topimage

2017-09

イチゴとウリ科の撤収・秋冬野菜の育苗(2017年8月28・30日) - 2017.09.05 Tue

神島合宿から帰還した信州はすっかり秋の匂いがして、ああ、もう夏も終わりか、という空気です。
そろそろ夏野菜を撤収して、秋冬野菜の準備を始めなければなりません。

ちなみに昨年はというと。
9月4日、夏野菜撤収
9月5日、開拓と畑の拡張が始まる
9月10日、開拓まで完了、耕耘機で一通り耕す
9月11日、キャベツ・レタス・白菜の育苗開始
      (長雨のためにこれらは徒長して全滅)
9月17日、この辺から物凄い長雨で困った
9月18日、タマネギの育苗開始
9月25日、雨の止み間を縫って耕耘・畝作り
      (このせいで畑がダマダマに)
9月27日、秋冬野菜の種蒔きを開始
10月10日、秋冬野菜の種蒔きと定植が完了


という、後手後手の畑でした。
なにせ、畑の開拓に時間がかかってスタートが遅れた上に、開拓が終わったとたんに長雨続きになってしまって畑に入れなくなったからです。

ほとんどの作物の種蒔きと定植は適期ギリギリか、適期を過ぎてからになりました。
アブラナ科のほとんどの野菜って、9月下旬までが適期なんですよね。
しかしそれらを種蒔きできたのは9月末日か、10月に入ってから。

たとえば小カブなんて、9月下旬までが適期なのに、10月7日に種蒔き。
「10月7日は9月下旬である」という独自の説を打ち立てて、決行。

結果、ほぼすべての作物が十分に育つ前に冬を迎えた。
まともに育ったのは小松菜・チンゲンサイ・1回目のホウレンソウくらい。
あとのは収穫できなかったか、小ぶりで霜だらけの状態のを収穫したかのどちらか。
タマネギ・ニンニク・イチゴ・豆類といった越冬野菜はどれも無事だったけれども。

なので、今年の秋冬野菜に関しては唯一つ。
「早めにやろう」
伊那は信州でも寒い方。
本州の中ではかなり寒い方。
北海道まではいかないけれども、青森県とか、それくらいの寒さがある。
だからなおさらに、従来の適期よりも早めに行動しないと冬に間に合いません。

P8282001_R.jpg
そんなわけで8月28日から行動開始。
まずはイチゴの撤収から。

P8282002_R.jpg
すでにポットに定着した苗は切り離してありますが、こちらはさらにその残り。
これですべての苗を切り離したので、撤収できます。

P8282003_R.jpg
ポット苗を切り離しても、イチゴというのはまだ雑然としているものです。

P8282004_R.jpg
親株と太郎株を掘り上げて撤収します。

P8302013_R.jpg
雑草は残っていますが、撤収完了。

P8302014_R.jpg
8月30日の畑の様子。
まだ撤収すべきものはたくさんあります。

P8302015_R.jpg
ウリ科の畝。
まだキュウリは少しずつ実っているので名残惜しいのですが、こういうときのために新たに地這いキュウリを育てています。
地這いキュウリがこれから秋にかけて収穫できるはず。
なのでこちらのキュウリは撤収です。

P8302016_R.jpg
撤収完了。

P8302017_R.jpg
支柱も撤去。
これでこの部分は耕耘できそうです。

P8302018_R.jpg
耕耘の際に堆肥を入れたいので、自家製の雑草堆肥を見に行きますと、見事なキノコが生えていました。
一応、教本どおりだとこれは堆肥がよく完熟した証拠のようです。

P8302019_R.jpg
暗くなったので、夕食後に育苗作業。
去年も書きましたが、広い土間があるとこういうときにのんびりと作業できます。

P8302020_R.jpg
白菜12株、タアサイ6株、キャベツ6株を育苗します。

P8302021_R.jpg
種を撒いて水を与えた後、新聞紙で包んでさらに水をかけました。
発芽する3日後までこれで保湿します。

この方法、好きです。
なんだか機内食みたいで(笑)



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ


関連記事
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

野人

Author:野人
こんにちは。
野人っていいます。
前職はラーメン屋台を経営していました。

伊那谷にて2012年暮れに築150年の古民家を購入し、3年4ヶ月かけて最低限の面積を再生して、2016年3月末に移住しました。
全ての再生は10年計画なので、まだまだ続きます。

もちろんプロの方々にもお世話になりますが、お金があまり無いので、なるべく低予算と自力での再生を頑張っています。

ブログの記事数は膨大なので、手っ取り早く内容を知りたいという方はこちらのスライドショーをご覧ください。
ブログの内容を25分に凝縮しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZpFnv9gLmJM

自分が古民家再生をする上で、他の人のブログを参考にしたり、あるいはHPから知識を得たり、ネット社会には本当にお世話になっています。
なので、自分自身も再生の過程を発信することで、少しでもネット社会から与えてもらったものに対して恩返しできればと思っています。

皆様からいただけるコメントに励まされ、またブログを通じて広がってゆく人の輪がとても楽しみです。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にお使いください♪

ご用件のある方は
zenhankai@yahoo.co.jp
あるいは
090-1707-2071
までどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
82位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
8位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カテゴリ

なぜ古民家なのか? (23)
購入前の話 (58)
古民家探し (18)
参考にしたもの (25)
購入前の検証 (9)
売買交渉 (6)
古民家再生の方法論 (45)
屋根について (13)
基礎・土台について (9)
再生工程 (992)
ゴミ片付け (60)
庭・敷地・開拓 (50)
住宅設備 (17)
薪ストーブ (52)
解体 (80)
電気工事 (31)
躯体の補強 (78)
土壁の下地 (108)
蔵 (13)
木材 (12)
建具 (71)
屋根 (72)
壁塗り (58)
その他の工程 (67)
床 (104)
配管 (4)
天井 (84)
土壁以外の壁 (19)
漆塗り (12)
再生計画の全体像 (83)
予算・資金 (28)
おさらい (20)
設計 (8)
WEB内覧会 (6)
ビフォーアフター (10)
派生した話 (78)
旧宅(借家) (10)
道具の話 (27)
スズメバチ駆除 (7)
ブログ運営 (11)
ボクサー骨折 (9)
取材 (14)
古民家暮らし (166)
移住 (5)
家庭菜園 (100)
薪作り (42)
家族の話 (89)
食生活 (33)
個人的なこと (42)
ラーメン (11)
全半会 (31)
住宅考・生活考 (36)
その他 (54)
未分類 (5)
生活の道具 (5)
井戸小屋の再生 (23)
キノコ栽培 (2)
温水システム (0)
給湯システム (27)
薪小屋作り (37)
小説 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR