topimage

2017-06

敷地内の建物 - 2013.01.29 Tue

今までの記述はほとんど母屋に関するものでしたが、そればかりじゃ足りません。
何せ700坪近い敷地と、たくさんの付属建物がありますから!!

じゃあということで、今日は敷地と付属建物について書きます。
まずは敷地の平面図を。

古民家の敷地

えーと。
ざっくりですが、緑色で囲ってあるところが敷地です。
まだ境界線の確認が完了してないんですよ。
現在は雪が積もっているので、雪解けを待って確認するって『売買契約書』にも書いてありますw
あと、何の都合か分かりませんが、全体的に建物が大き目に描いてある感じがします。

じゃあ、一つずつ説明していきましょう。

まずは①の母屋。
もちろん再生計画のメインになるところです。

②は2階建ての蔵です。
以前にも何回か描いてありますが、数年前に落雷を受けて、半分燃えています。
屋根に波板を載せ替えれば、何とか使用は出来そうです。
まだまだ迷い中ですが、思い切って壊すか、あるいは家畜小屋として利用するかも知れません。

③も2階建ての蔵です。
こちらは落雷は受けていませんw
じゃあ無事かっていうと、実は②の蔵以上に絶望的な状況です。
土壁が崩れ落ちて、山のようになっていて、出入り口が塞がれています。
前の持ち主の言うには、50年位前からそのような状態だったということです。
こちらの蔵が駄目になったから、新たに②の蔵を建てたのではないかということです。
中は一切見れませんし、遠くから見ると、屋根瓦を突き破って木が生えています。

④は2.5坪の茶室です。
前の持ち主が茶道をしていたとかで、敷地内に建っています。
いやー、贅沢な趣味ですね。
とはいっても、永らく使われていないらしく、朽ちつつあります。
再生は可能かな。

⑤は物置です。
昔は家畜小屋だったという噂も。
地図上だと2棟有るけれど、現存するのは一つ??
安普請で、再生するような価値も無いけれど、蔵や茶室の状況によっては残すかも・・・。

あと、敷地ですが、樹高15メートルくらいの木々に覆われています。
道路から見ると、田畑の中に突然森が現れるような。
だからある程度木も切っていかないといけないですね。
幸い、南側にはそれほどたくさん生えていないのが救いといえば救いですが。


古民家再生のブログが集まっています。
僕のよりも、もっと参考になるブログがたくさん集まっているので、覗いてみてください。
クリックしてくださる皆さんに感謝です。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

庭木(屋敷林??)の様子 - 2013.02.02 Sat

一昨日の記事で敷地内の建物を紹介しましたが、今日は敷地の様子です。

うちの古民家はとおりからちょっとだけ入った場所にありますが、周りは疎らな民家と田畑なので、目立つはずです。
でもこれが、全然見えないんですな。
なぜならばこんな状況だから。

PA270626_R.jpg
ものすごい高さの庭木(屋敷林?)に覆われています♪
その中に埋もれるように、ちょこんと茅葺屋根の棟飾りみたいなのが見えて、かわいいですね☆

もう少しいくつか画像を出してみましょうか。

PA270617_R.jpg

PA270615_R.jpg

PA270620_R.jpg

PA270619_R.jpg

PA270611_R.jpg

PA270616_R.jpg
こちらは例の雷で燃えた蔵ですけどね・・・(笑)

とまあ、こんなに立派過ぎる屋敷林で覆われているわけなんですよ。
枝が敷地内にはみ出して、めちゃめちゃ迷惑です(汗)
友達の林業者に見せたら、「俺じゃ切れねえな」なんて言われちゃいました。
いや、周囲に民家に迷惑をかけないためには、クレーンなどを使った特殊伐採をする必要があるということですけれど。
あと、もう一つ問題が、雷で燃えた蔵辺りの木が何本か、火事の影響か立ち枯れています。

救いは、南側にはあまり木がないこと。
だから日照は良いんです。

でも、敷地をはみ出したり、どの道、普通の家が持つにしては大き過ぎる木であることは確か。
なんかね、神社の御神木みたいなんですよ。
だから、再生の中でいくつかは切っていかないといけないなと。
家には薪ストーブを置くつもりだから、暫くは薪は自給できそうですが(笑)

もう一つ、とおりの反対側から見た風景も載せておきましょう。

PA270625_R.jpg

PA270624_R.jpg

PA270623_R.jpg

PA270622_R.jpg

PA270621_R.jpg
茅葺屋根が山か竪穴式住居みたいでしょ??
もうね、大好き♪
しかも、最後の写真を見て下さい。
お隣の2階建ての家よりも、平屋の古民家の方が屋根が高いんです。
写真だと同じくらいの高さにも見えますが、実際には古民家の方が遥かに奥にありますからね。
もう、男心をくすぐりまくりです♪

高すぎる木々といい、でかすぎる古民家と屋根といい、必ずや僕を困らせるでしょう。
そんなことは分かってるんです。
でも僕はこの家に恋しちゃったんです。
僕が恋しちゃった家の魅力は伝わりましたか??


古民家再生のブログが集まっています。
僕のよりも、もっと参考になるブログがたくさん集まっているので、覗いてみてください。
クリックしてくださる皆さんに感謝です。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村


蔵の片付けと開拓(2013年3月10日) - 2013.03.10 Sun

今週末は昨日が大会引率、そして今日の午前中は娘の地区児童会の歓送迎会でした。
せめて午後からだけでも行こうかと準備をしていると、横殴りの雨orz
ああ。だめじゃん。
ってことで、3時くらいまでゴロゴロしていました。

3時過ぎには雨もやんだので、一人で古民家へお出かけ。

ただ片づけをしようにも、保証人さん、ゴミの処分が進んでいませんよ(汗)
2週間前から一度も処分した形跡がありません。
つまりは、先週の月曜日に生徒達と片付けた
130304-180707_R.jpg
この状態のまま。
一人でも蔵の片付けは出来るけれども、肝心のゴミを置く場所がない。

でも、ちょっとやるかと、やってみる。
130310-161035_R.jpg
小間板??
何かの蓋を再利用して作ったような・・・。

130310-161331_R.jpg
巨大なしゃもじみたいなやつ。
味噌を作るときとかに使うのかな?

130310-161637_R.jpg
多分作りかけの階段。
そうとしか見えない。

この辺りまでやって、ああ、もういいやなんていう気分になっちゃいました。
ゴミを置く場所がないから、まったくはかどりません。
蔵の片付けはまた今度。
今日は違うところをやろう。

って、何をやるかというと。
それは今までなかなか出来なかったこと。
庭木の伐採です。
つい最近まで雪がかなり積もっていましたからね。

古民家の敷地2
敷地はこんな感じで、今日は赤い印を打ってあるところをやりました。

それがですね、もう大変で。
庭木の手入れとか、そういった次元じゃないんですよ。
もうね、一言で言えば「開拓」
それくらいの規模です。
ついつい「開拓」なんていう、新しいカテゴリまで作っちゃいました(笑)

まず、手をつけたのがこちら。
130310-164509_R.jpg
低木(1)っていう印が打ってあるやつです。
ちょうど蔵と母屋との中間にあって、微妙に邪魔。
先週の月曜日に生徒を待っている間に枝切り鋏で切ってはみたものの、案外切りにくく、いっそのこと伐採してしまえと。

どうやって伐採するかというと、片づけを始めた頃に母屋で見つかった電動チェーンソー。
ヤスリを買ってきて目立てをし、オイルを補充して準備万端です。

って、涼しい顔で書いてますけど、チェーンソーなんて使うのは生まれて初めてですよ。
目立ての仕方とかはこの間M君に教わったけれど・・・。

恐る恐る細めの枝を切ってみると、なんだ、切れるじゃん。
キックバックさえ気をつければ、それほど難しいものでもなさそうです。
しかもこのチェーンソー。
電動にしてはそこそこ良い代物らしいのですが、いかんせん電動。
つまりは、負荷がかかったときにはキックバックする前に、モーターが止まるんです。
力は足りないけれども、ある意味安全仕様(笑)

そんなこんなで、慣らし運転を兼ねて低木を切っていきました。
ただ、低木って大体そうだろうけれども、根っこの辺りから複雑に枝分かれしている。
だから切る際にも、パズルゲームのように順番を工夫しないと、危なくて仕方ない。

頑張って切りましたよ!!
130310-173917_R.jpg
すっきり♪
ああ、でも、抜根の仕方はこれから勉強します(汗)

130310-173237_R.jpg
続いてはこちら。
低木で出来た生垣というんでしょうか。
なんだか二重に低木が生えています。
大きいほうはチェーンソーで切れるとして、小さい方はどうしようか。
と思って触っていると、案外抜けました。
頑張るとね。
きっと雪とか霜のせいで、弱っているんでしょう。
春になって生命力を取り戻す前にやっつけた方がいいかもしれません。
ただ、抜けるといってもかなり力が要りますけどね。
ところどころ鋏で切りながら、半分くらいまで抜いていきました。

ちなみにこの生垣の奥はこんな感じになっています。
130310-173254_R.jpg
これはもう、紛れもない「荒野」
ここは駐車場にするつもりなので、ゴールデンウィーク辺り、仲間が集まってくるまでにはきれいにしておきたいものです。

次に、低木を抜くのにも疲れたので、もう一度チェーンソーの快感をと、こちらの低木に狙いを定める。
130310-174005_R.jpg
これは低木(2)ってなってるやつです。
母屋の軒下辺りにある。
現在邪魔しているってわけでもないけれど、再生計画の中では絶対に邪魔になる。
仮説足場を組めないとか。
なので切っちゃいましょう。
130310-175345_R.jpg
いいですね。
すっきり。
ちなみにここまで、切った低木は家の隅に積んであります。
敷地が広いので、そういったスペースに困らないのはありがたいです。
いちいち処分してられないので、野積みにして土に帰るのを待ちましょうかね。

130310-180743_R.jpg
最後に低木を抜いた成果を写真に撮ろうとしたけれど、既に日暮れでこんな感じにしか写りませんでした。

さて、今日はおしまい。
これからは開拓もどんどんやっていかないと、足場が組めないな。
今までは古民家再生のことばかり勉強してきたけれど、そこにプラスして伐採とか抜根の勉強もしないと・・・。


古民家再生のブログが集まっています。
僕のよりも、もっと参考になるブログがたくさん集まっているので、覗いてみてください。
クリックしてくださる皆さんに感謝です。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村


駐車場の整地(前半)(2013年3月20日午前) - 2013.03.22 Fri

(この記事は一度間違って削除しちゃいました。何とか復活できましたが・・・。2名の方からいただいたコメントは復活できませんでした。お詫び申し上げます。)

そういえば、今日。
仕事の用事で外出して、そのまま6時ちょっと前に直帰して、まだ微妙に明るい時間でした。
なので、車2台のタイヤ交換をすることに。
古民家再生で忙しいから、こういった生活の隙間を活用するしかありません。

で、いつものように長女を駆り出して、二人でタイヤ交換。
ジャッキアップとか着脱はもちろん僕がやるけど、タイヤを運んだりというサポートは長女にやって貰います。

やっていると驚いたことに、長女はタイヤ二つをいっぺんに運んでしました。
前までは一つずつがやっとで、しかも持てないから、転がして運んでいたのに。
そのことを長女に言うと、
「そりゃ、これくらい持てるよ。古民家再生で鍛えられてるから
との返事。
ちなみに14インチのタイヤです。

うーん、頼もしい!!
古民家再生を通じて、一家で団結して、心も体も丈夫になってくれ。
なんて思った本日の夕方でした。

さあ、では本題に行きましょう。
昨日、3月20日の話です。
ブログでやり取りがあったとおり、UITTG BABYとN君の2名が手伝いに来てくれました。
前夜に電話してみて、どこの作業をするのか聞いてみると、「駐車場の整地をしたい」とのことでした。
ふむふむ。

当日、朝の9時に集合。
N君はちょっと遅れてくることになったけど。
家からありったけの農機具みたいなのを持っていって、UITTG BABYに見てもらいます。
「ジョレンが欲しいな」
みたいな返事。

ジョレンって、ネットで調べても用途ごとにいろんな形があって、「これがジョレン!!」って物が良く分かりません。
だから彼の求めるジョレンというものも、いまいち分からない。
鍬じゃ駄目なんかやあ?
くらいの感想。

じゃあ、ホームセンターまで行ってジョレンを買いましょう。
って、出かけたのが開店直後の綿半。
ジョレンはまず2000円くらいでありましたが、UITTG BABYのお目には適わず。
「楔が無いなあ。抜けそうだなあ。柄が邪魔だなあ。歯がしょぼいなあ」
みたいなことをぶつぶつ言っています。
まあ、彼にしてはいつものことなんですけどね(笑)

もう一つランクが上のジョレンは7000円超えで、手打ちで、とてもホームセンターにあるとは思えない奴。
うーむ。
いくら必要とはいえ、ちょっと買えないかな・・・。
UITTG BABYの言うには「他所にはもっとお値打ちなのがあるはず」とのことだったので、とりあえずは剣先スコップ(980円)を買って、店を出る。

その後、カインズホームに行くも、売り切れ。
続いていったコメリでは、3480円で売っていました。
これまた立派な奴が。
近所には他にホームセンターはないので、これで手を打つしかなさそうです。
3480円か・・・。

古民家に戻るとN君が来ていたので、3人で作業開始です。
古民家の敷地3

この平面図での左手、生垣と荒地となっているところに駐車場を作っていきます。
ちなみに地図上では、土地利用は畑ですね・・・。

130320-102127_R.jpg
生垣と荒地。
生垣は特に意味が無く、邪魔なだけです。

130320-102134_R.jpg
生垣の向こうの荒地。
畑も数年放置すると、こうなっちゃうんですね。

130320-105541_R.jpg

130320-105524_R.jpg
まずは生垣の余分な枝や幹をチェーンソーで切っていきます。
後で抜きやすいように、太い幹を一本だけ残して。

130320-104714_R.jpg
なんじゃこりゃ?
荒地の中から朽ち果てたソファーが出てきました。
不用品を畑に放置するなって・・・。

130320-110953_R.jpg
そしたら今度は、残された根っこの周りを掘っていきます。

130320-113021_R.jpg
うーん。大変だ。

130320-112655_R.jpg
ここまで掘っても、まだまだ抜けません。

130320-112900_R.jpg
掘れるだけ掘って、根っこも切れるものは切って、最後は3人で引っ張ったり押したり。
上に残した幹を力点に、てこの原理でぐりぐりと抜いていきます。
やっと一本抜けたので、記念撮影。
ちなみにこいつは、この日に抜いた中では3番目に強敵でした。

130320-114644_R.jpg
2本目。
こいつは2番目の強敵。


130320-115037_R.jpg
3本抜いたところ。
この時点でお昼近いです。

ふう。
あと5本くらいあるから、全部抜いたらお昼にしようか、と思っていたらトラブル発生。

130320-115202_R.jpg
剣先スコップが折れちゃいました(涙)
あーあ。
安物とはいえ、使って1時間ちょっとでゴミになっちゃったよ。
とか思っていたら、UITTG BABYが、
「いや、ひどすぎでしょう。返品しましょう
という爆弾発言。
こいつ、なかなか図太いな・・・。

「じゃあ君が交渉してくれるのね」
と聞くと、
いや、それは先生がやって下さい
はあ。
コノウチベンケイメ!!

スコップが折れたので作業は中断。
お昼ごはんを兼ねて、折れたスコップを返品するために、ダメモトでホームセンターに向かうのでした。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村


駐車場の整地(後半)(2013年3月20日午後) - 2013.03.22 Fri

昨日の記事の続きです。

折れたスコップの代わりになるものはないかと古民家の敷地内を散策することにしました。
だってこれだけ広くて、物もたくさんあるんだから、スコップくらいあってもいいでしょう。
といって、崩れたほうの蔵を見るも駄目。
うーん、と思って覗いたのが3坪くらいの物置。
そういえばここはまだ開けたことがなかったよな。
物件を見つけて半年、購入して3ヶ月経つのに、まだまだ開けてもないところが結構あるものです。

開けてみると・・・。
130320-115838_R.jpg
ふーむ。
よく分からない(汗)

130320-115844_R.jpg
奥にも区切られた部屋が。
ちなみのこの物置ではヤギを買っていたと聞いてはいますが・・・。

130320-115902_R.jpg
木製のトイレでした(汗)
とっくの昔に埋められてはいますが。
母屋にあるトイレは明らかに後から増築された部分だったので、かなり昔はここがトイレだったようです。
木製ってすごいな・・・。

結局スコップがなかったので諦めて、綿半に行くことにしました。
綿半のレジでスコップを差し出し、
「朝に買ったばかりで、もう折れちゃったんですが・・・」
と、申し訳なさそうに差し出すと、レジのおばちゃんは
「あらまあ。最近こういうこと多いんですよ。ひどいですよね!!」
と、全面的にこちらの肩を持ってくれました。
おばちゃん、ありがとう。
というわけで、スムーズに返金。
代わりに、3180円もする、綿半の中では最高級の剣先スコップを買いました。
今度のは根切り用で、刃先が付いています。

あーあ。
ジョレンに続いてスコップも高いよ・・・。
とか腹の中では思いつつ、生徒の手前、「やっぱり長く使える方がいいよね」なんて言って、気前よく買いましたとも。
だって、生徒が無償で手伝ってくれているのに、教員が道具代をケチるってのはかっこ悪いじゃないですか。
無償で働いて貰う分、いい道具をそろえて、なるべく気持ちよく作業をして貰いたいものです。

そのまま「すき家」に行って昼食。
午後から作業再開です。

$R27FAUS.jpg
午前中はここまで進みました。
生徒二人は抜根作業の続きを、僕は荒地に散らばっているゴミの片づけをしていきます。

なんかですね、ゴミだらけなんですよ。
空き缶とか空き瓶とか。
しかもこんな感じ。
$R7XPL5J.jpg

$RR0WLJE.jpg
画像では伝わりにくいかと思いますが、ゴミが燃やされています
いや、普通じゃないかということなんですがね・・・。
でも内容がさっき言ったようなビンや缶やペットボトル。
明らかに燃えないもの。
そんなものまで含めて、まとめて灯油でもかけて、無理やり燃やしたような感じなんですよね。

実はですね、この家の前の家主の奥さんは、3年位前に庭でゴミを燃やしていて、服に燃え移って大やけどを負い、そのまま帰ってきていません。
そんなことを聞きました。
そしたらですね。
燃え跡から、燃え残ったような衣服が出てきたんですよ。
まさしく焚き火から燃え移っちゃったような・・・。

あーあ。
嫌なものを見ちゃったな・・・。
みたいな心境で、黙々と片付けていきました。

そんなことをしていると、抜根作業をしている生徒からヘルプがかかりました。

$RQIE70Q.jpg
出ました。
本日の大ボスです。
掘っても掘ってもびくともしません。
仕方なく小回りの利く移植小手で地道に掘り、根をむき出しにし、チェーンソーで根切りをしていきます。
刃が土に触れてしまう危険があるので、本当はチェーンソーでの根切りは良くないんだけど・・・。

で、1時間くらい苦戦して掘り起こしたのがこちら。
130320-142124_R.jpg
やっとのことで大ボス退治です。

2時を過ぎていたので、ここでちょっと休憩。
そしたら休憩後から雨が降ってきました。
130320-142242_R.jpg

130320-142318_R.jpg
みんなタフなので、雨のことには一言も触れず、整地作業を続けてゆきます。

130320-152216_R.jpg
楽しく、談笑しながら。

130320-163640_R.jpg
着実にきれいになっていきます。

130320-164500_R.jpg

130320-164737_R.jpg
5時ちょっと前、整地はひとまず終了。
本当はもうちょっとやりたかったんだけど、雨も止まないし、地面がぬかるんで整地できなくなってきたので終了。

比べてみますか。
130320-102127_R.jpg
ビフォー♪

130320-164737_R.jpg
アフター♪
かなりの成果が見えますね。
開拓してみてびっくりしたんですが、この土地だけで30坪以上あります。
駐車場だと詰めなくても6台くらいは停められます。
「ここだけで家建てれるじゃん」
と、生徒もびっくり。

5時で、まだ明るかったですが、雨も降っていたので母屋に入って休憩します。
130320-171222_R.jpg
いやあ、いつ見てもこの土間の雰囲気はいいですね。
お茶を飲みながらお菓子を食べ、談笑します。
話してみて分かったのは、この二人は重機マニア。
この家の開拓や開墾に関して、重機の名前を並べながら相談しています。
僕はついていけない(汗)

そのまま雨が止むまで休憩して帰ろうと思ったら、若くてエネルギーが余っている二人。
蔵から発掘された農機具で遊び始めました。
130320-172720_R.jpg

130320-173016_R.jpg
※雨がザーザー降っている中です
通称「カタカタ」で20分くらい遊ぶ二人。
あはは。
面白いね。

「カタカタ」遊びが終わって、どこかに行ったと思ったら今度は敷地すぐ横の用水路にいました。
130320-175104_R.jpg
蔵から発掘されたジョレンで石をすくう。
そんな石どうするの?
って思っていたら、
130320-175111_R.jpg
家の目の前にある段差を塞いでくれていました。
さすが土木マニア!!

整地はできたけど、どうやって駐車場にしようか・・・。
手順としては転圧して、砕石を敷いて、もう一度転圧すると、ちゃんとした駐車場になるらしいです。
問題は転圧をどうするか・・・。
転圧機を借りてくるか。
ローラーを借りてくるか。
あるいはたこ突きを自作して、地道に固めるか。
どうにか考えなければなりません。

雨も止みそうにないし、暗くなってきたので、とりあえずこの日はお開きにしたのでした。


ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

野人

Author:野人
こんにちは。
野人っていいます。
前職はラーメン屋台を経営していました。

伊那谷にて2012年暮れに築150年の古民家を購入し、3年4ヶ月かけて最低限の面積を再生して、2016年3月末に移住しました。
全ての再生は10年計画なので、まだまだ続きます。

もちろんプロの方々にもお世話になりますが、お金があまり無いので、なるべく低予算と自力での再生を頑張っています。

ブログの記事数は膨大なので、手っ取り早く内容を知りたいという方はこちらのスライドショーをご覧ください。
ブログの内容を25分に凝縮しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZpFnv9gLmJM

自分が古民家再生をする上で、他の人のブログを参考にしたり、あるいはHPから知識を得たり、ネット社会には本当にお世話になっています。
なので、自分自身も再生の過程を発信することで、少しでもネット社会から与えてもらったものに対して恩返しできればと思っています。

皆様からいただけるコメントに励まされ、またブログを通じて広がってゆく人の輪がとても楽しみです。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にお使いください♪

ご用件のある方は
zenhankai@yahoo.co.jp
あるいは
090-1707-2071
までどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
9位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カテゴリ

なぜ古民家なのか? (23)
購入前の話 (58)
古民家探し (18)
参考にしたもの (25)
購入前の検証 (9)
売買交渉 (6)
古民家再生の方法論 (45)
屋根について (13)
基礎・土台について (9)
再生工程 (968)
ゴミ片付け (59)
庭・敷地・開拓 (46)
住宅設備 (17)
薪ストーブ (52)
解体 (77)
電気工事 (31)
躯体の補強 (78)
土壁の下地 (108)
蔵 (13)
木材 (12)
建具 (71)
屋根 (72)
壁塗り (57)
その他の工程 (67)
床 (96)
配管 (4)
天井 (77)
土壁以外の壁 (19)
漆塗り (12)
再生計画の全体像 (83)
予算・資金 (28)
おさらい (20)
設計 (8)
WEB内覧会 (6)
ビフォーアフター (10)
派生した話 (77)
旧宅(借家) (10)
道具の話 (26)
スズメバチ駆除 (7)
ブログ運営 (11)
ボクサー骨折 (9)
取材 (14)
古民家暮らし (111)
移住 (5)
家庭菜園 (67)
薪作り (24)
家族の話 (86)
食生活 (31)
個人的なこと (38)
ラーメン (11)
全半会 (27)
住宅考・生活考 (35)
その他 (51)
未分類 (3)
生活の道具 (5)
井戸小屋の再生 (23)
キノコ栽培 (2)
温水システム (0)
給湯システム (27)
薪小屋作り (36)
小説 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR