topimage

2017-03

太陽熱温水器の架台をアンカーボルトで固定(2017年2月19日) - 2017.03.07 Tue

昨日の記事の続きで、ピンコロに今度は太陽熱温水器架台を固定していきます。

P2190597_R.jpg
今回は後施工の打ち込みアンカーを使用するので、穴あけ用のコンクリートドリルの刃を買ってきました。
通常はこういうときは振動ドリルを使うのでしょうが、持っていないのでインパクトドライバで何とかします。

P2190598_R.jpg
適正な深さになるように、養生テープで印をつけます。

P2190599_R.jpg

P2190601_R.jpg
で、掘ります。
途中で石にぶち当たると急に苦戦します。
そうでなければ割りとすいすい掘れてしまいました。

P2190603_R.jpg
ただ、コンクリートの中には何かしら障害物があるので、正確な垂直で掘るのは至難の業のようです。

P2190604_R.jpg
あ、そうそう。
穴の中にコンクリートの粉が溜まるので、アンカーボルトを打ち込む前に除去しなければなりません。
プロは専用の道具があるようなのですが、素人の場合はブロワか集塵機を使うことになります。
僕の場合はブロワのノズルを付け替えて、簡易的な集塵機にして吸い取りました。
吹き飛ばすよりも、吸い取るほうが多分効率が良いと思います。


P2190605_R.jpg
試しに一つを固定。

後で気づいてやり直しましたが、これでは打ち込みが足りません。
ちゃんと先端の丸い部分が下がりきるまで打ち込まなければなりません。
最初は玄翁で叩いていたので「これが限界」と思っていたのですが、石頭で叩くと最後まで打ち込めました。
打ち込みが甘いと、当然ながら強度が十分ではないので気をつけてください。

P2190606_R.jpg
さらに、位置がずれると困るので、さっきの写真のように架台を置いたままで穴を開けて打ち込みたかったのですが、後ろ側は支柱が邪魔でドリルが使えないということが判明しました。
というわけで、架台を載せた状態で、アンカーボルトの来る中心地点に印をつけて、架台をどかして穴を開ける必要性が出てきました。

P2190607_R.jpg

P2190609_R.jpg

P2190610_R.jpg

P2190611_R.jpg
えーっと。
この作業、言葉では説明しにくいし、そこまで詳しい説明も需要が少ないので、説明は端折ります。
結論だけを言います。
このように架台をそのものをどかして、アンカーボルトを打ち込む場合は、

架台を載せたまま印つけ

印の場所すべてに穴あけ

架台を載せる

アンカーボルトをすべて打ち込み

アンカーボルトと架台を固定

という順番でやってください。
これ以外の手順でやりますと詰みます。
僕の場合は途中で気づいて、なんだかんだギリギリ上手くいきました。

P2190612_R.jpg
というわけで、架台の脚6本、アンカーボルト12本の固定が終わりました。

P2190613_R.jpg
水平もこの程度。
上出来です。

案外大変だったのがピンコロへの穴あけ。
いくつか苦戦したけれども、1つだけ大苦戦する穴がありました。
その穴一つだけで、ドリルが駄目になってしまいそうだったので、いちばん後回しにしました。

今度同じ作業をするときには振動ドリルを用意しようと心に誓いました(笑)



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ


関連記事
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

野人

Author:野人
こんにちは。
野人っていいます。
前職はラーメン屋台を経営していました。

伊那谷にて2012年暮れに築150年の古民家を購入し、3年4ヶ月かけて最低限の面積を再生して、2016年3月末に移住しました。
全ての再生は10年計画なので、まだまだ続きます。

もちろんプロの方々にもお世話になりますが、お金があまり無いので、なるべく低予算と自力での再生を頑張っています。

ブログの記事数は膨大なので、手っ取り早く内容を知りたいという方はこちらのスライドショーをご覧ください。
ブログの内容を25分に凝縮しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZpFnv9gLmJM

自分が古民家再生をする上で、他の人のブログを参考にしたり、あるいはHPから知識を得たり、ネット社会には本当にお世話になっています。
なので、自分自身も再生の過程を発信することで、少しでもネット社会から与えてもらったものに対して恩返しできればと思っています。

皆様からいただけるコメントに励まされ、またブログを通じて広がってゆく人の輪がとても楽しみです。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にお使いください♪

ご用件のある方は
zenhankai@yahoo.co.jp
あるいは
090-1707-2071
までどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
138位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
12位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カテゴリ

なぜ古民家なのか? (23)
購入前の話 (58)
古民家探し (18)
参考にしたもの (25)
購入前の検証 (9)
売買交渉 (6)
古民家再生の方法論 (45)
屋根について (13)
基礎・土台について (9)
再生工程 (971)
ゴミ片付け (59)
庭・敷地・開拓 (48)
住宅設備 (17)
薪ストーブ (52)
解体 (77)
電気工事 (31)
躯体の補強 (78)
土壁の下地 (108)
蔵 (13)
木材 (12)
建具 (71)
屋根 (72)
壁塗り (57)
その他の工程 (67)
床 (96)
配管 (4)
天井 (78)
土壁以外の壁 (19)
漆塗り (12)
再生計画の全体像 (83)
予算・資金 (28)
おさらい (20)
設計 (8)
WEB内覧会 (6)
ビフォーアフター (10)
派生した話 (78)
旧宅(借家) (10)
道具の話 (27)
スズメバチ駆除 (7)
ブログ運営 (11)
ボクサー骨折 (9)
取材 (14)
古民家暮らし (152)
移住 (5)
家庭菜園 (87)
薪作り (41)
家族の話 (87)
食生活 (32)
個人的なこと (41)
ラーメン (11)
全半会 (30)
住宅考・生活考 (36)
その他 (53)
未分類 (5)
生活の道具 (5)
井戸小屋の再生 (23)
キノコ栽培 (2)
温水システム (0)
給湯システム (27)
薪小屋作り (37)
小説 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR