topimage

2017-04

薪小屋基礎の根切りが始まる(2017年4月16日) - 2017.04.26 Wed

4月16日の作業についてです。
ようやく丸一日作業ができる日ができました。

いろいろと昼食を作ったりしながら、10時前に作業開始です。

P4161247_R.jpg
この日は井戸小屋基礎の根切りをするので、以前に量産した型枠18個を運んできました。

P4161245_R.jpg
型枠を運んでいて気づいたんだけど、なんかある・・・。

P4161246_R.jpg
うーん。
動物の骨ですね。
僕の見た感じだと犬っぽい??

P4161249_R.jpg
さて、それでは根切りの開始です。
昨日の記事で説明したとおり、水糸の交点に基礎の中心が来るように作ります。
高さは・・・。

これ、後からやり直したのですが、この時点では水糸-350ミリの深さで設定しました。
計画ではそこに50ミリの砕石を入れ、50ミリの捨てコンを打ち、水糸-250ミリの高さにしようと考えていました。

P4161250_R.jpg
ともあれ、この段階ではその高さで。

P4161251_R.jpg
砕石を入れまして。
どうせステコンを打つときに高さなどは微調整するので、この段階では位置も高さも向きも大体です。

P4161252_R.jpg
ちょうど根切りをしているところの真横に朽ちた切り株があって、それを削りながら掘っていたらシロアリが出てきました。
久々のご対面です。

午前中は手探りの部分もあったので、3つしか根切りできませんでした。
これでお昼ご飯にします。

P4161254_R.jpg
庭の桜がちょうど見頃に近かったので、みんなで花見をしながら焼きそばを食べることにしました。

P4161253_R.jpg
まだ8分咲きかな。
庭でこんな立派な桜を見られるなんて、贅沢です。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ


関連記事
スポンサーサイト

ウッドボイラーの煙突をまたやり直す(2017年4月15日) - 2017.04.25 Tue

昨日の記事の続きです。
土曜日だったので仕事を終えて、午後3時には帰宅できました。
短時間ですが作業を開始します。

P4151234_R.jpg
まずやりたいのはウッドボイラーの煙突のやり直し。
水切りをつけたり、アルミテープを貼ったりしたのですが、結局はまた漏水してしまったので、やり直します。

一番の原因はアルミテープ。
316℃まで耐える高耐熱のテープを使用したのですが、それでもシングル煙突の、しかもボイラーに近い部分での使用は無理だったようで、直ぐに劣化してはがれてしまいました。

それからは高耐熱のコーキングとかも考えたのですが、いろいろと難あり。
シリコン系では耐熱性に限界があり、かといってガスケットのようなものは柔軟性が無かったり、耐水性が無かったり、なかなか良いものがありません。

結局は「煙突のオスとメスを入れ替えれば良いのでは?」という単純な結論に達しました。

P4151235_R.jpg
すでに固定してしまっている煙突なのでやりにくいのですが、がんばって引っこ抜いてやり直します。

P4151241_R.jpg
結果、何とかなりました。
部分的にメス同士を連結する場所が出てしまって、はめ込みが大変ではありましたが、一応ははめ込めました。

P4151236_R.jpg
煙突ができて、家の裏側にウッドボイラーの燃料を取りに行くと、ちょうど桜が咲いていました。
5分咲きといったところです。
翌日には花見ができそうです。

P4151237_R.jpg
ウッドボイラーの燃料となる廃材をいろいろと運んできたら、その中にこんなものがありました。
嫁さんが目ざとく見つけます。

P4151240_R.jpg
嫁さんが洗って解読を試みます。
何かの荷物の送り状のようでした。
昔は木箱だったので、その表面に直接送り状を書いたようです。

こういうのに嫁さんは興味を持って洗ったりするのですが、その後の使い道が分かりません(笑)

P4151242_R.jpg
あと、残りの時間で貫板に水糸を張っていきました。
水糸は細いので画像では見えづらいですね。
それぞれの柱の立つ芯の部分に水糸を張りまして、縦横の交点の部分がこれから作る独立基礎の中心となります。
独立基礎の位置と高さの基準となる水糸です。

P4151243_R.jpg
独立基礎を作るための砕石も届きまして、翌日には独立基礎作りができそうです。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ


関連記事

春の朝活3日目・何とか耕耘機までやった!(2017年4月15日) - 2017.04.24 Mon

春の朝活3日目です。
朝の弱い僕が奇跡的に3日連続で5時に起きることができました(笑)
軽く朝食を食べてから、寒い畑に出ます。

P4151228_R.jpg
前日の作業で残滓や雑草は大体とったので、畑はこの状態です。

P4151229_R.jpg
ビニールマルチを剥がしまして。
いろいろ撒きます。

P4151230_R.jpg
まずは昨年秋に作った籾殻燻炭。
水はけを良くし、微生物の住処となり、土壌改良に役立ちます。

P4151231_R.jpg
さらに薪ストーブの灰と鶏糞。

灰はカリウム分とカルシウム分の豊富な肥料であり、土壌の中和効果もあります。
肥料であり、苦土石灰の代わりにもなるはずです。

鶏糞はメジャーな肥料ですね。
安売りで15キロ一袋100円でした。

P4151232_R.jpg
半年振りの登場になるリョービの電気カルチベータ君。
作業性バッチリです。

P4151233_R.jpg
ギリギリまで作業して一通りの耕耘は完了。
もう一回、直交方向にも耕耘したいかな。

時間がギリギリなので出勤します。
土曜日だけれども7時出勤で仕事なのですよ(汗)



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ



関連記事

春の朝活2日目・雨か霜か(2017年4月14日) - 2017.04.23 Sun

春の朝活2日目。
またも時間通りに起きることに成功。

それにしても寒い!!
外気温は2℃です。

P4141220_R.jpg
畑に出ると見事に霜が降りています。

P4141221_R.jpg
霜どころか、部分的に凍っている感じ。

あーあ。
畑作業には悪条件ですね。

雨だと作業できないし。
かといって晴れていると今度は放射冷却で霜が降りてしまう。

P4141223_R.jpg
それでも仕方ないので、作業しましたよ。
雑草抜きと、秋冬野菜の残滓の始末。

P4141224_R.jpg
昨日の記事で紹介したコンポスターは雑踏で満タンになりまして、まったく意味がなくなってしまったので、改めて雑草は野積みにして堆肥化します。
米ぬかを切りかけておけば秋までには堆肥化できるかな・・・?

コンポスターは多分、生ゴミの悪臭や虫をある程度防ぎながら堆肥化する道具なので、雑草のような100%植物性で、かつ腐敗しにくいものには必要ありません。

P4141225_R.jpg
あ、あと、数日前に崩れていた薪。
忙しい年度初めに崩れるなよ・・・、なんて思いつつ積み直します。

P4141226_R.jpg
これで作業時間いっぱい。
急いで朝食を食べて出勤しました。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ


関連記事

春の朝活1日目・コンポストの掘り・イチゴのマルチかけ(2017年4月13日) - 2017.04.22 Sat

4月第2週は土日が雨の予報。
しかも仕事あり。
水木金が晴れで、土曜日の昼前から雨の予報。
うーん。

木金土の朝に作業すれば、まずまずのコンディションの畑で作業できる?
なーんて考えた4月10日木曜日の朝。
5時に目覚ましをかけておいたら、バッチリ起きられました☆
朝は苦手なんですけれどね・・・。

P4101200_R.jpg
その前にまず前日夕方の写真から。
前日の夕方にもがんばって少しだけ作業しましたよ。
このコンポスト。

これは半年前にいっぱいになって、寝かせてあったものです。
正直水分過多で、アメリカミズアブの幼虫がたくさん沸いてしまって、大変でしたけれどね。
最近覗いてみると穴が開いている・・・。
モグラ・・・?
コンポストの中にミミズがいて、それを目当てにモグラがやってきたのかもしれません。

P4101201_R.jpg
コンポスターを外しました。
堆肥化は80パーセントくらい。
もう一息です。
堆肥化促進剤を物置から探してきてふりかけました。
堆肥化促進剤は引越し以来ずっと物置に眠っていたので、このコンポストでは使用していません。
多分そのこともアメリカミズアブが沸いた要因であると思います。
後から振りかけるものではありませんが、少しでも効果があればとかけておきます。

P4131202_R.jpg
で、翌朝の朝活。
前日に外したコンポスターを埋める穴を新たに掘ります。

そういえば古民家で1年前にやったコンポスターの設置は、引越し後のばたばたの中だったから穴も満足に掘らなかったような。
そういうところにも失敗の原因はありそうです。
今回は失敗したくないので、ちゃんと説明書どおりの深さで掘りました。

P4131203_R.jpg
で、コンポスターを設置。

P4131204_R.jpg
先日駆除した毒草(笑)を入れて促進剤を振りかけます。

P4131205_R.jpg
続いて、畑を耕す準備として、畑の残渣をきれいにします。
たとえば越冬して花が咲いてしまった小松菜とか。
菜花として食べられるのかな?

P4131207_R.jpg

P4131208_R.jpg
まだまだ残渣はたくさんあるし、雑草も元気に生え始めています。
が、これらをすべてきれいにするのはまったく時間が足りず、もっと他にやるべきことを思い出しました。

P4131209_R.jpg
それがこちらのイチゴ。
奥にはニンニクも見えます。
単管は、伐倒の際に畑を保護するために組んだものです。

P4131210_R.jpg
単管を撤去して。

P4131211_R.jpg
イチゴ畑の雑草を刈り取りました。
っと、誤ってイチゴを一株刈ってしまいました(涙)
一番左奥のとちおとめです。
これで8株が7株に減ってしまいました。

P4131213_R.jpg
教本どおり、畝の両脇に溝を掘りまして。

P4131214_R.jpg
そちらに鶏糞を施します。
一応は有機栽培のつもりなので。

P4131215_R.jpg
よく見るとすでに手前側の株には花が咲いていました。
宝光早稲という種類です。
さすが早稲と付くだけあって、早なりなのでしょうね。

P4131216_R.jpg
ビニールマルチを被せまして。

P4131218_R.jpg
土を戻して完成。
なんかすっきりして、イチゴの株も気持ちよさそうです。
マルチを被せると、地温が上がるので生長が随分と早まるらしいです。

P4131219_R.jpg
ニンニクもこのとおり元気。
ニンニクなんて越冬のさせ方が分からなくて随分心配したのですが、雪解けと同時に元気になりました。
タマネギよりも随分と丈夫で、初心者でも問題なく栽培できるものなのかもしれません。

これは何せ球根代だけで1850円もかかった超高級ニンニクです。
我が家庭菜園の希望の星ですので、元気に育ってもらわないと困ります(笑)

P4131217_R.jpg
この日に抜いた雑草はコンポストに入れておきました。

春の朝活1日目は終了です。
2時間くらい作業できました。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ


関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

野人

Author:野人
こんにちは。
野人っていいます。
前職はラーメン屋台を経営していました。

伊那谷にて2012年暮れに築150年の古民家を購入し、3年4ヶ月かけて最低限の面積を再生して、2016年3月末に移住しました。
全ての再生は10年計画なので、まだまだ続きます。

もちろんプロの方々にもお世話になりますが、お金があまり無いので、なるべく低予算と自力での再生を頑張っています。

ブログの記事数は膨大なので、手っ取り早く内容を知りたいという方はこちらのスライドショーをご覧ください。
ブログの内容を25分に凝縮しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZpFnv9gLmJM

自分が古民家再生をする上で、他の人のブログを参考にしたり、あるいはHPから知識を得たり、ネット社会には本当にお世話になっています。
なので、自分自身も再生の過程を発信することで、少しでもネット社会から与えてもらったものに対して恩返しできればと思っています。

皆様からいただけるコメントに励まされ、またブログを通じて広がってゆく人の輪がとても楽しみです。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にお使いください♪

ご用件のある方は
zenhankai@yahoo.co.jp
あるいは
090-1707-2071
までどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
9位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カテゴリ

なぜ古民家なのか? (23)
購入前の話 (58)
古民家探し (18)
参考にしたもの (25)
購入前の検証 (9)
売買交渉 (6)
古民家再生の方法論 (45)
屋根について (13)
基礎・土台について (9)
再生工程 (961)
ゴミ片付け (59)
庭・敷地・開拓 (42)
住宅設備 (17)
薪ストーブ (50)
解体 (77)
電気工事 (31)
躯体の補強 (78)
土壁の下地 (108)
蔵 (13)
木材 (12)
建具 (71)
屋根 (72)
壁塗り (57)
その他の工程 (66)
床 (96)
配管 (4)
天井 (77)
土壁以外の壁 (19)
漆塗り (12)
再生計画の全体像 (83)
予算・資金 (28)
おさらい (20)
設計 (8)
WEB内覧会 (6)
ビフォーアフター (10)
派生した話 (77)
旧宅(借家) (10)
道具の話 (26)
スズメバチ駆除 (7)
ブログ運営 (11)
ボクサー骨折 (9)
取材 (14)
古民家暮らし (87)
移住 (5)
家庭菜園 (47)
薪作り (20)
家族の話 (84)
食生活 (30)
個人的なこと (38)
ラーメン (11)
全半会 (27)
住宅考・生活考 (35)
その他 (49)
未分類 (2)
生活の道具 (5)
井戸小屋の再生 (23)
キノコ栽培 (2)
温水システム (0)
給湯システム (27)
薪小屋作り (10)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR