topimage

2017-08

生命の足音(2012年9月28日) - 2012.12.22 Sat

基礎や屋根の勉強をしていて、ちょうど銅板葺き屋根について調べていた頃。
遠くからやってくる、小さな足音を感じながらの日々でした。

そして、「コンコン」。
お?
誰かがやってきたようです。


(以下、facebookの9月28日午後1時28分の記事から引用)

今日は予定日。
といっても、ぜんぜん陣痛らしきものは来ず。
昨日今日でお休みもらっちゃったので、昨日は嫁さんと小渋ダムまで釣りに行ってしまったよ。

今日は午前中に検診があって、病院のすぐ近くにいつも行っている釣りのスポットがあるので、ついでに嫁さんと釣りでもして帰ろうと、餌のミミズ掘りをしていました。
嫁さんも釣り好きだし、生まれちゃうとなかなか遊びにも行けないからね。
この時期はミミズを探すのにも苦労しました。

で、出発しようとしたら、破水らしき水漏れが・・・。
病院に行って診察を受けると、破水しているからそのまま入院に。
あーあ。
ミミズが無駄になっちゃったねって、夫婦で笑いあう。
今日はガソリンコンロとカップラーメンも持ったから、優雅に湖畔でランチするつもりだったのに。

で、私は娘を迎えに一時帰宅です。
娘は今日は早退してそろそろ帰ってきます。
さっきご飯を炊いてお結びも握ったし、電子レンジを借りられるようだから、おでんも持っていこう。
今日か明日か、のんびりと生まれるのを待とう。

入院してすぐに陣痛促進剤の同意書を助産師さんに求められました。
うちは事前に夫婦で話をしてあって(病院にも希望は出しておいた)、使用するつもりは無いのに・・・。
理由を聞くと「明日は土曜日で、人手に不安があるから・・・」とか、云々・・・。
子供の「生まれたい」という動きと、母親の「生み出したい」という動きがあって、あとはタイミングで噛み合わないこともあるんだろうけれど・・・。
大人の都合(病院の都合?)で、薬でそのタイミングをコントロールするのはどうなんだろ。
うちの夫婦はなるべく自然に近い分娩を望んでいますが。
とにかく事前の話し合いどおり、母子の生命に危険が無い範囲で自然に近い形で誕生して欲しいです。

ケータイではネットを使わないので、しばらくオフラインになりますが、また報告いたします。
画像は今朝の出発直前。
破水してても笑顔で写真撮れる余裕があってよかった☆


(引用終了)

P9280436_R_R.jpg

facebookにも載せた破水直後の嫁さんです。
あわてず、記念撮影したから出発(笑)
(画像はちょっと加工してあります)

この後、早退してきた長女を乗せて、再び病院に向かいました。
もうちょっとでやって来る、新しい生命に迎えに。


古民家再生のブログが集まっています。
僕のよりも、もっと参考になるブログがたくさん集まっているので、覗いてみてください。
クリックしてくださる皆さんに感謝です。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

新しい家族(2012年9月28日) - 2012.12.22 Sat

そして数時間後、無事に生まれました。

(以下、facebookの9月29日午前0時19分の記事から引用)

本日17時14分、家族が一人増えました。

あれからいろいろ準備して、なんだかんだ病院に到着したのは15時くらい。
促進剤は使わず、すでに10分周期の陣痛が始まっていました。
設備の整った病院の個室だったので、アットホームな雰囲気の中で陣痛を待ったり逃がしたり。
CDプレーヤーでBGMをかけることができたので、準備していったCDをずっと流していました。
コーランとか・・・。
僕はムスリムじゃないんだけれど、素朴な詠唱で心が洗われるんだよ!!
まあずっとコーランってわけにもいかないので、大部分は家や車でいつも聞いてるやつにしましたが。
50年代~80年代洋楽の出産用ミックスみたいな。

そんなこんなで(もちろん嫁さんは大変だったけれども)17時14分に無事生まれてくれました。
3014gで49cm。
女の子でした。
身長が147センチしかない嫁さんにとっては、大変だったよな・・・。

ほとんどの人は「男の子」って予言してたんだけれど、最終的に上の娘の願望(妹が欲しい!!)を神様は叶えてくれたようです。
すべて立ち合うせてもらいましたが、少しも「ショック」とかそういったのは無く、ただひたすら神秘的で美しいものを見させてもらった想いです。
最後に念願だったへその緒を切らせてもらいました。
後産で出てきた胎盤は今回は食べないことにしました。
昔の人は食べていたみたいだから、次回以降のチャンスがあったら嫁さんと相談しておこう。

一段落したところで嫁さんはタイミングよく夕食。
僕と娘も電子レンジを借りて夕食にしました。
おでんとお結びのシンプルな夕食。

そのまま10時近くまで一緒にいさせてもらって、帰宅。
娘とお風呂に入って、いまPCに向かっています。

今日感じたこと。
母親ってすごい。
人間も、生命もすごい。
自然の摂理ってすごい。
ただひたすらすごくて感動。
自分はちっぽけな男に過ぎないけれど、偉大な母親のおかげで子供を授かり、抱かせてもらえる。
感謝。
上の娘もちゃんと立ち会って、泣きながらもみんな受け入れてくれた。
感謝。

名前は「周」にしました。
妊娠初期からずっと話し合って、決めてあって。
今日、最終的に性別と、子供の顔を見てから改めて夫婦で相談して、原案通りとなりました。
読めますかね??
高校レベルの日本史の知識があれば読めるはず・・・?
読み方は明日にでもお知らせします。

明日は午後から娘と釣りに行きがてらお見舞いに行ってきます。(逆か・・・)
出産に関して、心配や応援をしてくれたみなさん、ありがとうございました。
鈴木家は今日も幸せです。


(引用終了)

P9280467_R.jpg

生まれた直後の写真です。

新しい生命を授かった喜びを感じながら、再生計画は続いてゆきます。


古民家再生のブログが集まっています。
僕のよりも、もっと参考になるブログがたくさん集まっているので、覗いてみてください。
クリックしてくださる皆さんに感謝です。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

初詣とインバネスコート - 2013.01.04 Fri

今日は家族で諏訪大社に初詣に行ってきました。

でも、まずは行く途中で古民家に寄って、ちょっと下見。
物件が見つかった直後にちょうど嫁さんは出産しているので、なんだかんだ中身をしばらく見ていなかったから。
久々に見てもらって、リフォームのイメージを膨らませて貰います。

古民家平面図
薄々気づいていたけれど、今日ちゃんと見てみるとやっぱり、右上にある囲炉裏は潰されていました。
無残にもコンクリートを流し込まれて(涙)
嫁さんとしては囲炉裏はこだわっていたので、残念そうでした。
僕としては囲炉裏はもちろん欲しいけれども、囲炉裏を維持すると18畳間に台所を置けなくなるかなあと、複雑だったので、これで諦められます。

だから18畳間の右上辺りに台所を持ってくれば、18畳間が純和製のLDKとして使えそうな予感です。
あと、囲炉裏がなくなった分、18畳間の右下辺りに薪ストーブを置こうかと思います。

じゃあ囲炉裏は無しにするのかというと。
やっぱりそれは寂しいので、8畳間の真ん中に置ければいいなと思っています。
せっかく自在鍵とかは健在なんだから。

広すぎるくらい広くて、でも台所もトイレもお風呂も作るとなると、なかなかスペースの工面に苦労します。
もう少し現地を見ながら、イメージを膨らます必要がありそうです。

ついでなので雪化粧をした古民家の前で、インバネスコートで写真を撮りました。
P1040756_R.jpg
まずは後姿。

P1040755_R.jpg
そして、正面から。
下にダウンを着たまま羽織ったので、着膨れてます(笑)

ところでインバネスコートって知っていますか??
イギリスのインバネス地方特有のコートで、本来ならば馬に乗るときに使用するものです。
有名な人で言うとシャーロック・ホームズだとか、アルセーヌ・ルパン1世だとかが着ています。
日本には江戸末期に渡ってきました。

さて、このインバネスコートが明治~昭和初期の日本で大流行しました。
一つには、形状が袖なしコートの上にマントが一体化しており、着物の上から羽織れるものであったこと。
なので、明治期の、まだサラリーマンが着物で仕事をしていたときに重宝されました。
着物の上からだと普通のコートは無理ですからね。

もう一つには、1902年に締結された日英同盟。
日本としては憧れの存在であり、「栄誉ある孤立」を貫いていたイギリスと同盟できたのは、まさしく国中が狂喜するような出来事でした。
そんな親英ムードの中、イギリスのこのコートがますます流行したのでした。

出展は忘れてしまいましたが、日英同盟直後の東京のある駅前では、歩いている男性の8割くらいがこのインバネスコートを着ていたといわれています。

でまあ、そんなコートを僕は24歳のときに買いました。
100年前の本物です。
そして縫われていた糸がすべて劣化していたので、ラーメン屋さん時代のお客さんに頼んでリフォームして貰いました。
購入代金よりリフォーム費用の方が高かったですよ(汗)

そんなわけで、それから毎年愛用しています。
といっても、無駄に目立つので、初詣とかに着るくらいですけどね(笑)
初詣のときは寧ろ「男の正装!!」くらいの気持ちで着ています(えへん)

せっかくインバネスコートを持っていて、せっかく古民家を買ったのだから、組み合わせない手は無い!!
といった感じですね(笑)

写真が撮れたので大満足しながら、諏訪大社に行きました。
こちらでもインバネスコートでパチリ。
P1040762_R.jpg
マント付きだから子供は抱きにくいかと思いきや、案外抱きやすかったです。
しかも、マントの中に入れたあげられるので、暖かそう♪

いやはや。
久々にインバネスを着れて、いい一日でした☆


古民家再生のブログが集まっています。
僕のよりも、もっと参考になるブログがたくさん集まっているので、覗いてみてください。
クリックしてくださる皆さんに感謝です。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

マグロの血合いの唐揚げ - 2013.01.30 Wed

以前にもちらっと書いたとおり、古民家購入によってほとんど手持ちの現金がなくなりました。
よく月収の3か月分は残しておけなんて言いますが、現金化していない投資信託が残っているので大丈夫でしょう。
ただ再生でまとまった額が必要になるまでは投資信託を崩すのも癪なので、今あるお金だけで生活して行こうとは思っています。

というわけで、節約生活。

もともとすごく倹約癖があるのですが、しばらくはそれに輪をかけていきましょう。
とりあえず目標は1人1食100円以内(米飯代は除く)です。
これも昔は当然のようにやっていたので、それほど大変なことではないのですが・・・。

今日の夕食はマグロの血合いの唐揚げ。

昨日、スーパーでマグロの血合いが大量に安くなっていたので買ってきて、ニンニク・ショウガなどの漬け汁で下味をつけておきました。
今夜はそれをから揚げにして夕食。

P1300913_R.jpg
こんな感じです。
ニンニク・ショウガ・日本酒・醤油・豆板醤で味付けしてあり、臭みも上手に抜けています。
200円で買ってきた血合いの3分の1くらいを揚げたので、これだけで60円ちょっと!!
調味料類を考えても3人前で100円以下です。

食卓全体はというと、
P1300914_R.jpg
こんな感じです。
日曜日に大なべ一杯作っておいた呉汁(チゲ風味)と、神島産のメカブを添えて。
本当はもう一品、青物なんかを添えて、彩り豊かな感じにしたいものですが、このところの寒さで葉野菜が高いですからね(汗)
でも、呉汁が野菜たっぷりなので、栄養バランス的には大丈夫です。
毎朝グリーンスムージーも飲んでるし。
米飯を抜きで考えると、3人前で多分250円くらいのはずです。
目標達成♪
マグロの血合いの唐揚げはまだ2日間続きそうなので、明日はレモン風味にして、明後日は南蛮漬けにでもしようかな。
なんて、飽きないようなバリエーションを考えています☆

ああっと。
付け加えですが。
食事は基本的に僕が作っています。
料理は嫁さんも得意ですよ。
ただ僕が料理好きなものだから、作らせてもらってるんです。
毎日、いかに安く美味しく作るか工夫することがとても楽しいです。


古民家再生のブログが集まっています。
僕のよりも、もっと参考になるブログがたくさん集まっているので、覗いてみてください。
クリックしてくださる皆さんに感謝です。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村



最初で最後かも。茅葺屋根の前で集合写真。(2013年2月3日) - 2013.02.04 Mon

昨日の朝、10時からタッキーさんと古民家で待ち合わせをしていました。
タッキーさんには年末に一緒に古民家に行って、躯体の腐朽箇所を指摘してもらっていたので、今回は侍と一緒にその確認です。

この日はもう一つやっておきたいことがありました。
それは茅葺屋根の前での、家族の集合写真。
そんなのいつでも撮れるかと思いつつ、次女の首が据わって、家族で動けるようになったのが年明けぐらいから。
でも、今年は雪が多いせいで、なかなか古民家には家族で来れず。
しかもタイマーでってのも大変だから、誰かにシャッターを押してもらわないといけないし。

それにですね、現在の茅葺屋根はもう限界を超えていて、あちこちから雨漏りしています。
だから、古民家再生を本格的に始める以前に、まずはシートを被せて防水する必要があります。
防水に関しては、色々な方法を探っておりましたが、T開発の伝で10万円で大工さんがやってくれることになりました。
そのシート被せが今週の早いうちにやるとすると、もう茅葺が隠れてしまうので、昨日に集合写真を撮るしかなかったのです。
古民家は再生する中で、もっともっと素敵になっていくわけですが(多分)、せっかく現状は貴重な茅葺であるので、それが見納めになると思うと寂しいものです。

というわけで、約束よりも30分早い、9時半にみんなで古民家に行きました。
で、タッキーさんが来る前にさっさと写真を撮ってしまおうと。
そしたら、僕らがついた直後にやってきたのが、保証人さん。
片づけをしに来てくれました。
で、保証人さんとうちの嫁さんが会うのは久々だし、娘は初対面だしで、挨拶をしていたらタッキーさんも現れて(汗)
あはは。
すみません。
古民家の敷地辺りが4台の車で大渋滞です(汗)
いや、もちろん敷地は広いんですが、現状では木がたくさんあって、車が入れるスペースは狭いんですよね。
えーと。どうしよう。

なーんて困っていると、都合よくタッキーさんと保証人さんがお話を始めて、仲良くやってくれてます。
保証人さんが持っていこうとしていたザルをいくつかタッキーさんが貰ったりとかして、いいですね。
さすがタッキーさん。
いろんな人とすぐにお友達になれます(笑)

保証人さんが帰って、じゃあ集合写真を撮ろうかというと、なんとタッキーさんがシャッターを押してくれることになりました。
いいんですか?
僕としてはその辺で暇そうにしているK(保育園からの友人で、造園業を副業でやっている)にでもやらせようと思っていたのに。

フットワークが軽く、何でも引き受けてくれるタッキーさんに感謝です。
で、撮ってもらったのがこちらの写真。

P2030929_R.jpg
ちょっと寂しい気もしますが、これで心残りなく屋根にシートを被せられます。

さて、写真も撮り終わり、嫁さんたちは家に帰して、男達による下見が始まります。
本当は今日はそこまで書きたかったんだけど、ここまでで長くなってしまったので、また明日にします。

古民家再生のブログが集まっています。
僕のよりも、もっと参考になるブログがたくさん集まっているので、覗いてみてください。
クリックしてくださる皆さんに感謝です。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

野人

Author:野人
こんにちは。
野人っていいます。
前職はラーメン屋台を経営していました。

伊那谷にて2012年暮れに築150年の古民家を購入し、3年4ヶ月かけて最低限の面積を再生して、2016年3月末に移住しました。
全ての再生は10年計画なので、まだまだ続きます。

もちろんプロの方々にもお世話になりますが、お金があまり無いので、なるべく低予算と自力での再生を頑張っています。

ブログの記事数は膨大なので、手っ取り早く内容を知りたいという方はこちらのスライドショーをご覧ください。
ブログの内容を25分に凝縮しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZpFnv9gLmJM

自分が古民家再生をする上で、他の人のブログを参考にしたり、あるいはHPから知識を得たり、ネット社会には本当にお世話になっています。
なので、自分自身も再生の過程を発信することで、少しでもネット社会から与えてもらったものに対して恩返しできればと思っています。

皆様からいただけるコメントに励まされ、またブログを通じて広がってゆく人の輪がとても楽しみです。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にお使いください♪

ご用件のある方は
zenhankai@yahoo.co.jp
あるいは
090-1707-2071
までどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
138位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
12位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カテゴリ

なぜ古民家なのか? (23)
購入前の話 (58)
古民家探し (18)
参考にしたもの (25)
購入前の検証 (9)
売買交渉 (6)
古民家再生の方法論 (45)
屋根について (13)
基礎・土台について (9)
再生工程 (971)
ゴミ片付け (59)
庭・敷地・開拓 (48)
住宅設備 (17)
薪ストーブ (52)
解体 (77)
電気工事 (31)
躯体の補強 (78)
土壁の下地 (108)
蔵 (13)
木材 (12)
建具 (71)
屋根 (72)
壁塗り (57)
その他の工程 (67)
床 (96)
配管 (4)
天井 (78)
土壁以外の壁 (19)
漆塗り (12)
再生計画の全体像 (83)
予算・資金 (28)
おさらい (20)
設計 (8)
WEB内覧会 (6)
ビフォーアフター (10)
派生した話 (78)
旧宅(借家) (10)
道具の話 (27)
スズメバチ駆除 (7)
ブログ運営 (11)
ボクサー骨折 (9)
取材 (14)
古民家暮らし (152)
移住 (5)
家庭菜園 (87)
薪作り (41)
家族の話 (87)
食生活 (32)
個人的なこと (41)
ラーメン (11)
全半会 (30)
住宅考・生活考 (36)
その他 (53)
未分類 (5)
生活の道具 (5)
井戸小屋の再生 (23)
キノコ栽培 (2)
温水システム (0)
給湯システム (27)
薪小屋作り (37)
小説 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR