topimage

2017-06

キュウリの収穫が始まる・ホウレンソウの種ができた(2017年6月16・17日) - 2017.06.23 Fri

相変わらず、10時過ぎの帰宅です。
これで4日連続。
文化祭準備をしながら、テストを作って、採点もしてってのは大変だよな・・・。
どう考えても定時に終わるわけがないし。
どの業務も細かなミスが大きなトラブルに繋がるから、細心の注意を払わないといけないし。

「日本人が長時間労働してしまうのは、そもそも子どもたちが育つ学校現場がブラックだから」
という指摘はかなり当たっている気がします。
昨日のニュースで教員の長時間労働について松野文部科学大臣の「看過できない状況だ」というのが流れていたので、ぜひともてこ入れをしていただきたいところです。

あ、愚痴っちゃいました。

P6160390_R.jpg
6月16日。
毎日朝晩の菜園の見回りをしているのですが、まさかのキュウリを発見してしまいました。
まだキュウリの株自体がそれほど成長していないので、実るのは先のことだと思って油断していて、もうすでにお化け直前。
あちゃー。

実物野菜の鉄則なのですが、株が十分に成長するまでは早め小さめの収穫を心がけなければなりません。
目安とすれば梅雨明けくらいまで。
それが成長途中でこのサイズ。
あーあ。
株にも大いに負担をかけたことでしょう。

特にキュウリは実自体が保護色なので気をつけなければならないですね。

P6170392_R.jpg
翌17日にもこれだけ収穫できました。

P6170393_R.jpg
比べてみると、前日の一本が大きすぎることが分かります。


さらにその17日。
怪我の抜糸も終わったので、まだ本調子ではないのですが、あれこれの作業を進めていきたいところです。

農作業としましては、プランターにいろいろと植えたいものがあります。
そういえば、冬場はプランターにホウレンソウを植えてあったけれども、寒すぎて成長が止まってしまい、放置していました。

P6170394_R.jpg
久々にプランターを出してみると、ホウレンソウらしき植物があります(笑)
ふーん。
成長するとこうなるんですね(笑)

で、葉の付け根という、不思議な部分に種らしきものがあるのですよ。

P6170396_R.jpg
取ってみるとまさしく種でした。
ホウレンソウ特有の、トゲありの。
なんだか嬉しくなりました。

家庭菜園の次のステップとして、自家採取にも挑戦してみたいですね。

P6170401_R.jpg
そして、次女と一緒にプランターに種蒔きをします。
次女が育てる野菜の希望を聞いたら、昨年秋と同じ二十日大根と言うことになりました。

あとは嫁さんのリクエストのパクチーと、ラベンダーをプランターで育てます。
あと、クウシンサイもポットで育苗を始めることにしました。

一ヶ月以内にはニンニクとジャガイモとグリーピース類の畝が空く予定なので、そこに植えるものの育苗を進めていきます。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ




関連記事

豆ご飯♪ - 2017.06.22 Thu

豆ご飯っていいですよね。
僕、好きです。

滅多に食べないけれども。
家でも外食でも、滅多に食べないけれども。
生のグリーンピースは高くて、短期間しか出回らないけれども。
かといって米国産の冷凍品まで使って作りたくはないけれども。

P6110307_R.jpg
というわけで豆ご飯が食べたい一心で栽培していたグリーンピースが、11月に種蒔きして、8ヶ月のときを経て収穫に至りました。
ぱちぱちぱち。
本当に、豆ご飯に対する愛情というか、執念というか。

それにしてもタマネギにしろニンニクにしろグリーンピースにしろ、栽培期間の長い野菜ってすごいですよね。
8~9ヶ月と言えば、赤ちゃんが生まれちゃいますよ。
目まぐるしいこの現代社会に、豆ご飯のためにグリーンピースの収穫を8ヶ月も待つなんて、なんだか楽しいです。

P6110308_R.jpg
あ、そうそう。
水菜も収穫。
この時期は水菜は駄目ですね。

4月頃に、これも越冬させていたキャベツが蕾立ちして駄目になりまして、その腹いせに同じアブラナ科ということでチンゲンサイと水菜を蒔いておいたのです。
チンゲンサイはまずまずの大きさに育ちましたが、水菜は小さく硬く色も悪いです・・・。
そして苦い・・・。

P6110309_R.jpg
グリーンピースを剥いてみます。
うほほ♪

P6110310_R.jpg
なんか可愛いですね。

P6110311_R.jpg
で、炊飯。
日本酒と塩を入れまして。
僕の記憶だと昆布を入れると思ったのですが、昆布無しのレシピがあったのでそれで作ってみることにしました。

P6110313_R.jpg
炊けました♪

P6110314_R.jpg
盛り付けます!!

・・・。

あちゃー。
なんか、失敗しました。

まず、水加減?
時間が無くて早炊きしたせい??
焦げています。

そして、混ぜ方も下手??
豆が潰れました。

ピカピカの白米に、散らばる鮮やかなグリーンピース♪

っていう、僕のイメージは脆くも崩れ、茶色く焦げたお米に潰れたグリーンピースがまぶさって・・・。

まあいいや。
残りのグリーンピースは違う料理に使うと思うので、豆ご飯はまた来年に挑戦します。
これから丸1年も待つのか・・・。
やっぱり家庭菜園というのは、随分と気が長いもののようですね。

P6110316_R.jpg
水菜は味噌汁にしました。

P6110317_R.jpg
あとは、こちらは我が家の名物の精進炒め。
高野豆腐に片栗粉をつけて揚げたものをお肉の代わりにしています。
僕が嫁さんとの初デートでのお弁当に作っていって、(結果的に)結婚できたという名物料理です(笑)
中に混ざっているチンゲンサイは自家製です。

というのがこの日の夕食メニューでした。
これから夏に向けて少しずつ野菜の自給率が上がってゆきます。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ


関連記事

豆類を定植する(2017年6月10・11日) - 2017.06.21 Wed

今日も残業で、10時過ぎに帰宅です。
この程度の残業なんて甘っちょろいのかもしれませんが、そういう意識が働きすぎの社会を生み出していくのでしょうね。
残業は残業。
無いほうが良いです。
仕事は仕事でさっさと終わらせて、プライベートの時間が充実する社会を作っていきたいものです。

というわけで、今日もなかなか落ち着いて生地を書く時間と体力がありません。
今日はタマネギを収穫後の出来事について説明します。

P6050231_R.jpg
6月5日。
念願のタマネギを収穫。
150株植えて、大小合わせて99玉の収穫でした。
人生初のタマネギ栽培で、しかもセルトレイ育苗ということで、ハードルが高かったように思いますが、それでも半年の消費量分くらい収穫できたのでとても嬉しいです。

P6070239_R.jpg
6月7日。
収穫したまま畑に放置で乾かしていたタマネギですが、この日は入梅で雨の予報だったので、薪小屋に入れておきました。
こういうときに日光を通すポリカ屋根だと、雨を除けながら干せるので便利です。

P6100243_R.jpg
6月10日夕方。
入梅したとたんに晴れが続くという、まさかの展開。
定植を待っている豆類があるので、タマネギの跡地を耕します。
まずは灰を撒きまして。

豆類は窒素固定細菌と共生するので、元肥としては草木灰あたりが一番良いような気がします。

P6100244_R.jpg
怪我をしている手を庇いながら、耕耘機で耕します。
日も暮れてきたので定植は翌日にします。

P6100245_R.jpg
日暮れまでの時間を使って、タマネギを吊るしました。
これですよ、これ!!
こういう風景って、夢だったなあ・・・。

なんか、生活してるって感じです。
(ごく一部だけど)自給してるって感じです。
地に足がついてるって感じです。

P6100246_R.jpg
ちなみにこの6月10日時点での畑はこのような状態でした。

P6110302_R.jpg
さらに翌6月11日。
マルチを被せまして。

P6110304_R.jpg
手前から、モロッコインゲンを9株。

P6110305_R.jpg
蔓ありインゲンを5株。

P6110306_R.jpg
スナップエンドウを4株植えました。

枝豆は2回の育苗に挑戦したのですが、2回とも腐りましたので、最後の望みをかけて直播しました。

現状、僅か36平米の畑ですから、余すことなく輪作をしてゆくつもりです。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ


関連記事

自家製のニンニクの芽ってのは少量しかできないけれど、美味しいですね - 2017.06.20 Tue

連日の文化祭準備で残業のため、帰宅してお風呂に入ってこの時間です。
なかなかゆっくりブログを書けなくて、内容も薄めですがお付き合いください。
書きたい事はたくさんあるのですよ!!

P5290145_R.jpg
5月29日。
ニンニクがいくつか蕾立ちしているのが発見されました。
まだ蕾立ちの本数が少ないので、もう少し待ってからニンニクの芽を収穫します。

P6060235_R.jpg
で、6月6日。
十分な本数ではないけれども、これだけ収穫。
どうも栽培しているホワイト六片という品種は蕾立ちた遅く、収穫ギリギリか間に合わないかという品種らしいですね。

あと、タマネギも自家製の採れたてです。

P6060236_R.jpg
この日の夕食はこのようになりました。
ホウレンソウも自家製です。

採れたてのニンニクの芽はほくほくして格別の味がしました。

ところでこのニンニクの芽。
僕はてっきり、名前のとおり「芽」だと思っていました。
つまりは、買って放置しているニンニクが発芽してくる、あの「芽」です。

しかし本当は、芽ではなく蕾立ちする茎だったのですね。
まったく知りませんでした。

このようにニンニク栽培の副産物として生まれてくる「ニンニクの芽」は市販品のようにまっすぐではなく、曲がっています。
市販のニンニクの芽は中国産がほとんどで、「ニンニクの芽」用の品種のようですね。

しかし、なんとも不思議というか、なかなか想像がつきません。
植えつけてから蕾立ちまで、通常に栽培すると8ヶ月くらい。
どのようにしたらあんなに安価で、年中安定供給できるのでしょうか?

専用の品種で、広大な土地と安価な労働力の賜物だよ。
というのが答えなのでしょうが、いやはや僕の想像力を超えています。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ


関連記事

薪割りの難所が続く・そして怪我(2017年6月3・4日) - 2017.06.19 Mon

6月3日の作業です。

P6030181_R.jpg
この日は夕方4時から作業できました。
薪割りを続けます。
といっても、この段階で残っている原木はこのように癖の強いものばかり。
やる前から苦戦することが目に見えています。

P6030182_R.jpg
基本的には楔のお世話になることばかり。
それでも、楔が2本とも食われてしまって、どうにもならなくなってしまうことが結構あります。

P6030183_R.jpg
これなんかは半分以上まで縦に切った後に、仕上げとして楔を打ち込むくらい。

P6030184_R.jpg
ここまでやっておいても、苦戦するものは苦戦します。

P6040188_R.jpg
さらによく6月4日。
この日は午後から薪割りできました。

これは・・・。
黒柿の残りですね。
燃えてるし、腐っているし、模様も随分と薄くなっていますので、気にせずに薪にしてしまいます。

P6040190_R.jpg
すべて割ってこの量になりました。

P6040191_R.jpg
それらを薪小屋に積んでいきます。

P6040192_R.jpg
うーん。
1列すべて埋まるかと思いきや、充填率は95パーセントといったところ。
惜しい!!

まあでも、残りは蔵の廃材で埋めて、2列目に移りましょう。

・・・。
と思っていたら。

P6040194_R.jpg
この日の夕方に怪我をしたのですよ。
(料理のために怪我した指をラップでグルグル巻きにしている図)

5針を縫う怪我で、まだ完治していません(涙)



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ


関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

野人

Author:野人
こんにちは。
野人っていいます。
前職はラーメン屋台を経営していました。

伊那谷にて2012年暮れに築150年の古民家を購入し、3年4ヶ月かけて最低限の面積を再生して、2016年3月末に移住しました。
全ての再生は10年計画なので、まだまだ続きます。

もちろんプロの方々にもお世話になりますが、お金があまり無いので、なるべく低予算と自力での再生を頑張っています。

ブログの記事数は膨大なので、手っ取り早く内容を知りたいという方はこちらのスライドショーをご覧ください。
ブログの内容を25分に凝縮しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZpFnv9gLmJM

自分が古民家再生をする上で、他の人のブログを参考にしたり、あるいはHPから知識を得たり、ネット社会には本当にお世話になっています。
なので、自分自身も再生の過程を発信することで、少しでもネット社会から与えてもらったものに対して恩返しできればと思っています。

皆様からいただけるコメントに励まされ、またブログを通じて広がってゆく人の輪がとても楽しみです。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にお使いください♪

ご用件のある方は
zenhankai@yahoo.co.jp
あるいは
090-1707-2071
までどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
9位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カテゴリ

なぜ古民家なのか? (23)
購入前の話 (58)
古民家探し (18)
参考にしたもの (25)
購入前の検証 (9)
売買交渉 (6)
古民家再生の方法論 (45)
屋根について (13)
基礎・土台について (9)
再生工程 (968)
ゴミ片付け (59)
庭・敷地・開拓 (46)
住宅設備 (17)
薪ストーブ (52)
解体 (77)
電気工事 (31)
躯体の補強 (78)
土壁の下地 (108)
蔵 (13)
木材 (12)
建具 (71)
屋根 (72)
壁塗り (57)
その他の工程 (67)
床 (96)
配管 (4)
天井 (77)
土壁以外の壁 (19)
漆塗り (12)
再生計画の全体像 (83)
予算・資金 (28)
おさらい (20)
設計 (8)
WEB内覧会 (6)
ビフォーアフター (10)
派生した話 (77)
旧宅(借家) (10)
道具の話 (26)
スズメバチ駆除 (7)
ブログ運営 (11)
ボクサー骨折 (9)
取材 (14)
古民家暮らし (112)
移住 (5)
家庭菜園 (68)
薪作り (24)
家族の話 (86)
食生活 (31)
個人的なこと (38)
ラーメン (11)
全半会 (27)
住宅考・生活考 (35)
その他 (51)
未分類 (3)
生活の道具 (5)
井戸小屋の再生 (23)
キノコ栽培 (2)
温水システム (0)
給湯システム (27)
薪小屋作り (36)
小説 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR