topimage

2017-06

千里に捧ぐグリーンピースの卵とじ - 2017.06.26 Mon

グリーンピース、実ってます。
1株しか植えていないから、週に1回くらいしか収穫できないけれども、実ってます。

だから、あれを作ることをしました。
グリーンピースの卵とじ!!

千里のために。
っていうと、千里って誰・・・?
って話になって、そのまま、疑惑→家庭内不和→別居→離婚という風に人生というのは順調に進んでいくものなのですが。

あの人ですよ。
ちーちゃんですよ!!
って言っても、なんのこっちゃ??

はい。
『時間泥棒』です。
あ、読者さんだと梟の子さん他数名しか分からないですよ。
まあ、いいんですが・・・。

で、その登場人物の千里が作っていたグリーンピースの卵とじ。

うふふ。
僕って、作中に出したのはいいんだけれども、自分がそんな料理作ったことが無かったのですよ。
ということで、今回のグリーンピースの収穫に合わせて作ってみることにしました。

P6160386_R.jpg
グリーンピースを剥いてひたひたの水で茹でます。
沸騰して2~3分茹でたら白だしと味醂で味付けして、卵2つでとじます。

P6160388_R.jpg
うーん。
少し目を離した好きに完熟気味になってしまいました。
もう後15秒早く火を止めるべきだった・・・。

味は・・・、美味しい!!
うん。
やさしい味です。
卵とやさしい味付けに、グリーンピースのほっこりした甘さが加わって、色が鮮やかで。
がっつり系ではない、やさしい系のおかずの代表格ともいえるのではないでしょうか。

作中の、あのタイミングにはぴったりの料理でした。

グリーンピースが収穫できたらまた挑戦しようと思います。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ


関連記事
スポンサーサイト

廃食用油+おが屑で堆肥を作ってみる - 2017.06.25 Sun

5月21日に仕込んでみたおが屑堆肥ですが、米ぬか(窒素)の絶対量が足りなかったようで、要調整の状態でした。
窒素や水分が足りないと、醗酵が途中で停止してしまいます。

P6170402_R.jpg
6月17日。

米ぬかはまだまだ手元にたくさんあるのですが、今回は梟の子さんに教えていただいたやり方で、廃食用油を使うことにしました。
我が地区では2ヶ月に一度、廃食用油の回収日があります。
でも、2ヶ月に一度だと忘れますよね・・・。
我が家の場合、移住以来一度も廃食用油を出せていなかったのです。

で、5月にやっと決意して、朝から回収場所に持って行ったのですが。
「ここでは回収していないよ」
と言われまして(涙)
どうやら、廃食用油は固めて可燃ごみにする人がほとんどなので、回収場所が限定されているようなのです。
(こんなのどこにも書いてない情報!)

という経緯がありまして、我が家には移住以来の廃食用油、6リットルがあるのです。

それらをおが屑にドバドバかけていきます。
結局6リットルすべてかけました。
そして水も入れます。

P6170403_R.jpg
で、混ぜてこの状態。
ちょっと水分が多いかな。

でも、米ぬかなんかと違って、今回は窒素分である廃食用油も液体なので、触った感じで水分過多になるのは仕方ないです。

P6180405_R.jpg
翌日にはこのように黴が生えていまして、しっかり醗酵を始めていました。

さらに1週間後の6月24日に切り替えしてみました。
50度くらいに発熱していまして、いい感じです。

不思議なことに、素手で切り替えしていたのですが、既に全体の油っぽさはかなりなくなっていました。
油が分解されて、しっかりと微生物の栄養分として消費されているということでしょうかね。

また経過を報告します。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ


関連記事

無事です - 2017.06.25 Sun

ちょうど朝っぱらからブログを書いている最中に揺れました。

南信で震度5強ということですが、南信も広いので居住地では震度3です。
石場建ての免震構造のせいか、それほど大きな揺れには感じませんでした。

我が家は無事です。
関連記事

ツルムラサキ・クウシンサイの育苗 - 2017.06.25 Sun

確か6月2日に撒いたはずのツルムラサキ。
なかなか発芽しません。

同じ日に撒いた2回目の枝豆は全滅だったから、ツルムラサキも・・・?
と思いながら、不安な日々が続いていました。

一番駄目だったのは「一晩水に漬けてから撒くこと」というパッケージの文句を見落としていたという部分なのですが。
枝豆は過失は駄目で、ツルムラサキは逆に水気がたっぷり無いと駄目なようです。
というわけで、ツルムラサキのポットは半分諦めながらも、まめに水をやって様子を見ていました。

P6160382_R.jpg
そして6月16日。
ようやく紫色の目のようなものを確認できました。
2週間も待たせやがって・・・。
名前のとおり、芽から紫色なのですね・・・。

P6240487_R.jpg
それが本日、6月24日でこの状態。
まだまだ小さいです。
どこかのブログにも書いてあったけれども、初期段階では随分と成長が遅い植物のようです。
いったん成長を始めると、かなり旺盛に伸びるようなのですが。

P6240493_R.jpg

P6240494_R.jpg
1週間前に撒いたクウシンサイはすでに芽を出しています。
2週間は待たせすぎですね・・・。

P6240486_R.jpg
本日の畑の様子。
順調です。
イチゴが終わって、現状はほぼ毎日キュウリとズッキーニが収穫できるのと、グリーンピースも後2~3回くらい収穫できるかな。
トマトも色づき始めています。
トマト・ナス・ピーマン辺りは一度実りだすと忙しくなります。

あとは、ニンニク跡地と、ジャガイモ跡地にツルムラサキとクウシンサイを植える感じです。
この二つは真夏に収穫できる数少ない葉物野菜ということで、夏場の食卓では大いに期待したいところです。

家庭菜園で野菜が途切れるのは真夏の葉物野菜と、春先の野菜ですが、この二つの時期に収穫できるものを植えておくと、また野菜自給率がぐっと上がりそうです。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ


関連記事

キュウリの収穫が始まる・ホウレンソウの種ができた(2017年6月16・17日) - 2017.06.23 Fri

相変わらず、10時過ぎの帰宅です。
これで4日連続。
文化祭準備をしながら、テストを作って、採点もしてってのは大変だよな・・・。
どう考えても定時に終わるわけがないし。
どの業務も細かなミスが大きなトラブルに繋がるから、細心の注意を払わないといけないし。

「日本人が長時間労働してしまうのは、そもそも子どもたちが育つ学校現場がブラックだから」
という指摘はかなり当たっている気がします。
昨日のニュースで教員の長時間労働について松野文部科学大臣の「看過できない状況だ」というのが流れていたので、ぜひともてこ入れをしていただきたいところです。

あ、愚痴っちゃいました。

P6160390_R.jpg
6月16日。
毎日朝晩の菜園の見回りをしているのですが、まさかのキュウリを発見してしまいました。
まだキュウリの株自体がそれほど成長していないので、実るのは先のことだと思って油断していて、もうすでにお化け直前。
あちゃー。

実物野菜の鉄則なのですが、株が十分に成長するまでは早め小さめの収穫を心がけなければなりません。
目安とすれば梅雨明けくらいまで。
それが成長途中でこのサイズ。
あーあ。
株にも大いに負担をかけたことでしょう。

特にキュウリは実自体が保護色なので気をつけなければならないですね。

P6170392_R.jpg
翌17日にもこれだけ収穫できました。

P6170393_R.jpg
比べてみると、前日の一本が大きすぎることが分かります。


さらにその17日。
怪我の抜糸も終わったので、まだ本調子ではないのですが、あれこれの作業を進めていきたいところです。

農作業としましては、プランターにいろいろと植えたいものがあります。
そういえば、冬場はプランターにホウレンソウを植えてあったけれども、寒すぎて成長が止まってしまい、放置していました。

P6170394_R.jpg
久々にプランターを出してみると、ホウレンソウらしき植物があります(笑)
ふーん。
成長するとこうなるんですね(笑)

で、葉の付け根という、不思議な部分に種らしきものがあるのですよ。

P6170396_R.jpg
取ってみるとまさしく種でした。
ホウレンソウ特有の、トゲありの。
なんだか嬉しくなりました。

家庭菜園の次のステップとして、自家採取にも挑戦してみたいですね。

P6170401_R.jpg
そして、次女と一緒にプランターに種蒔きをします。
次女が育てる野菜の希望を聞いたら、昨年秋と同じ二十日大根と言うことになりました。

あとは嫁さんのリクエストのパクチーと、ラベンダーをプランターで育てます。
あと、クウシンサイもポットで育苗を始めることにしました。

一ヶ月以内にはニンニクとジャガイモとグリーピース類の畝が空く予定なので、そこに植えるものの育苗を進めていきます。



ご来訪ありがとうございます。
今日の記事を面白いと思った方、このブログを応援して下さる方はポチッと押してみて下さい。
みなさんの励ましのおかげで、今日も頑張ってブログを更新できます。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ




関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

野人

Author:野人
こんにちは。
野人っていいます。
前職はラーメン屋台を経営していました。

伊那谷にて2012年暮れに築150年の古民家を購入し、3年4ヶ月かけて最低限の面積を再生して、2016年3月末に移住しました。
全ての再生は10年計画なので、まだまだ続きます。

もちろんプロの方々にもお世話になりますが、お金があまり無いので、なるべく低予算と自力での再生を頑張っています。

ブログの記事数は膨大なので、手っ取り早く内容を知りたいという方はこちらのスライドショーをご覧ください。
ブログの内容を25分に凝縮しました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZpFnv9gLmJM

自分が古民家再生をする上で、他の人のブログを参考にしたり、あるいはHPから知識を得たり、ネット社会には本当にお世話になっています。
なので、自分自身も再生の過程を発信することで、少しでもネット社会から与えてもらったものに対して恩返しできればと思っています。

皆様からいただけるコメントに励まされ、またブログを通じて広がってゆく人の輪がとても楽しみです。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にお使いください♪

ご用件のある方は
zenhankai@yahoo.co.jp
あるいは
090-1707-2071
までどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
9位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

カテゴリ

なぜ古民家なのか? (23)
購入前の話 (58)
古民家探し (18)
参考にしたもの (25)
購入前の検証 (9)
売買交渉 (6)
古民家再生の方法論 (45)
屋根について (13)
基礎・土台について (9)
再生工程 (968)
ゴミ片付け (59)
庭・敷地・開拓 (46)
住宅設備 (17)
薪ストーブ (52)
解体 (77)
電気工事 (31)
躯体の補強 (78)
土壁の下地 (108)
蔵 (13)
木材 (12)
建具 (71)
屋根 (72)
壁塗り (57)
その他の工程 (67)
床 (96)
配管 (4)
天井 (77)
土壁以外の壁 (19)
漆塗り (12)
再生計画の全体像 (83)
予算・資金 (28)
おさらい (20)
設計 (8)
WEB内覧会 (6)
ビフォーアフター (10)
派生した話 (77)
旧宅(借家) (10)
道具の話 (26)
スズメバチ駆除 (7)
ブログ運営 (11)
ボクサー骨折 (9)
取材 (14)
古民家暮らし (111)
移住 (5)
家庭菜園 (67)
薪作り (24)
家族の話 (86)
食生活 (31)
個人的なこと (38)
ラーメン (11)
全半会 (27)
住宅考・生活考 (35)
その他 (51)
未分類 (3)
生活の道具 (5)
井戸小屋の再生 (23)
キノコ栽培 (2)
温水システム (0)
給湯システム (27)
薪小屋作り (36)
小説 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR