topimage

2017-03

フローリングをどうするか・・・?(2015年5月30日) - 2015.06.12 Fri

大まかな作業工程としては、5月に荒壁を塗って、荒壁を乾燥させている6月中に床を貼って、7月からは中塗りとか、そういう感じに考えていました。

で、床貼り、もう少し具体的に言えば、フローリングはどうするのかという問題。

140302-153918_R.jpg
敷地の屋敷林を製材して、このように1年半くらい桟積みしてあります。
能天気な僕は、これを使えばいいやと適当に考えていました。

そして、楽天家のあゆみ大工さんも、
「本実だと歩留まりが悪いから、雇い実がいいですよ。あはは」
と、ごくごく簡単に言っていたわけです。

ところがところが。
GW作業で手伝いに来てくれたiwanamiさんと話していたら、そう簡単ではないことが分かりました。
iwanamiさんは本業ではないですが、副業として木工をやっています。

iwanamiさんの言うには、7分の板をフローリング加工すると5分くらいの厚さになることを覚悟しなければならないとのこと。
つまりまあ、それだけたくさん削るのですな。
削る道具といえば僕は、ベルトサンダーとオービタルサンダーくらいしか持っていません。
そんな道具で2分(6mm)も削れるわけが無い。

それ以前に、桟積みで乾かして反りが出ている材料を真っ直ぐに削るためには、手押しカンナと自動カンナが必要。
両方とも買えばものすごく高い。
iwanamiさんの工房をお借りして加工も可能という申し出もいただいたけれども、道具をお借りしても丸2日かかる作業。
しかも運ぶ手段も無い。
しかもしかも、丸2日かけて加工しても、それは単なる真っ直ぐな板。
そこからさらに、本実だの雇い実だのの加工をしなければならない。

困った困った。
いやー、無知って怖いですな(汗)
って話を改めてあゆみ大工さんに相談するも、「ベルトサンダーで仕上げるってのも、味があっていいですよ」との返事。
いやいや、難しいと思いますよ。
時間もかかるし、仕上がりも悪い。
床ってのは足が触れるし、日々目に付くし、あまりそこで妥協をすると後悔しそう。

まず相談したのが、伐採後の屋敷林を製材してくれた沢渡木材さん。
でも、沢渡木材さんは荒製材しかやっていないとのことで、板の反りを取ることはできても、それ以上の加工は出来ないとのこと。

その次に相談したのが、このブログにもたまにコメントをくれるタッキーさん。
困ったらタッキーさん。
タッキーさんも材木屋さんなので加工は可能。
雇い実なら7~8万くらいで出来るかなという返事をいただきました。
ただ、タッキーさんもフローリングを作る仕事ではないので、いろんな機械を組み合わせながらやる感じ。
4面を同時に削りながら、実を刻んでいくモルダー加工ではない。

最後に連絡を取ったのがこの辺の大手の有賀製材さん。
これまで現場で使ってきた木材は全て有賀製材さんから仕入れてきました。

連絡を取ると社長じきじきに見に来てくれて、やはり8万円くらいとの話をいただきました。
タッキーさんには申し訳ないけれど、モルダー加工と、本実が決め手です。
あと、フローリング加工が本業のうちということもありますしね。

ということで、6月6日に材料を取りに来ていただくことになりました。
それまでに桟積みを解体して、運びやすい土間の辺りに置いておく必要があります。

5月30日にとりあえず確保できている助っ人は詩ちゃん。
あ、でも、前日に詩ちゃんより「いけなくなった」との連絡あり。
どうしようなー。
4メール材だから一人じゃ運べないよな(右手、腱鞘炎だし)。

どうしようか途方に暮れながらの5月30日の作業が始まったわけです。

長くなったので、また明日続きを書きます。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

桟積みされた板材を運ぶ(2015年5月30日) - 2015.06.13 Sat

昨日の記事の続きです。

有賀製材さんが1週間後に板材を取りに来るので、とにかくそれまでに材料を移動させなければなりません。
うーん。
4メートルの板材だしなあ。
右手は腱鞘炎だしなあ。
一人では運べ無さそう。

頼みの綱だった詩ちゃんも来れなくなったし。
もう一人の頼みの綱だった芳賀さんも、何回か電話したけど繋がらず。

そんな途方に暮れた状態で現場に着きました。
まあ、どうにかなるかもしれない☆
程度に思いながら・・・。

現場について、何しようか?
床下地も作りたいけど・・・、うーん。
まずは伸び放題の草を刈るか。
と思いながら、久々に刈り払い機を引っ張り出してくる。

この伸び放題の草はナイロンコードで刈るのは難しいから、チップソーに替えよう。
と思うと・・・。
取り替えるためのスパナが無いでござるorz

仕方なくカインズホームに行ってスパナを探す。
スパナ発見。
698円也。
高いなあ。

もう少し探すと、同サイズのインパクトのビットが498円。
こっちにしよう。
安いほうで。

で、買って帰って、ボルトを外す。
ん?
やけに硬いな??
と思って、インパクトで回していると・・・。

150530-125720_R.jpg
ボルトがねじ切れたでござる(号泣)

あーあ。
もう今日は、何やってもだめだ。
わずか200円の差額のために、ボルトをねじ切ってしまった。
ケチらずにスパナを買っていれば、固着したボルトに気付いて潤滑油でも差したろうに。
兄貴に貰った刈り払い機がご臨終です。

150530-130917_R.jpg
もういいやってことで、とりあえずこのような、泥つきの寒冷紗が放置してあったので、泥を剥がしていきます。

150530-102605_R.jpg
で、プールに残ったわずかな泥と混ぜて。

150530-132951_R.jpg
奥の方に寄せておきました。
ブルーシートを被せて養生しておきます。
これで、プールの空いたスペースに中塗土を入れることが出来ます。

そんなことをしていると、敷地に入ってくる一台の車がありました。
芳賀さんが来てくれました(はぁと)

芳賀さん、僕の着信に気付いて、現場に来てくれたんです。
1時間だけなら手伝えると。
いい人だあ(涙)

ということで、1時間限定なので、急いで運べるだけの板材を運びました。

150530-125621_R.jpg

150530-125632_R.jpg
その成果がこちらです。
ありがとうございました。

実は別山にもう少しあったのですが、それは時間切れで運べませんでした。

ここでお昼休憩。
嫁さんとチビ2人が現場に来て、一緒に昼ごはんを食べました。

で、そんな嫁さんのもとに中三の長女より℡あり。
「大会が終わったから迎えに来て」とのこと。
嫁さんに、「もし良かったら短時間だけ現場に手伝いに来るように伝えてよ」と頼んでおきました。

すると、来てくれました♪
チーム名とのYちゃんを連れて。
僕と3人で運びます。

150530-133758_R.jpg

150530-133900_R.jpg

150530-134158_R.jpg

150530-134329_R.jpg

150530-134437_R.jpg
Yちゃん、返事もとても気持ちよく、何をするのも小走り。
きびきび動いて材料を運んでくれました。
嫌々やっているうちの長女とは対照的。
まあ、そういうもんですよね。

一人では多分無理だった作業も、3人でやれば20分くらいで終了。
二人ともありがとう!!

という感じで、この後は電気屋さんと打ち合わせをしたりしてこの日の作業は終わりました。
材料は運べたけれど、その他は全然捗らなかったorz

ボロ家の武田さんもブログに書いていましたが、それまでとはまったく違う作業に切り替わると、頭が混乱してちっとも集中できません。
僕で言えば一ヶ月くらいずっと左官作業をやっていたので、突然「今日から大工仕事で、床下地を作る」ってなっても、頭が切り替えられないんですね。
頭も体も道具も左官仕様になっていたので。
特に大工道具の大部分はGW作業の邪魔なので、納戸のあたりに仕舞っていて。

そうは言っていられなく、再び大工仕事に順応しないといけないのですが、この日はそんなリハビリテーションみたいな一日になりました。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


風呂予定地の掃除・敷居を入れなおす(2015年5月31日) - 2015.06.14 Sun

ちっとも捗らなかった作業から一夜明けて、5月31日です。
5月も終わりですなあ。
まあでも、「5月中に貫伏せまで終了させる」という目標よりは少し進んでいるから、いいか。

150531-111727_R.jpg
前日に撮影し忘れた、移動後の荒壁土です。
わずかな量ですが、出番が来るまでここで待っていてもらいます。

150531-111744_R.jpg
11時くらいに屋根が綺麗だったので撮影。
これくらいの時間が一番綺麗ですね。
正面のモミジもいい感じです。
今日からブログのトップ画像をこの写真に変更しましょう。

前の画像よりも陽射しの向きもよく、モミジの具合もよく、そして何より、壁があります!!

150531-111859_R.jpg
さてさて、で、昨日の記事で書いたとおり、混乱中の頭。
混乱の原因の一つが、このように散らかった現場。

思えばGW作業前は、GW作業で壁下地が終わっているために、急ピッチで作業をしていたので、いろんなものを片付ける余裕が無かったのです。

150531-111903_R.jpg

150531-113544_R.jpg
ただでさえ混乱している頭で、さらに現場まで混乱していたらうまく行くわけがありませんね。

150531-114555_R.jpg

150531-114612_R.jpg

150531-114959_R.jpg
ということでお掃除しました。
これですっきり。
作業が始められそうです。

150531-134547_R.jpg
作業はといえば、まずはユニットバスを支える土間コンの型枠を外しました。
これはUITTG BABYが作ってくれたものですが、色々と作る都合上「この型枠、外せなくってもいいですか?」みたいなことになっていました。

なので、外さないつもりだったのですが、やはり付けっぱなしだとシロアリの通り道になったりとか、そういうリスクもあるようなので、外せる部分だけでも外すことにしました。

で、さらに、画像の左下に見慣れないものがありますね。
この現場には似つかわしくないものがありますね(笑)
そう、レーザーレベルです。
iwanamiさんが「数年間は使う予定が無いから」と貸してくれたのです♪
初めて使うレーザーレベルにワクワク♪

せっかくなので、これで敷居を入れてみましょう。

150531-144014_R.jpg
うまく入りました。
今までが水盛りばかりだったので、いきなり江戸時代から現代にタイムスリップした感じです。
確かに水盛りより便利??

僕の使い方が下手なだけかもしれませんが、レーザーレベルの使い勝手にも癖があるような気がします。
まず、高さ調整。
今回のように敷居にぴったりの高さにレーザーを当てようとすると、その高さ調整が案外大変です。
レーザーレベル本体も、貸していただいた三脚もそこまで調整の幅は広くないので、結局その下に材料か何かを置いて調整します。

あと、レーザーも案外太い??
水盛りの場合は水面の直線が基準になるのですが、レーザーの場合は光の線の幅自体が2~3ミリはあるような感覚です。

さらに、当然ですが、自分の位置によってはレーザーをさえぎってしまいます。
そのあたりを気をつけて作業する必要があります。

広いスパンの水平や垂直を簡単に目視したり、あるいは水糸的な使い方をするのはレーザーレベルでしか出来ないことですが。
案外、ポイントポイントのレベルを取るだけだったら、水盛り缶の方が正確だし、やりやすいと思うわけです。
いや、僕のレーザーレベルの使い方が下手なだけかもしれませんがね。

ともあれせっかく貸していただいたものですので、大事に使わせていただきますね♪

この後の作業については、明日の記事で書きます。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


初めての大引き(2015年5月31日) - 2015.06.15 Mon

昨日の記事の続きです。

初めてって、ドキドキしますよね。

初めて手を繋いだあの日。
新緑の中の遊歩道で。
恐る恐る君の手を握る僕。
振りほどかれたら、どうしよう・・・。
でも君はそっと、僕の手を握り返してくれた。

・・・。

あー。
帰ってきました。
追憶と妄想の世界から(笑)

古民家再生での初めての作業ってドキドキですし、面白いです。
初めての貫穴、初めての敷居入れ、初めての木舞、初めての荒壁。
どれもとても楽しかったです。
まあ、でもそんな作業も慣れていってしまうんですけどね。
で、慣れた頃に次の作業になります。

そんなわけで、荒壁塗りが終わった僕は、新たな作業として床作りに取り組むことになり、そのための床下地、大引きを入れることになりました。
初めての大引きです!!

まあ、でも、今までたくさん入れていたような敷居や畳寄せとは違って、化粧にならない材ですから、気が楽といえば楽です。
さてさて、どうやって入れたものか。

150531-160951_R.jpg
床作りはとりあえず、洗面所から始めていくことにしました。
洗面所の床を貼らないことには、ユニットバスが入らないらしいので。

150531-160954_R.jpg
ということで、この区間に大引きを入れることにします。

大引きを入れる上で気をつけるべきことといえば、強度的に問題なく入れることと、高さを間違えないことですかね。
我が家の場合、床は上からフローリング(15mm)、捨て貼(12mm)、根太(54mm)、大引きという順番で入れます。
ということで、大引きの上端はFLよりも81mm低いところに来ることになります。
ちなみに大引きは3.5寸角で、3尺ピッチで入れることにしました。

で、入れ方なのですが、イモで切って斜めにビス留めでは流石に雑だし、強度的にも不安だよなあ。
しかし、自分が何か仕口を作れるわけでもない。
自分が唯一できることといえば、雇いホゾくらいしかない!!
ということで、雇いにしました。

150531-173923_R.jpg
大引きを刻みます。

150531-173954_R.jpg

150531-173958_R.jpg
雇いのホゾ穴を掘って。

150531-174546_R.jpg
雇いを入れ。

150531-174726_R.jpg
このように入りました。

150531-175103_R.jpg
添え柱をしたこちら側の端はこんな感じです。

この日の夜に考えていたら気付いたのですが、よく考えると雇いにする必要は全然ありませんでした。
L字金物がたくさん手元にあるから、あれを使えばよかったんだよな。
雇いにするとホゾ穴を掘ったり調節したりで、1箇所に2時間近くかかります。
やり方を間違えて、時間を無駄にしちゃいました。
(まあでも、L字金物よりも雇いの方が丁寧な仕事には変わりないのですが)

150531-181550_R.jpg
この日にやるべきことがもうひとつ。
有賀製材さんに注文するための根太と捨て貼用の荒野地を木拾いしました。

いい時間になってしまったので、この日の作業はこれでおしまいにしました。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


洗面所の大引きを入れていく(2015年6月6日) - 2015.06.16 Tue

6月6日の作業です。
先週に引き続き、洗面所の床下地を作っていきます。

150606-101155_R.jpg

150606-101157_R.jpg
まずは、前回のやり残し。
雇いのホゾにボンドをつけて、固定させていきます。

150606-102655_R.jpg
補助のビスを斜めに揉んでここの大引きは完成。

150606-103912_R.jpg
続いてこちら。
上の赤線がFL、下の赤線が大引きの上端です。

150606-103917_R.jpg
ここは雇いもやりたくないし、柱の状態としてL字金物も使いにくそうだったので、その下にある根絡みを利用することにしました。
このように1寸厚の根絡みにさらに1寸厚の捨て材を打って、厚みを持たせます。

150606-104951_R.jpg
その上にさらに捨て材を打って。

150606-111834_R.jpg
大引きを乗せていきます。

150606-112248_R.jpg
記事の冒頭で入れた大引きとの接点は、このようにイモ付けで。
もちろん単なるイモじゃまずいので、工夫します。

150606-112255_R.jpg
それは反対側から。

150606-112529_R.jpg
コーチボルトを揉むこと。
このやり方は強度的には結構強いと思います。

150606-114528_R.jpg
仕上げに束を立ててこの部分は完成。

150606-114731_R.jpg

150606-114954_R.jpg

150606-115347_R.jpg

150606-120020_R.jpg
ついでに、昔入れたコーチボルトの頭が邪魔になりそうだったので、座掘りをして引っ込めました。

150606-132932_R.jpg
そして、こちらにも大引きを入れます。

150606-132939_R.jpg
下からL字金物で支えて完成。

あれこれ考えながらの作業なので、サクサクは進みませんが、ここまでのところは順調のようです。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

野人

Author:野人
こんにちは。
野人っていいます。
前職はラーメン屋台を経営していました。

伊那谷にて2012年暮れに築150年の古民家を購入し、3年4ヶ月かけて最低限の面積を再生して、2016年3月末に移住しました。
全ての再生は10年計画なので、まだまだ続きます。

もちろんプロの方々にもお世話になりますが、お金があまり無いので、なるべく低予算と自力での再生を頑張っています。

ブログの記事数は膨大なので、手っ取り早く内容を知りたいという方はこちらのスライドショーをご覧ください。
ブログの内容を25分に凝縮しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZpFnv9gLmJM

自分が古民家再生をする上で、他の人のブログを参考にしたり、あるいはHPから知識を得たり、ネット社会には本当にお世話になっています。
なので、自分自身も再生の過程を発信することで、少しでもネット社会から与えてもらったものに対して恩返しできればと思っています。

皆様からいただけるコメントに励まされ、またブログを通じて広がってゆく人の輪がとても楽しみです。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にお使いください♪

ご用件のある方は
zenhankai@yahoo.co.jp
あるいは
090-1707-2071
までどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
11位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カテゴリ

なぜ古民家なのか? (22)
購入前の話 (58)
古民家探し (18)
参考にしたもの (25)
購入前の検証 (9)
売買交渉 (6)
古民家再生の方法論 (45)
屋根について (13)
基礎・土台について (9)
再生工程 (947)
ゴミ片付け (59)
庭・敷地・開拓 (28)
住宅設備 (17)
薪ストーブ (50)
解体 (77)
電気工事 (31)
躯体の補強 (78)
土壁の下地 (108)
蔵 (13)
木材 (12)
建具 (71)
屋根 (72)
壁塗り (57)
その他の工程 (66)
床 (96)
配管 (4)
天井 (77)
土壁以外の壁 (19)
漆塗り (12)
再生計画の全体像 (83)
予算・資金 (28)
おさらい (20)
設計 (8)
WEB内覧会 (6)
ビフォーアフター (10)
派生した話 (77)
旧宅(借家) (10)
道具の話 (26)
スズメバチ駆除 (7)
ブログ運営 (11)
ボクサー骨折 (9)
取材 (14)
古民家暮らし (82)
移住 (5)
家庭菜園 (43)
薪作り (20)
家族の話 (84)
食生活 (30)
個人的なこと (38)
ラーメン (11)
全半会 (27)
住宅考・生活考 (35)
その他 (49)
未分類 (2)
生活の道具 (4)
井戸小屋の再生 (23)
キノコ栽培 (2)
温水システム (0)
給湯システム (21)
薪小屋作り (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR