topimage

2017-03

我が家のビフォーアフター・屋根編 - 2016.07.05 Tue

本編記事が移住まで追いついて、せっかくなので今まで書けなかったような総括的な内容を続けています。
もう少ししたら本編に戻って、移住後の生活や作業を綴りたいのですが、もうしばらく総括を続けます。

今日からしばらくは「我が家のビフォーアフター」ということで、今まで作業日報的な断片でしかお伝えしてこなかった我が家の変化について、テーマ別でお伝えします。
「ビフォーアフター」と銘打つのはいいのだけれど、合計4万枚を超える写真からビフォーアフターに使えそうな写真を選び出すだけでも大変です。

第1弾の今日は屋根についてです。
「古民家の顔」とも言うべき屋根はどのように変化したのでしょうか。

121027-131719_R.jpg
2012年10月27日。
まだ物件購入前で検討中の段階です。

121027-132706_R.jpg
同じ日。
裏の通りから見た写真。

古くなった茅葺き屋根というのは、遠くから見ると山か何かのように見えます。
この頃はまだ我が家は鬱蒼とした森の中にありました。

130304-132645_R.jpg
2013年3月4日。
購入後、不動産屋経由で業者にお願いしてブルーシートをかけてもらいました。
今思うとこんなブルーシートの耐久性なんて知れています。
当時は知りませんでしたが(汗)
ものの3ヶ月くらいでブルーシートは劣化して、再び雨漏りを始めました。

当初は侍にお願いして、2013年のGW辺りから屋根を作る予定だったのだけれども、予定が大幅に変更され、屋根作りは結局1年遅れとなりました。

140105-134704_R.jpg
2014年1月5日。
劣化しまくったブルーシート。
廃屋感が半端ないです(笑)

140506-121726_R.jpg
2014年5月6日。
2回目のGW作業で屋根作りが始まりました。
まずは母屋を仮固定するために茅葺き屋根に杭をたくさん刺します。
劣化した茅葺屋根の表情が分かる写真です。

140506-165852_R.jpg
同じく5月6日。
この日は西面の母屋を全て上げました。
あげるところまでで作業終了。
何せ母屋だけで50本くらいあるので、上げるのも大変です。

140518-120235_R.jpg
2014年5月18日。
母屋が大体固定できたところ。
隅木も入って、屋根の輪郭が見えてきました。

140524-185000_R.jpg
2014年5月24日。
垂木も入ったところ。

140530-183243_R.jpg
2014年5月30日。
野地板を貼り終わり。
目標だった5月中に西の面を終わらせることが出来ました。
もちろん、ここからあと3面、同じことをやります(汗)

140826-175523_R.jpg
2014年8月24日。
アスファルトルーフィングで覆われた屋根。

140904-134816_R.jpg
2014年9月14日。
板金屋さんが仕事中。

140914-174327_R.jpg
2014年9月14日。
屋根工事があらかた終了。
足場を解体する前に、長女と一緒に上りました。

10950667_856388447774265_5022600412206680361_n_R.jpg
2015年7月19日撮影の完成した屋根。
屋根の完成自体は2014年9月ですが、この写真が一番綺麗に撮れています。
探検さんの奥さんが撮影してくれた写真です。

160409-135313_R.jpg
2016年4月9日撮影。
2枚目の写真と同じようなアングルから。

160409-135621_R.jpg
同日。
家の北側から。
桜とのコラボも美しいです。

以上、我が家の屋根について時系列で追ってみました。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

我が家のビフォーアフター・土間編 - 2016.07.06 Wed

我が家のビフォーアフター第2弾。
今回は土間編です。

といって、4万枚を超える写真から土間の変遷が分かるものを拾ったんですが、もちろん拾うだけでも大変で、写真も32枚になりました。
まあ、土間は再生後に刻み場を経て完成しているので、この辺は仕方ないですね。
では始めます。

120920-111908_R.jpg
2012年9月20日。
最初の下見のとき。
アングルはいまいちだけれども、一応土間の辺りです。

120920-112009_R.jpg
同じ日。
土間から18畳間を見た風景。

今考えるととんでもないことだけれども、再生前は18畳間と土間の間には建具や壁は無く、完全に繋がっていました。
いったいどうやって暮らしていたんだろう・・・。
土間なんて半分屋外みたいなものなので、18畳間も半分屋外みたいになってしまいます。
とんでもなく寒かったでしょうね。
そして、この18畳間に前の家主は一人で暮らしていたのです。

130103-090954_R.jpg
2013年1月3日。
ゴミ片付けが始まった日です。
土間はゴミだらけ。

130428-173904_R.jpg
4月28日。
家中のあらかたのゴミも片付いて、ゴミ置き場だった土間も片付いてきたところ。

130428-173935_R.jpg
同日。
逆側のアングルから。

130504-172540_R.jpg
2013年5月4日。
GW作業1年目。
土間と18畳間の中間に台所があって、土間の方に台所がせり出していました。
そのせり出しを解体しているところ。

130504-174322_R.jpg
せり出し解体完了

130506-163825_R.jpg
GW作業1年目の最終日。
土間も結構片付いてきました。

130819-103623_R.jpg
2013年8月19日。
再生工事が本格的に始まる、土間に限らず家中をジャッキアップしているところ。

130819-171434_R.jpg
同日。
たくさんのジャッキを使い、水平を取り戻していきます。

130821-100829_R.jpg
2013年8月21日。
ジャッキアップを維持しながら、土間の不要箇所と腐朽箇所を解体してきます。

130826-113859_R.jpg
2013年8月26日。
土間を囲っている土台を解体。

130827-101519_R.jpg
2013年8月27日。
大黒柱の下にあった礎石を掘り出します。

130827-101645_R.jpg
同日。
逆のアングルから。

130828-094254_R.jpg
2013年8月28日。
礎石の下にコンクリートを打って、礎石を入れなおす。

130828-152732_R.jpg
同日。
他の土台を支える礎石も入れていきます。
アーティストのシンペイさんのセンスが光ります。

130830-175539_R.jpg
2013年8月30日。
同じく土台作り。
シンペイさんはモザイク画のアーティストなので、自然石を使って美しく入れていきます。

130906-140337_R.jpg
2013年9月6日。
家の顔だった上がり框をついに解体。

130907-135322_R.jpg
2013年9月7日。
更に、上がり框の下にコンクリートで基礎を作っていきます。
緊結して固定するための基礎ではなく、土台が土に触れないようにするための基礎です。

130912-153218_R.jpg
2013年9月12日。
大黒柱を金輪継ぎします。

130913-214445_R.jpg
翌日。
金輪継ぎの継ぎ材のほうを加工。

130916-174348_R.jpg
2013年9月16日。
大黒柱の下に未来への贈り物を封印します。

131011-103155_R.jpg
2013年10月11日。
土台が入りました。

131029-194935_R.jpg
2013年10月29日。
上がり框を支えるほうの土台も入れていきます。

131208-161736_R.jpg
2013年12月8日。

131213-110239_R.jpg
2013年12月13日。
土間で杉の葉を炊いて茅葺き屋根を薫蒸します。

150102-134615_R.jpg
時は過ぎて2015年1月2日。
あゆみ大工さんは撤退して、僕が再生工事をひとりでやっています。
2015年の仕事始めで、綺麗な土間。
木舞をかき始めていますね。

151031-181207_R.jpg
2015年10月31日。
古民家で拾った蛍光灯を刻み場につけました。
荒壁が塗られています。
土間は刻み場兼資材置き場で、ごちゃごちゃしています。

151230-190305_R.jpg
2015年12月30日。
2015年の仕事納めで、少しは片付けたところ。

160128-194341_R.jpg
2016年1月28日。
道具棚を造りました。
再生工事はラストスパート。
土間も片付けなければ!!

160325-171316_R.jpg
そして2016年3月25日。
照明とつけて、荷物を片付けて、きれいにした土間。

160325-171428_R.jpg
逆のアングルから。
まだ完成ではありませんがこれで移住。
土間の施工としては壁が荒壁のままなので、中塗り仕上げにしないといけないのと、地面も三和土を打ち直さないといけないです。

まだやるべきことはありますが、広い土間の玄関が出来て満足しています。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


我が家のビフォーアフター・トイレ編 - 2016.07.08 Fri

我が家のビフォーアフター第3弾。
今日はトイレ編です。

といっても、なかなかビフォーの写真がなかったのですが(汗)

131011-115829_R.jpg
見つかった最古の写真がこちら。
2013年10月11日です。
再生が始まって既に10ヶ月経過しております。
この左上がトイレとなった場所です。

131011-140917_R.jpg
元々は物置だった場所です。
今見ると2つに分かれていたんですね。
全く記憶にございません(笑)

131011-165906_R.jpg
同日、早くも解体されました。

131011-165922_R.jpg
同日。
解体後の外から見た光景。

150321-114700_R.jpg
2015年3月21日。
随分と飛びました(汗)
現場はとっくに施主施工がメインになっておりまして、僕が悪戦苦闘しながらトイレの床組みを作っております。

150418-113534_R.jpg
2015年4月18日。
木舞をかいて土壁を塗ることが最優先の時期。
木舞をかくために窓枠を造りました。

150418-132419_R.jpg
で、サッシまで入ったところ。

150425-203910_R.jpg
2015年4月25日。
GW作業直前の追い込みで、急いで木舞をかきました。

150425-211743_R.jpg
トイレの場合はこういう細かい部分が多くて苦労しました。

150627-180751_R.jpg
2015年6月27日。
床組みを造り、根太と断熱材まで完了。

150628-132545_R.jpg
翌日、捨て貼りまで完了。
このまましばらく放置です(笑)

151010-134942_R.jpg
2015年10月10日。
探検さんが中塗り仕上げをしてくれています。

160206-155947_R.jpg
2016年2月6日。
天井板が汚いと思い、迷った末に解体。

160206-161211_R.jpg
10cm以上に堆積したとんでもない量の埃と戦いながら、解体完了。

160206-213905_R.jpg
そしてその日のうちに新しく天井板を貼りました。

160212-224438_R.jpg
2016年2月12日。
電灯の配線が完了。
自分で初めて配線したスイッチつきの電灯回路です。

160302-220642_R.jpg
2016年3月2日。
いつまでも捨て貼りのままだったところに、ようやく漆板を貼りました。

160318-225138_R.jpg
2016年3月18日。
便器の設置が完了。
移住1週間前で、ギリギリです。

160325-171552_R.jpg
で、こちらが完成した様子。

160325-171600_R.jpg
天井も綺麗です。

よく言われる話ですがトイレのような狭い場所こそ仕上がりの精度が求められます。
我が家のトイレはなかなかいい仕上がり。
家族にも来客にも好評です。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


我が家のビフォーアフター・8畳間編 - 2016.07.08 Fri

我が家のビフォーアフター第4弾。
今日は8畳間の紹介です。

古民家平面図0022
我が家の8畳間はこの図面の赤丸を打ったところです。
図面で見ても分かるとおり、実際に見ても分かるとおり、再生前も再生後もかなり微妙な部屋です。
部屋でありながら、どこへ行くにも通らなければならないという、半分通路みたいな存在です。
廊下の無い古民家というのは、どうしてもこういうスペースができてしまいます。

雑誌などで取り上げられる古民家再生では間取りを変更して廊下なんぞを作ったりするのでしょうが、我が家の場合は間取りはほとんど変更せずにこのままでの再生となりました。

今回もビフォーの写真はあまりありません。

120920-111217_R.jpg
唯一のビフォーの写真。
2012年9月20日の最初の下見のときです。
一応8畳間ですが、神棚を撮影しているので全体像は分かりません。

130428-152122_R.jpg
2013年4月28日。
建具を取り外しました。
写真の奥側が8畳間になります。

130429-105930_R.jpg
8畳間にはこのようにピアノが置いてありました。

130429-181208_R.jpg
翌4月29日。
畳まで解体。
赤丸の部分が8畳間です。

130504-122035_R.jpg
2013年5月4日。
GW作業1年目。
捨て貼りまで解体。
このあと、根太も解体しました。

150801-153114_R.jpg
時は流れて2015年8月10日。
根太組みから再生を始めていきます。

150810-111235_R.jpg
同日、悩みながら根太と捨て貼りを当てはめ。
この部屋は雨漏りの被害を受けていたので、根太も捨て貼りも半分くらいしか保管されていませんでした。
残りは新たに作ります。

151010-110046_R.jpg
2015年10月10日。
探検さんが仕上げの中塗りをしてくれています。

151011-105718_R.jpg
翌日。
杉浦ご夫妻が掃除中。
左官作業のときに養生もろくにしないから汚れ放題になるんだけれども、汚れを拭き取ると劇的に綺麗になります。

160116-093322_R.jpg
2016年1月16日。
またも天井の解体で悩み中。
この天井、使おうと思えば使えるんだよな。
でも一部腐朽しているし、天井板が反っている箇所もあるし、気密性も悪いから思い切って解体します。

160116-184943_R.jpg
解体したらしたがえらいことに。

160117-092749_R.jpg
翌日。
天井板の解体完了。
天井根太を取り外して、一本一本磨きます。

160321-190948_R.jpg
2016年3月21日。
移住5日前ですが、何とか照明まで入りました。

160322-192826_R.jpg
そして畳が入って完成。
やっぱり半分通路のような、微妙な部屋です(汗)

160325-162605_R.jpg
位置的には微妙ですが、この部屋も味があって好きです。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村



我が家のビフォーアフター・洗面所お風呂前編 - 2016.07.09 Sat

我が家のビフォーアフター第5弾。
今日は洗面所・お風呂編といきたいところですが、何せ写真の数が膨大。
いや、今までだって膨大なところを何とか一箇所一記事で収めてきたのですがね。
今回は膨大な上に、元々6畳間だったところを、結果的に洗面所とお風呂に分けたわけで、つまりはビフォーは一つでもアフターは二つあるという状況であります。

なので、ちょっと迷ったのですが、ボリュウムの関係もあって分けて記事にすることにしました。
今日は「ビフォー~荒壁塗り」をお送りします。

120920-111206_R.jpg
2012年9月20日。
最初の下見のときの6畳間。
ピンぼけだし、アングルもいまいちですが、6畳まです。
家の中でもっとも雨漏りの被害を受けていた部屋でした。

130216-130625_R.jpg
2013年2月16日。
大学後輩のM君と一緒に解体。
物件購入してから、自然と床が抜けてしまいました(笑)

130504-122035_R.jpg
2013年5月4日。
昨日の記事でも載せたこの写真。
奥の部屋が6畳間です。

140504-100815_R.jpg
更に1年後。
2014年5月4日。
ボロボロの天上解体を始めます。

140504-101138_R.jpg
同じく、上から覗き込んだ様子。

140504-101322_R.jpg
解体しているのは大阪から来てくれた助っ人のモンタ(全半会)です。
光と戦うおっさん(笑)

140505-173804_R.jpg
天井解体後に見上げた様子。

150207-181419_R.jpg
更に時は過ぎて、2015年2月7日。
貫が入っています。

150214-153110_R.jpg
2015年2月14日。
腐朽箇所の解体。
酷い状態で、この柱なんて浮いています。
添え柱にて補強。

150221-113704_R.jpg
2015年2月21日。
洗面所とお風呂を区切る大切な柱を立てるのですが、そのための位置を出すのが一苦労です。

150223-104532_R.jpg
2015年2月23日。
その大切な柱が立ちました。

150314-163142_R.jpg
2015年3月14日。
ユニットバスの基礎作り。
まずは砕石入れまで。

150321-094359_R.jpg
2015年3月21日。
こちら側にも貫と敷居が入り、洗面所入り口となる建具が入りました。

150323-173449_R.jpg
2015年3月23日。
ユニットバス基礎の完成。

150328-083221_R.jpg
洗面所とお風呂の境界となる大引きを入れました。

150411-113604_R.jpg
2015年4月11日。
木舞掻き。

150412-142052_R.jpg
2016年4月12日。
ユニットバスのサッシが入る。

150506-142357_R.jpg
2015年5月6日。
荒壁塗り。
長男を背負った嫁さんが塗っています。

今日はここまで!



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

野人

Author:野人
こんにちは。
野人っていいます。
前職はラーメン屋台を経営していました。

伊那谷にて2012年暮れに築150年の古民家を購入し、3年4ヶ月かけて最低限の面積を再生して、2016年3月末に移住しました。
全ての再生は10年計画なので、まだまだ続きます。

もちろんプロの方々にもお世話になりますが、お金があまり無いので、なるべく低予算と自力での再生を頑張っています。

ブログの記事数は膨大なので、手っ取り早く内容を知りたいという方はこちらのスライドショーをご覧ください。
ブログの内容を25分に凝縮しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZpFnv9gLmJM

自分が古民家再生をする上で、他の人のブログを参考にしたり、あるいはHPから知識を得たり、ネット社会には本当にお世話になっています。
なので、自分自身も再生の過程を発信することで、少しでもネット社会から与えてもらったものに対して恩返しできればと思っています。

皆様からいただけるコメントに励まされ、またブログを通じて広がってゆく人の輪がとても楽しみです。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にお使いください♪

ご用件のある方は
zenhankai@yahoo.co.jp
あるいは
090-1707-2071
までどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
11位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カテゴリ

なぜ古民家なのか? (22)
購入前の話 (58)
古民家探し (18)
参考にしたもの (25)
購入前の検証 (9)
売買交渉 (6)
古民家再生の方法論 (45)
屋根について (13)
基礎・土台について (9)
再生工程 (947)
ゴミ片付け (59)
庭・敷地・開拓 (28)
住宅設備 (17)
薪ストーブ (50)
解体 (77)
電気工事 (31)
躯体の補強 (78)
土壁の下地 (108)
蔵 (13)
木材 (12)
建具 (71)
屋根 (72)
壁塗り (57)
その他の工程 (66)
床 (96)
配管 (4)
天井 (77)
土壁以外の壁 (19)
漆塗り (12)
再生計画の全体像 (83)
予算・資金 (28)
おさらい (20)
設計 (8)
WEB内覧会 (6)
ビフォーアフター (10)
派生した話 (77)
旧宅(借家) (10)
道具の話 (26)
スズメバチ駆除 (7)
ブログ運営 (11)
ボクサー骨折 (9)
取材 (14)
古民家暮らし (82)
移住 (5)
家庭菜園 (43)
薪作り (20)
家族の話 (84)
食生活 (30)
個人的なこと (38)
ラーメン (11)
全半会 (27)
住宅考・生活考 (35)
その他 (49)
未分類 (2)
生活の道具 (4)
井戸小屋の再生 (23)
キノコ栽培 (2)
温水システム (0)
給湯システム (21)
薪小屋作り (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR