topimage

2017-06

よろび起こし1日目(2013年8月19日) - 2013.08.23 Fri

さて、それではいよいよよろび起こしが始まっていきます。
8月19日がその初日でしたが、幸運にも仕事が4時過ぎに上がれたので、作業が終わるちょっと前に現場に到着し、見学することが出来ました。

いきなりよろび起こしをするのではなく、まずは土台や柱をジャッキアップすることによって水平を取り戻し、よろび起こしで垂直を取りながら、傷んでいる躯体を交換し、仮筋交いなどで固めます。
ここまでの作業が1ヶ月で終わるか、もう少しかかるか・・・。

130819-165731_R.jpg

130819-165736_R.jpg

130819-165757_R.jpg
作業はまず南側の土間から始まっていました。
このようにジャッキをたくさん使いながら、建物を持ち上げていきます。
水平を取り戻すために、場所によっては10センチ以上持ち上げます。
で、場所にも寄りますが、持ち上がった後はパッキンをかませてジャッキを取り外します。

130819-165902_R.jpg
このように梁や桁につっかえ棒のように噛ませて、持ち上げるところもあります。

130819-171228_R.jpg
春日工業(曳き屋さん)の2人がジャッキアップをしている間に、あゆみ大工さんが廃材などを使って、必要な大きさと形のパッキンを切り出します。
あゆみ大工さんが木を加工しているのは久々に見ましたが、やっぱり大工さんはこの姿が一番かっこいいですね♪

130819-171434_R.jpg

130819-171539_R.jpg
このように、ゆっくり着実に、水平を取り戻していきます。

130819-171603_R.jpg
そういえば全然関係ないけど、撮影中にモグラの後を見つけました!!
本当に関係ないけど(汗)

130819-171711_R.jpg
春日工業さんは年配の方2名でいらっしゃってました。
春日さんの年齢を聞くと、何と79歳!!
流石にびっくりしました。
2代目の息子さんは基礎屋さんをメインでやっているそうです。
79歳で現場にいらっしゃるんですね。
曳き屋さんの技術が如何に貴重かがわかります。

現場の平均年齢が高いせいで、50歳のあゆみ大工さんが若手に見えます!!

130819-171721_R.jpg
南東側の下屋にもジャッキをかませ。

130819-171734_R.jpg
このように持ち上げていきます。

130819-171912_R.jpg
このようにジャッキをふんだんに使えるのも、曳き屋さんならではです。

130819-174311_R.jpg
根元が腐りきった大黒柱も。
この大黒柱のための材料は既に注文してあって、最長120センチほどの長さで下から根継ぎをするそうです。

130819-174601_R.jpg

130819-174611_R.jpg
そういえば気付いたのが、大黒柱のところに見慣れぬ「かすがい」が。
ジャッキアップしたときに仕口が外れないように、打っておいたらしいです。

さてさて。
わずか30分くらいでしたが、貴重な作業現場を見ることが出来て、すごく楽しかったです。
本当に毎日でも見に行きたい。
ああ、でも、悲しき勤め人。
週末を中心に見に行って、後はあゆみ大工さんが撮ってくれる写真を楽しみにするのみです。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

よろび起こし1日目その2(2013年8月19日) - 2013.08.24 Sat

あゆみ大工さんにプレゼントしたカメラ用にSDカードを2枚買ってあって、2枚を交代で使いながら僕が写真を貰って帰る仕組みにしてあります。
今日、さっそくSDカードを交換できたので、新しいカメラの写真が手に入りました。

内容はというと、まずは「よろび起こし1日目」です。
ちょうど昨日の記事で僕が書いたことですね。
僕が撮った写真は夕方5時頃から作業終了までの僅かな間のものですが、あゆみ大工さんの撮った写真は作業中のもの。
内容としては被っている部分も多いので、今日は余計な説明はなるべく省いて、あゆみ大工さんが撮ってくれた写真をせっかくなので掲載します。
(実は今日も丸一日作業してきて、疲れ気味なんです・・・)

あ、ちなみに言っておきますが。
やはり新しいカメラの方が画像が綺麗ですね。
自分のカメラも同じのに買い換えようかな、なんて本気で思ってしまいました。
そしたら嫁さんも「私も同じのがほしい」だって(笑)
うーん。
サンタさんにお願いしてみるか・・・?

130819-103623_R.jpg

130819-103638_R.jpg

130819-103658_R.jpg

130819-103950_R.jpg

130819-105232_R.jpg

130819-105244_R.jpg

130819-105256_R.jpg

130819-113003_R.jpg

130819-155000_R.jpg

130819-155014_R.jpg

130819-155100_R.jpg

130819-155128_R.jpg
春日工業のお二人は大ベテラン。
心強いです!!

130819-160004_R.jpg

さて、簡単ではありますが今日の記事は以上です。
実はですね、今日僕は現場でちょっとしたことに挑戦し、成功したんですよ。
そのせいで今は疲れていたりもしますが。
また近いうちにその「ちょっとしたこと」の報告をします。
お楽しみに☆



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


よろび起こし3日目(2013年8月21日) - 2013.08.25 Sun

あゆみ大工さんに撮影していただいた、よろび起こし3日目の作業風景です。
僕が現場で見ていたわけではありませんので、分かる範囲で解説していきます。

平面図7(現状・番号付き)
まずは、久々の平面図を。

130821-100813_R.jpg
取り壊された「い」の下屋跡地です。
僕が物件を買ったときには訳の分からない物置になっていましたが、元々は風呂場だったようです。
昭和初期頃(?)
そのため床は安っぽいコンクリートになっています。

130821-100851_R.jpg
随分と開放的になった土間。
壁や建具は取り払われ、「ろ」の下屋もとっくに解体されています。

130821-111252_R.jpg
場所によってはジャッキアップする際に、井桁を組んで土台にします。
土台を底上げするためでしょうか?

130821-111317_R.jpg
これは「は」の下屋部分。
1日目の作業で僕が見学していて、ちょっとてこずっていた部分です。
普通にジャッキアップすると、柱が外側にずれて、貫が抜けていってしまいます。
1日目はうまく行かないままに、翌日に持ち越しとなりました。
それがこのように、チェーンで固定しながら持ち上げて落ち着いたようです。


130821-111341_R.jpg
別アングルから。
持ち上げたものの、補修や交換が必要そうな箇所ですね。

130821-111404_R.jpg

130821-111423_R.jpg
これは「は」の下屋と母屋とを区切っていた板の落とし壁です。
どうするのかなとおもっていたら、やはり取り外されていました。
土蔵というのはこのような落とし壁に竹釘を打って、その上から土壁を塗っていくそうです。
なぜこのような落とし壁が母屋に一箇所だけ使ってあるのかは不明です。

さてさて。
このように家のジャッキアップは順調に進んでいきます。
ああ、じかに見られないのが残念(涙)



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


よろび起こし5日目と卓球の練習試合(2013年8月23日・25日) - 2013.08.26 Mon

よろび直し5日目です。
例によって僕の分かる範囲で解説していきます。

130823-115045_R.jpg
昨日の記事と同じように、ホゾが外れないように鎖で繋いであります。

130823-115104_R.jpg
家の東面です。
茅も躯体も北面の次に傷んでいる箇所ですね。

130823-115240_R.jpg
同じ箇所を別アングルより。
屋根の傷みがひどいものです。

130823-115126_R.jpg
こちらは交換が必要な柱です。

130823-115143_R.jpg
何本か抜いたんですね。

130823-115155_R.jpg
こちらに関しては既に折れてしまっています。
雨漏りによる腐朽と、よろびが原因でしょう。

さて、現場にいなかったのであまり詳しく解説できず。
今日の記事は以上です。

と思ったのですが、一つ自慢させて下さい。

昨日8月25日は卓球部の練習試合でした。
団体戦が組めるギリギリ4名で行く予定でしたが、急遽部員1名が来られないことに。
というわけで、僕が代わりに団体メンバーとして出場しました。
相手はAチーム・Bチームがあったので、両方と戦って。
僕は1回戦目は5番手、2回戦目は4番手でした。
結果は両方とも勝利!!
団体としても勝てました。

で、残った時間は申し込み試合。
相手校のたくさんの生徒が申し込んでくれて。
全ての生徒(8名)と対戦し、全勝☆
もちろん相手校の生徒も強かったですよ。
特にうち2名はフルセットの接戦まで持ち込まれました。
ただ、いやらしい回転ばかりかけるカットマンのおっさん相手じゃ、純粋無垢な生徒は戦い辛かったことでしょう。

三十路のおっさんだけど。
卓球は小学校4年~中学校3年までしかやってないけど。
最近忙しくて、3週間ぶりに打ったけど。
勝てて嬉しい限りです☆

まだまだ捨てたモンじゃないな。
うん。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


よろび起こし6日目(2013年8月24日) - 2013.08.28 Wed

今日は昨日の記事を別アングルから。
僕がコンクリートを壊している間の、あゆみ大工さんの作業内容についてです。

まずは現場の写真から。
130824-090616_R.jpg

130824-090806_R.jpg

130824-090718_R.jpg
よろび起こし作業も6日目。
僕は1日目の終わりの方をちょっと覗いただけだったので、久々に現場を見れました。
写真でも分かるとおり、土間の外側の土台が抜かれています。
(この辺りが廃材になってるんですけどね・・・)

130824-090942_R.jpg
あと、随分道具や資材関係が増えていました。
写真は部分的にコンクリートを打つための砂利や砂など。

130824-090946_R.jpg
土間を外側から見た様子。

130824-095949_R.jpg
そうこうしているうちにシンペイさんという方がやって来ました。
あゆみ大工さんの話の中にも時々出てきて、古民家再生を手伝っていただいているようです。
実際にお会いするのはこの日が初めてでした。
ちなみにこの日は忘れ物を取りに来ただけで、すぐに帰られました。

130824-144854_R.jpg
土間の余分な土をすき取ったり、掃き清めるあゆみ大工さん。

130824-133304_R.jpg
2人で楽しく作業を進めました。
やっぱり一人よりも楽しいし、はかどりますね。

130824-164857_R.jpg
夕方頃、なんか柱が抜かれていました。

130824-164904_R.jpg
あれー?
ここにあった柱が!!
下の上がり框のところに柱のホゾだけが残されています。
こうやってジャッキアップで周りを支えながら、傷んだ柱とかを交換していくんですね。

130824-181831_R.jpg
1時間ほど外出して、帰ってきたらこのようになっていました。
写真で分かるでしょうか?
上がり框の下にあった土台が抜かれています。

130824-181838_R.jpg
養生のダンボールでよく見えませんが、上がり框がほとんど浮いたような状態になっています。

130824-181928_R.jpg
この日の作業終了風景。
なかなか風情のある現場ですな。

さて、この日の再生作業自体はこれで終了。
ただ、もう一仕事残っています。
そのことはまた明日・・・。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

野人

Author:野人
こんにちは。
野人っていいます。
前職はラーメン屋台を経営していました。

伊那谷にて2012年暮れに築150年の古民家を購入し、3年4ヶ月かけて最低限の面積を再生して、2016年3月末に移住しました。
全ての再生は10年計画なので、まだまだ続きます。

もちろんプロの方々にもお世話になりますが、お金があまり無いので、なるべく低予算と自力での再生を頑張っています。

ブログの記事数は膨大なので、手っ取り早く内容を知りたいという方はこちらのスライドショーをご覧ください。
ブログの内容を25分に凝縮しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZpFnv9gLmJM

自分が古民家再生をする上で、他の人のブログを参考にしたり、あるいはHPから知識を得たり、ネット社会には本当にお世話になっています。
なので、自分自身も再生の過程を発信することで、少しでもネット社会から与えてもらったものに対して恩返しできればと思っています。

皆様からいただけるコメントに励まされ、またブログを通じて広がってゆく人の輪がとても楽しみです。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にお使いください♪

ご用件のある方は
zenhankai@yahoo.co.jp
あるいは
090-1707-2071
までどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
9位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カテゴリ

なぜ古民家なのか? (23)
購入前の話 (58)
古民家探し (18)
参考にしたもの (25)
購入前の検証 (9)
売買交渉 (6)
古民家再生の方法論 (45)
屋根について (13)
基礎・土台について (9)
再生工程 (968)
ゴミ片付け (59)
庭・敷地・開拓 (46)
住宅設備 (17)
薪ストーブ (52)
解体 (77)
電気工事 (31)
躯体の補強 (78)
土壁の下地 (108)
蔵 (13)
木材 (12)
建具 (71)
屋根 (72)
壁塗り (57)
その他の工程 (67)
床 (96)
配管 (4)
天井 (77)
土壁以外の壁 (19)
漆塗り (12)
再生計画の全体像 (83)
予算・資金 (28)
おさらい (20)
設計 (8)
WEB内覧会 (6)
ビフォーアフター (10)
派生した話 (77)
旧宅(借家) (10)
道具の話 (26)
スズメバチ駆除 (7)
ブログ運営 (11)
ボクサー骨折 (9)
取材 (14)
古民家暮らし (112)
移住 (5)
家庭菜園 (68)
薪作り (24)
家族の話 (86)
食生活 (31)
個人的なこと (38)
ラーメン (11)
全半会 (27)
住宅考・生活考 (35)
その他 (51)
未分類 (3)
生活の道具 (5)
井戸小屋の再生 (23)
キノコ栽培 (2)
温水システム (0)
給湯システム (27)
薪小屋作り (36)
小説 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR