の下地 (112)
蔵 (14)
木材 (12)
建具 (82)
屋根 (72)
壁塗り (93)
その他の工程 (82)
床 (121)
配管 (4)
天井 (108)
土壁以外の壁 (22)
漆塗り (12)
再生計画の全体像 (96)
予算・資金 (29)
おさらい (27)
設計 (8)
WEB内覧会 (6)
ビフォーアフター (10)
派生した話 (86)
旧宅(借家) (10)
道具の話 (30)
スズメバチ駆除 (7)
ブログ運営 (13)
ボクサー骨折 (9)
取材 (17)
古民家暮らし (224)
移住 (5)
家庭菜園 (143)
薪作り (54)
家族の話 (103)
食生活 (42)
個人的なこと (46)
ラーメン (11)
全半会 (31)
住宅考・生活考 (37)
その他 (64)
未分類 (3)
生活の道具 (6)
井戸小屋の再生 (23)
キノコ栽培 (2)
温水システム (0)
給湯システム (36)
薪小屋作り (37)
小説 (1)
講師 (9)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR