fc2ブログ
topimage

2023-01

イチイはバックホーでなぎ倒せるのか?(2023年1月5日) - 2023.01.27 Fri

昨日の記事の続きで、1月5日(木)の午後の作業です。

230105-134620_R1.jpg
続きまして、こちらを伐採していきます。
また枝がえらい暴れてますなあ(笑)

230105-142904_R1.jpg
どんどん切って。

230105-142905_R1.jpg
すぐに燃料にできるような枯れ枝も大量にゲット。

230105-150801_R1.jpg
あとこれは、カシワ。
カシワの木の近くにカシワの幼木。
タネから芽吹いたのか?
不定根から芽吹いたのか?

とにかく、ミニカシワ。
葉っぱはフルサイズだけれども(笑)

230105-151758_R1.jpg
また激しい蔓が。
しかも蔓植物って、棘を伴っているものが多いから、やっぱり革手が必要になります。

230105-155939_R1.jpg
あと一息。

230105-162834_R1.jpg
これで全部、とりあえず枝は払いました。

230105-162855_R1.jpg
反対側から見た様子。

230105-164346_R1.jpg
で、まだ明るいので、試しに抜根してみます。
うまく行くかな?

230105-164539_R1.jpg
ウイーン。

作戦としてはもう、掘るのは面倒なので、このまま上の方をなぎ倒せば、そのまま根こそぎいけるかな?という淡い期待を抱いております。

もしそうだったら、楽だよなあ・・・。

230105-164710_R1.jpg
バキ。

なぜにそうなる?
無理でしたわ。
根元から折れちゃった(笑)

230105-165554_R1.jpg
でも2本目はうまく行ったのですよ。
まあ、運とか、そういうのもありますよね。

230105-170359_R1.jpg
ということで早速2本を抜根。

場合によっては倒すだけで抜けるのもありそうな感じです。
でも、無理な場合は周りを少しほじくって抜くと。

という、次回の作業の見通しをつけて、この日の作業を終えました。

さて、冬休み最後の日でしたね。
冬休みの作業全体としては、裏庭の枝片付けと整地が完全に終わって、敷地の表側も雑木を切り、敷地西側の生け垣も、とりあえず半分は裸にしたと。
そういうところまでが成果でした。

作業があれこれ進んだ、なかなか良い冬休みでしたよ。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



関連記事
スポンサーサイト



敷地西側の生け垣をどんどん切っていく(2023年1月5日) - 2023.01.26 Thu

一夜明けて1月5日(木)の作業です。

早くも冬休み最終日となってしまいました。

230105-100816_R1.jpg
まずは前日の成果の確認。
最後はもう真っ暗になってしまいましたからね。

こちらに地層のようになっていた枝を。

230105-100831_R1.jpg
すべてこちらに移動させました。
結構な量です。
まあでも、本気で焚けば2~3か月で消費できちゃう量かな。

230105-100344_R1.jpg
さて、この日の作業はこちらの生け垣の伐採。
これを朝からできるように、前日中に枯れ枝の移動を終わらせたのでした。

230105-100403_R1.jpg
横から見た図。
伸びまくってます。

我が家のイチイは基本的にすべて伸び放題でダメになっているので、どんどん切ろうと思っています。
特にこの辺りは用水路との境の部分で、イチイの根元から生えているいろんな雑木や蔓の類が夏にはごちゃごちゃになってしまいますからね。

一方、生け垣は目隠しでもありますね。
これをみんな切っちゃうと目隠しが無くなり、家の敷地がむき出しに。

まあでも、嫁さんと相談して、むき出しでもいいからいったんは切っちゃおうということになりました。

切った後については、僕は果樹を植えたいけれども、嫁さんは反対。
うーん。
まあでも、切った後の様子で考えようということになりました。

他の生け垣もそうですが、切ると敷地が丸見えになっちゃうのですけれども、それに慣れると別に平気になってしまうものでもあるのですよ。

230105-100943_R1.jpg
さて、それではこういう元気のいい枝たちと戦っていきますよ。

230105-101317_R1.jpg
切っては一輪車に積み込み、運んでいきます。
運ぶ先はこの間片付けて空っぽにしたばかりの、物置小屋の軒下。
またあそこで枝葉を朽ちさせましょう。

230105-101320_R1.jpg
かなり切っても全然きれいになった感じがしません。

230105-102829_R1.jpg
2杯目。

230105-102931_R1.jpg

230105-105805_R1.jpg
これでようやく2本は片付きました。

230105-110646_R1.jpg
さらに奥に進んでいきます。

230105-113835_R1.jpg
とげのある雑木が指に刺さったので、革手に付け替えます。
しかし、この革手も油断するととげが貫通しますよ。

革手は、もっとごついのもありますが、そうなると指を動かしづらくなりますからね。
この革手は指は動かしやすいのですが、しなやかで薄手なので、棘が貫通します。
難しいところですね。
高ければもしかしたら、しなやかで、かつ防御力の高いのがあるかもしれませんけれども。

230105-120247_R1.jpg
午前中の作業はここまで。
合計で5本くらいかな。
裸にしてやりました。

いったん切りますね。




ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ




関連記事

大量の枯れ枝を移動させる夕方(2023年1月25日) - 2023.01.25 Wed

昨日の記事の続きで、1月4日の作業です。

230104-160842_R1.jpg
さて、ソーチェーンが切れるというトラブルはありましたが、この辺りの伐採はおしまいです。

230104-160908_R1.jpg
まだ木は残っていますが、いずれもお隣の敷地に生えているものと、桜だけです。

230104-160844_R1.jpg
薪もまたこれだけ生産できました。

230104-161210_R1.jpg
日暮れまで時間があるので、もう一仕事します。

それはここの枯れ枝の移動。
ここにもイチイ・スギ・ヒノキなど、昨年2月に伐倒した木の枝を積んで、葉を朽ちさせています。

もうここはかなりの地層みたいになっちゃっていますよ。
でも、これからここのイチイも切ってきれいにするつもりなので、邪魔なこの枝を撤去します。

230104-161212_R1.jpg
撤去する先はこの蔵の軒下。
年末年始は晴天が続いたので、ほぼ乾いています。
このまま乾かして、燃料にしていきましょう。

230104-161938_R1.jpg
ということで動かしていくのですが、ご覧の通り大変な状況です。

230104-162800_R1.jpg
この白いのは氷ではなく、腐朽菌。

230104-165222_R1.jpg
葉っぱを朽ちさせたということはつまり、半分土になっているということですからね。
そういう中から枝を出して積んでいくわけですよ。

230104-165659_R1.jpg
まだまだ!

230104-165701_R1.jpg
まだまだですが、既にこの量。
かなり圧縮されているので、取り出すと嵩が増していきます。

230104-180631_R1.jpg
まだまだ!

230104-183338_R1.jpg
やっと終了。

230104-183416_R1.jpg
これだけの山となりました。

どれだけ大変で、どれだけの量を動かしたかについてイマイチ伝わりにくいと思うのですけれども。
夕方にこの作業だけで2時間半かかりました。
ほんの数歩の距離のところに積み直しただけですけれどね。

まあでも、こんな作業はこの日のうちに終えたかったし、翌日は違う作業に取り掛かりたいので、ちょっと無理してやっちゃいましたよ。

こういうもので日々のお風呂を沸かしている辺り、SDGsにはかなり貢献している気がします(笑)



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



関連記事

ツムラのチェーンソー目立て機に意外な欠点(2023年1月4日) - 2023.01.24 Tue

昨日の記事の続きで、1月4日(水)の出来事です。

庭の雑木をどんどん切っていたのですが、びっくりすることが起こりました。

230104-151644_R1.jpg
ソーチェーンが断裂して飛んでいきました(笑)
危ないなあ。

今まではこんなことはなかったですよ。

230104-151820_R1.jpg
見てみると納得。
この赤丸の箇所がありますよね。

実はツムラのチェーン目立て機はディスク状の砥石で研ぐという構造ゆえに、棒やすりで研いだら絶対に削れないような箇所が削れてしまうのです。
で、最終的にはその部分の強度が無くなって、断裂すると。

ソーチェーンってどこまで使うかがいまいち分からないのですけれども、僕の場合はギリギリまで使い倒しますよ。
だからこの刃の残り具合というのは、僕にとってはまだまだ使える状態。
「まだ残り半分あるな」というような状態。
まさかそんなに刃が残っている状態で、チェーン自体が切れてしまうとは。

230104-151834_R1.jpg
ということで、見事に切れています。

230104-152235_R1.jpg
こんなこともあろうかと、予備の一台を出してきました(笑)

このチェーンソーが気に入っているので、同じのをもう一台持っているのですよ。
まあ、1台は古民家で拾ったもの、もう1台はヤフオクで中古で買ったもので、いずれもボロボロですけれどね。

でもこのチェーンソーはちょっといろいろとありまして、元々はスプロケット?みたいな部品が摩耗してダメになっていて、修理。
で、修理から戻ってきたのを始動したら、一瞬で2つほどの部品が弾け飛んで行ったのですよ。
で、また修理。

230104-152414_R1.jpg
2回目の修理。

230104-152417_R1.jpg
2回目の修理は無料で行われました。
しかもですね、頼んでいない数々の部品が新品と交換されていました!

ガイドバーも新品!
断線したのを繋いであったコードまで新品!

偶にネットでも「マキタの神対応」みたいなのを見かけますが、こういうことを言うのでしょうね。
ちなみにマキタは僕の地元に近い、愛知県安城市の会社です。
今までは日立工機をひいきしてきましたが、これからはマキタに乗り換えようかな。
日立工機は買収によって変な会社名になっちゃいましたしね(笑)

230104-153255_R1.jpg
ということで新品のガイドバー。

230104-153311_R1.jpg
そして初めて知ったのですけれども、マキタの純正ソーチェーンはOREGON製なのですね。
勉強になります。




ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



関連記事

雑木をどんどん切っていくよー!!(2023年1月4日) - 2023.01.23 Mon

一夜明けて1月4日(水)の作業をお伝えします。

実は今年は年始の仕事始めが早くて、6日にはもう出勤なので、冬休みは残りあと2日間しかありません。
とはいえ、世間様に比べるとずいぶん長く休んでいるので、「休み過ぎだw」と言われちゃうでしょうけれどね。
教員はいろいろあれこれありますので、トータルで±ゼロだと思ってください(笑)

230104-105102_R1.jpg
前日の続きで、物置小屋奥の雑木切り。
もう、桜以外は全部切ってすっきりさせちゃいます。

230104-105358_R1.jpg
こういうイチイとか。
生け垣として植えたのでしょうね。
ただ、この様子を見ていると、日当たりが悪くて育たなかったのだと思います。
元々ここにはそこそこの大きさの桜がありましたし。

230104-105909_R1.jpg
ここにもイチイ。

230104-115448_R1.jpg
ここにも。

230104-115616_R1.jpg
まとまった規模の蔓が引っ張れると、ついつい撮影したくなっちゃう病気(笑)

230104-143005_R1.jpg
基本的な手順としては、可能な限り下の枝を切った状態で、伐倒し、枝を払ったり、幹の部分は40cmに切ったりします。
ただそれを繰り返します。

230104-145952_R1.jpg
これだけの薪ができました。

なんか最近、チェーンソーの切れ味が悪いんですよね。
なんでだろう?
今回のソーチェーンは根株を切っているときに激しく石に当たっているから、そこで変形してしまった?

実はこの答えは後日に明らかになるのですが、とりあえずこの時点では「研いでも研いでも切れ味が悪いなー」くらいの認識だったと思ってください。

230104-150334_R1.jpg
だいぶすっきりして、西日が見えてきました。

230104-150455_R1.jpg
続いてこの雑木と。

230104-150905_R1.jpg
この雑木。
これらの雑木は何者だろう?

庭で結構な数を見かけます。
しなりがあって。
切ると幹の中心がうっすらレモンイエローで。
根がしつこい。
そんな雑木です。

230104-151441_R1.jpg
伐倒。

さて、これを切っていたら、これまた信じられないことが起こったのですよ。
続きはまた明日!



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ




関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

野人

Author:野人
こんにちは。
野人っていいます。
前職はラーメン屋台を経営していました。

伊那谷にて2012年暮れに築150年の古民家を購入し、3年4ヶ月かけて最低限の面積を再生して、2016年3月末に移住しました。
全ての再生は10年計画なので、まだまだ続きます。

もちろんプロの方々にもお世話になりますが、お金があまり無いので、なるべく低予算と自力での再生を頑張っています。

ブログの記事数は膨大なので、手っ取り早く内容を知りたいという方はこちらのスライドショーをご覧ください。
ブログの内容を25分に凝縮しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZpFnv9gLmJM

自分が古民家再生をする上で、他の人のブログを参考にしたり、あるいはHPから知識を得たり、ネット社会には本当にお世話になっています。
なので、自分自身も再生の過程を発信することで、少しでもネット社会から与えてもらったものに対して恩返しできればと思っています。

皆様からいただけるコメントに励まされ、またブログを通じて広がってゆく人の輪がとても楽しみです。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にお使いください♪

ご用件のある方は
zenhankai@yahoo.co.jp
あるいは
090-1707-2071
までどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
2位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カウンター2(仮?)

カウンター3(仮?)

現在の閲覧者数:

カテゴリ

なぜ古民家なのか? (24)
購入前の話 (60)
古民家探し (20)
参考にしたもの (25)
購入前の検証 (9)
売買交渉 (6)
古民家再生の方法論 (47)
屋根について (13)
基礎・土台について (9)
再生工程 (1507)
ゴミ片付け (68)
庭・敷地・開拓 (241)
住宅設備 (17)
薪ストーブ (81)
解体 (84)
電気工事 (33)
躯体の補強 (78)
土壁の下地 (112)
蔵 (90)
木材 (14)
建具 (98)
屋根 (73)
壁塗り (143)
その他の工程 (100)
床 (125)
配管 (4)
天井 (109)
土壁以外の壁 (22)
漆塗り (15)
再生計画の全体像 (136)
予算・資金 (31)
おさらい (55)
設計 (8)
WEB内覧会 (8)
ビフォーアフター (15)
派生した話 (122)
旧宅(借家) (10)
道具の話 (43)
スズメバチ駆除 (9)
ブログ運営 (23)
ボクサー骨折 (9)
取材 (27)
古民家暮らし (530)
移住 (5)
家庭菜園 (378)
薪作り (100)
家族の話 (241)
食生活 (118)
個人的なこと (88)
ラーメン (15)
全半会 (41)
住宅考・生活考 (46)
その他 (103)
未分類 (15)
生活の道具 (20)
井戸小屋の再生 (23)
キノコ栽培 (4)
給湯システム (56)
薪小屋作り (39)
小説 (2)
講師 (28)
三和土 (15)
果樹栽培 (24)
ヤギと暮らす (91)
軒天 (64)
庭先養鶏 (172)
穀物の自給 (12)
物置小屋の再生 (35)
柵 (53)
日本女子大学 (21)
10年を振り返ると (12)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR