topimage

2017-08

足場を組み始める(2014年4月23・24・25・27日) - 2014.05.15 Thu

躯体の補強が終わって、蔵の歳壊しも終わって、いよいよ今回の古民家再生最大の山場である屋根の改修が始まります。
まずは足場を組んでいくところから。

140423-144434_R.jpg
最初に正面にこのように設置されました。

140423-144505_R.jpg
なるほど。
こうやって階段がつくのですね。

140424-144659_R.jpg

140424-144729_R.jpg

140425-105216_R.jpg
とりあえず正面部分は屋根足場まで出来ました。

140427-085228_R.jpg
下の方にクランプの箱が見えます。
この屋根は大きいので、足場屋さんもいくつかは単管やクランプを買い足したようです。

140427-085314_R.jpg
下の足場はぐるりと囲んで。
屋根足場は正面だけは出来ましたが、残りはもう少し時間がかかりそうです。


ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

屋根に上ってみる・屋根の実測(2014年4月27日) - 2014.05.21 Wed

4月27日の作業を続けます。
この日はいろいろなことがあったので時間軸はバラバラですが、午前の終わり辺りの時間で屋根に上りました。
初の屋根上りです。

というのも今までは碌な足場もなく、しかも僕は高いところが得意ではないため。

140427-135312_R.jpg
ちなみにこの時点で足場がかかっているのは、棟方向の西面だけです。
このように妻面はかかっていない。

140427-135501_R.jpg
足場のテラスから撮影。

140427-135505_R.jpg
こうやって撮影するとまだまだブルーシートは大丈夫なように見えますが、実際にはまったく駄目です。
劣化しまくって、雨水通しまくりです。

140427-135604_R.jpg
で、このときは遊びで上ったわけではなく、目的は屋根の実測です。
これから屋根下地を作っていくための材料を墨つけする必要がありますから。

140427-135606_R.jpg
というわけで僕は、屋根の隅っこでスケールの端を持つ係。

140427-135616_R.jpg

140427-135622_R.jpg
なかなかスリルのある高さです。

140427-135635_R.jpg

140427-140055_R.jpg
もうこの辺なんて、ブルーシートがなくなっちゃってるんだもんなあ。

140427-140511_R.jpg
妻方向もこのように実測します。

実測はさっさと終わっちゃったので、屋根の棟まで上ってみることにしました。

140427-140643_R.jpg
これが棟です。

140427-140646_R.jpg
そして我が家自慢の棟木。
兜みたいでかっこいい形をしています。

140427-140657_R.jpg
景色もすごくいい。
棟木のところで大体11メートル。
うちの周りを見渡しても、我が家より高い建物はありません。

平屋なのになあ。
茅葺屋根ってすごいです。

140427-140844_R.jpg
見下ろすとなかなかスリルがありますけれどね。
ただ、屋根にはこれから何度となく上っていくことになるはず。
この高さにも早く慣れなければなりません。

そういえば、意外や意外。
僕は屋根の上では案外警戒に動けました。

なはは。
そういえば僕は身長に対して、手が長いんだよなあ(笑)
そして、子どものときは木登りが得意だった気がする。

スパイダーマンのような軽快さで屋根の上を移動できます。

140427-141331_R.jpg
あ、そういえば。
午前中の終わりに曳き屋さんがトラックで石を運んでいきました。
ドナドナドーナー、ドーナー♪



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


屋根のブルーシートをはがす(2014年4月27日) - 2014.05.30 Fri

しばらくの間味噌の記事ばかり載せて、久々に本編である古民家再生の話に戻ります。
味噌作りの話ばかり載せていたら、見る見るうちに読者さんが減っていって。
過疎化しております(涙)
まあ、あくまで古民家再生ブログで、味噌作りには興味ない人も多いから仕方ないですけれど。

というわけで読者さんを呼び戻すために(?)、本編再開です。
4月27日の作業の続きです。

140427-163145_R.jpg
もう1週間もせずにGW作業が始まり、屋根工事も本格的に始まります。
その前にやるべきことといえば、このようにボロボロになっているブルーシートを剥がすこと。

140427-163146_R.jpg
ブルーシートってのは日光や雨風に晒されると本当に劣化しちゃうものなのですね。
雨漏り対策としてはほとんど意味がないので、剥がしていきます。

140427-163355_R.jpg
ついでに棟木まで登って、跨っちゃいました。

140427-163400_R.jpg
これが北東側の上り棟を見下ろしたところ。

140427-163419_R.jpg
家の反対側。
東側の敷地。
こちら側を見下ろすのは初めてなので、とても新鮮です。

140427-163506_R.jpg
家の周囲を見渡した様子。

140427-163512_R.jpg
本当に気持ちのいい眺めです。
周囲にはうちの古民家以上に高い建物はありません。
うちは平屋なのに、やっぱり茅葺の古民家というのはとても屋根が高いものです。
かっこいいですね。

140427-165215_R.jpg
さてさて。
景色を眺めてばかりいないで、作業しましょう。
ブルーシート剥がしでしたね。

140427-165848_R.jpg
ビリビリになっているブルーシートをカッターナイフで切って、剥がしていきます。
久々に露わになる茅葺屋根。
1年以上ブルーシートに覆われていた部分です。

140427-172045_R.jpg

140427-172049_R.jpg
この日はこのように、西面のブルーシートを剥がして作業を終えました。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


母屋を刻んだり・足場を掛けたり、土台を作ったり(2014年4月29日) - 2014.05.31 Sat

4月29日は仕事でしたが、早めに終わったので、3時半くらいに現場入りしました。

140428-161619_R.jpg
あ、これは28日の写真。
Fさんの頭上にある軒が入ったところらしいです。

ビフォーの写真あるかな・・・。

120923-112810_R.jpg
あ、ありました!!
2012年9月23日、購入から3ヶ月前の写真。

ちょうど反対側、家の内側からの撮影ですが。
この世の物とは思えないものが写っています(汗)

まあ、何というか。
軒が腐って、折れていたわけですね。
それがこんな風に、綺麗に直りました。

ちなみに直した材料は、家の床下辺りに眠っていた謎の木材です(笑)

140429-154552_R.jpg
一方、あゆみ大工氏は家の中で母屋材の墨付けをやっております。
西面の屋根だけで母屋材は30本以上。
結構な量を刻みます。

140429-155243_R.jpg
この日は足場屋さんも来ていて、仕事をしていきました。
威勢のいいお兄ちゃんたちだったけれど、すごく楽しそうだったな。

140429-163437_R.jpg
2日前の27日に曳き屋さんが整地してくれたばかりでしたが、ついでに砂利も敷いてもらいました。
これでずっと悩まされてきた泥濘もましになりそうです。

140429-163638_R.jpg
あとは、小屋裏にも足場板を敷いて、歩きやすくしました。

GW辺りから本格的に屋根工事が始まるので、そのために必要な準備を色々とやっている感じです。

140429-171259_R.jpg
こちらではFさんがモルタルを練っています。

140429-171306_R.jpg
型枠も組んで。
ここに独立基礎を入れるわけですね。

140429-171404_R.jpg
先ほどの軒。
この軒を支えるための基礎のようです。

140429-171617_R.jpg

140429-171829_R.jpg
西面の屋根と、屋根足場。

僕はというと、蔵の屋根養生をやり直したり。
でもあまりやることもなく・・・。
みんな各々の作業をしているしなあ。
中途半端な時間に来るとやれることも限られてきます。

140429-174944_R.jpg
あまり大したことも出来ず、夕方に。
Fさんが作ってくれた独立基礎も完成したようです。

お?!
何だこれは??
いつも見かけるシンペイさんのモルタルとは作風が違うぞ。

ふーむ。
やはりシンペイさんのモルタルは、荒ぶるアーティストの作品だったのですね。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


母屋を仮組みする(2014年5月3日) - 2014.06.03 Tue

さて、それではいよいよGW作業開始です。
といっても、現地集合であちこちからやってくるので、開始時点では僕とあゆみ大工さんと侍とくーちゃんの4人です。

140503-102118_R.jpg
敷地にはこのように製材屋さんから大量の木材が届けられています。
左から隅木用の材、垂木材、そして高く積んであるのは野地板です。

140503-090536_R.jpg
さっそく力仕事。
この4寸角の母屋材を大量に土間に運び入れます。

140503-092134_R.jpg
4メートル材が50本くらい、3メートル材が3本です。
これらはみんな裏面の、東面の材料になります。

140503-092143_R.jpg
こちらの軒下には住みつけの終わった母屋材。
表面(西面)の母屋材は一番下の材料7本のみ刻んであって、あとの刻みはこれからです。

140503-092721_R.jpg
この日の最初の目標は、一番下の母屋(一の母屋)を入れていくこと。
4寸角の4メートル材が7本です。
それらを上げていく前に、まず地表にて仮組みをしていきます。

140503-092730_R.jpg
こちらが今回使った継ぎ手、「追っかけ大栓継ぎ」です。
本当はもう少し簡易的な「鎌掛け」辺りを考えていたのですが、あれだと折れてしまう可能性があるので、雌雄同体で強度のある「追っかけ大栓」になりました。

140503-093059_R.jpg
母屋材には番号が振ってあって、それぞれの継ぎ手に「上」「下」の印が打ってあります。

140503-093116_R.jpg

140503-093133_R.jpg
で、それぞれ上下をこのようにあわせて。

140503-093143_R.jpg

140503-093153_R.jpg
掛矢で軽く打っていきます。

140503-093205_R.jpg
結構スムーズに入り、「緩いんじゃないの」とか思われるところですが、これでいいのです。
こんな重いものを上で本組みするんだから、きつくて、掛矢で何度も叩かないと入らないようだと大変です。

140503-093229_R.jpg
それに追っかけ大栓自体がこのように、最後に込み栓を打ちこんでがっちりと固めるものなので、大丈夫です。

140503-093237_R.jpg
仮合わせが確認できたら、反対から軽く叩いて外していきます。

140503-093246_R.jpg
そしてそれぞれの印のところに〇をうって一丁上がり。
これを7本分繰り返していきます。

あ、そうそう。
母屋を運んでいる最中辺りでKT君、UM君、KM君の3人が合流して来ました。
KT君とUM君は去年9月の竹取以来。
KM君は去年のGW作業以来となります。

人が続々と集まってきて、いよいよGW作業が始まってきました!!



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

野人

Author:野人
こんにちは。
野人っていいます。
前職はラーメン屋台を経営していました。

伊那谷にて2012年暮れに築150年の古民家を購入し、3年4ヶ月かけて最低限の面積を再生して、2016年3月末に移住しました。
全ての再生は10年計画なので、まだまだ続きます。

もちろんプロの方々にもお世話になりますが、お金があまり無いので、なるべく低予算と自力での再生を頑張っています。

ブログの記事数は膨大なので、手っ取り早く内容を知りたいという方はこちらのスライドショーをご覧ください。
ブログの内容を25分に凝縮しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZpFnv9gLmJM

自分が古民家再生をする上で、他の人のブログを参考にしたり、あるいはHPから知識を得たり、ネット社会には本当にお世話になっています。
なので、自分自身も再生の過程を発信することで、少しでもネット社会から与えてもらったものに対して恩返しできればと思っています。

皆様からいただけるコメントに励まされ、またブログを通じて広がってゆく人の輪がとても楽しみです。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にお使いください♪

ご用件のある方は
zenhankai@yahoo.co.jp
あるいは
090-1707-2071
までどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
6位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カテゴリ

なぜ古民家なのか? (23)
購入前の話 (58)
古民家探し (18)
参考にしたもの (25)
購入前の検証 (9)
売買交渉 (6)
古民家再生の方法論 (45)
屋根について (13)
基礎・土台について (9)
再生工程 (971)
ゴミ片付け (59)
庭・敷地・開拓 (48)
住宅設備 (17)
薪ストーブ (52)
解体 (77)
電気工事 (31)
躯体の補強 (78)
土壁の下地 (108)
蔵 (13)
木材 (12)
建具 (71)
屋根 (72)
壁塗り (57)
その他の工程 (67)
床 (96)
配管 (4)
天井 (78)
土壁以外の壁 (19)
漆塗り (12)
再生計画の全体像 (83)
予算・資金 (28)
おさらい (20)
設計 (8)
WEB内覧会 (6)
ビフォーアフター (10)
派生した話 (78)
旧宅(借家) (10)
道具の話 (27)
スズメバチ駆除 (7)
ブログ運営 (11)
ボクサー骨折 (9)
取材 (14)
古民家暮らし (153)
移住 (5)
家庭菜園 (88)
薪作り (41)
家族の話 (87)
食生活 (32)
個人的なこと (42)
ラーメン (11)
全半会 (31)
住宅考・生活考 (36)
その他 (53)
未分類 (5)
生活の道具 (5)
井戸小屋の再生 (23)
キノコ栽培 (2)
温水システム (0)
給湯システム (27)
薪小屋作り (37)
小説 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR